「素養」も「資格」もない “ある種”ジャーナリスト青木理|藤原かずえ

「素養」も「資格」もない “ある種”ジャーナリスト青木理|藤原かずえ

安倍政権は「極右反動のウソつき恥知らず政権」であり、「何があっても支持する連中はまるで新興宗教の信者。ならばそうした連中は極右反動のウソつき恥知らず教――長いので略せば『アホダラ教』の信者か」と『サンデー毎日』(2月23日号)で意味不明な珍説を披露した青木理氏。「気骨のジャーナリスト」と持ち上げるメディアもあるが、本当にそうなのか。青木理氏の言説【国内政治編】を論理的に分析!“ある種”ジャーナリストの正体とは…。


鳴き続けるのがジャーナリストの仕事

〈自民党総裁選〉
異論とか反論とか少数者の考えというのを、ある種の強権でねじ伏せ、封じて、聴こうとしない政権の体質。政権とか権力者の在り様が、今回の自民党総裁選で問われていると考えると物凄く重要な総裁選だ(サンモニ、18年9月16日)。

[注釈]典型的な【論敵の悪魔化 demonization】です。安倍政権は、むしろ権力の行使に慎重で他者の意見を聴く民主的な政権であり、いわゆる「強行採決」のペースも民主党政権の半分程度に過ぎません。

何をもって強権なのか、メディアの印象操作は公正な社会を破壊する極めて重大な問題です。

〈改正入管法可決〉
ひどい。本当にひどい。特定秘密保護法も安保法も共謀罪もひどかったが、今回の国会審議の通し方は最悪だ。こんなことやっていたら、国会はいらないっていうことになる(サンモニ、18年12月9日)。

[注釈]青木氏は「ひどい」 「最悪」などの【評価型言葉 evaluating word】を連呼して政府批判していますが、論理的には何の意味もありません。批判を行う場合には、事実を根拠にすべきです。

〈あいちトリエンナーレ〉 
展示中止は極めて残念だ。気になったのは政治家、ある種、芸術への政治の介入だ。政府に批判的な芸術に公的資金を入れるのはどうかという議論もあるが、これは別に政府の金ではない。税金だ。独裁国家でもあるまいし。ある種、日本社会全体で、日本の表現に対する不自由展を演じてしまった(サンモニ、19年8月4日)。

[注釈]この件において、政治家は誰も出品者の精神的自由を奪っていません。芸術という名の下に、公共の福祉に反するヘイト表現で公金を得るという経済的自由が否定されただけです。事実を歪曲して前提とするこの言説は【ストローマン論証 the strawman】です。

なお、日本のような法治国家では、税金の運用は法律に従います。税金は、テレビのコメンテーターや活動家のような声の大きい人たちだけのものではありません。
 
青木氏は、しばしば論証の前提となる情報を恣意的に選んで結論を導きます。

〈新春討論〉
小松靖アナ:そこまで安倍内閣は史上最悪の政権だと言うのであれば、対案がないと説得力が伴わない。で、その話をすると「私は政治記者ではないので」と言うが、そんなことは関係ない。社会部の記者としてこれまでの知見を集結すれば、一つの答えは十分に出せると思う。

青木理氏:ジャーナリストという存在が対案を出すべき存在なのか、と僕はずっと疑問に思っている。鳴き続けるのが僕らジャーナリストの仕事であって、対案を出すのはテレビ朝日・番組・政治学者の責任かもしれないが、少なくともジャーナリストという立場で対案を出すことを僕は仕事とは思っていない(BS朝日新春討論、18年1月1日)。

[注釈]青木氏の言うとおり、批判を行う場合に基本的に対案は必要ありません。しかしながら、小松アナの言うとおり、青木氏が「史上最悪」という比較を結論に含めている以上は対案を示す責任があります。

自説の論拠を隠し、高らかに結論だけを述べる【チェリー・ピッキング cherry picking】【情報操作 information manipulation】であり、ジャーナリズムではありません。

〈辺野古基地〉
今日はまさに選挙だ。辺野古の埋め立ては2兆数千億かかる。我々の税金だ。このような膨大な金を使って、沖縄をある種、押し付けてやっていいのか。大きな争点だ。僕もこれから投票に行く(サンモニ、19年7月21日)。

[注釈]多くの論点がある辺野古基地問題について、参院選当日に一方的な政治宣伝を行い、辺野古基地に反対する野党への投票を暗に呼び掛ける青木氏です。

これは、自説に好都合な情報のみをテレビ放送を利用して有権者に与えて宣伝する【カード・スタッキング card stacking】であり、間接民主主義に対する公然とした挑戦に他なりません。

Getty logo

相当に質の低いカーボンコピー

関連する投稿


致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

日本は世界の主要国に比べて死亡率が極めて低い。にもかかわらず、日本国民の日本政府への評価が低いのはなぜなのか。ひとつの理由が、常識的な安倍政権のリスク管理をワイドショーがヒステリックに罵倒し、情報弱者をミスリードしたことにある――。新型コロナをめぐる日本政府の一連の対応を、データとロジックで読み解く!日本モデルは成功したのか、それとも――。


テレビで政治運動を展開『羽鳥慎一モーニングショー』 脆弁、逆ギレ、玉川徹は何様のつもり|藤原かずえ

テレビで政治運動を展開『羽鳥慎一モーニングショー』 脆弁、逆ギレ、玉川徹は何様のつもり|藤原かずえ

「国民を舐めるのもいい加減にしてください」。公共の電波を使ってデマを巻き散らし、理不尽な根拠で政府の対策を罵倒。ろくに取材もせず、不安を煽ることしかできない玉川徹と、テキトーで不公正な「コロナの女王」こと岡田晴恵は、一体、何様のつもりなのか。情報弱者をミスリードする『羽鳥慎一モーニングショー』をデータとロジックで徹底解剖!コロナより怖いのは、哀れなほど自意識過剰な人たち……。


バカ野党の象徴、柚木道義議員|藤原かずえ

バカ野党の象徴、柚木道義議員|藤原かずえ

月刊『Hanada』2018年7月号に掲載され、大反響(大爆笑?)を呼んだ「伝説の記事」が、ついに解禁!テレビ映りだけが気になる男、柚木道義議員。それは現在もまったく変わっておりません。「桜を見る会」追究チームの会合でも、ひとりだけ、ばっちりカメラ目線。左向け、左。さすがです。税金の無駄遣いNO.1、パフォーマンス議員の正体をご覧あれ!(※日時や肩書は当時のママ)


藤原かずえ

藤原かずえ

個人ブログ「マスメディア報道のメソドロジー」にて、論理学や心理学の定義に基づいた、メディアの報道・政治家の議論における論理的誤謬などの問題点を指摘。「ひるおび」「報道ステーション」「NEWS23」「サンデーモーニング」などの具体的な放送内容や議員の答弁、記者の発言などを例示しての論理的な分析が話題を呼んでいる。記事の一部を言論プラットフォーム「アゴラ」にも転載中。


最新の投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

「水に流す」という言葉があるが、「水に流せない」こともある。2011年、「高濃度汚染地域・東京から山本太郎です。超高濃度汚染地域、福島・東北にお住まいの皆さん、こんにちは」「避難してください。未来はないです。子供たちを無理心中に引き込まないでください。大人として、子供のためにも疎開してください」と発言した山本太郎を再び、国会議員にしてもいいのか。


【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは新たな延長期間に入り、対象年齢もが引き下げられ16歳と17歳への接種が始まった。自衛隊が運営しているだけに、接種会場はシステマティックで、見事な運営がされているという。だが、その一方で「近頃、何でもかんでも自衛隊、これでいいのか?」という危惧の声も聞かれる。自衛隊元最高幹部の問題提起!(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)