憲法に無知な「表現の不自由展・その後」と朝日新聞の病理|木佐芳男

憲法に無知な「表現の不自由展・その後」と朝日新聞の病理|木佐芳男

木佐芳男


朝日新聞は批判の大展開

愛知県名古屋市東区の愛知芸術文化センターで開かれていた3年に1度の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」のうち、企画展「表現の不自由展・その後」がスタート3日目で中止された。

この企画展は、日本各地の公的な美術館などから「展示には不適切」と判断され、撤去されるなどした20数点を集めて展示していた。

いわゆる従軍慰安婦を表現し、ソウルの日本大使館前に設置され、反日の象徴となったものと同じ型から作られた少女像や、昭和天皇を含む肖像群が燃える映像作品などだ。少女像は韓国の彫刻家夫妻が制作し、ソウルの他、世界各地にあり、日本を貶めるものとなっている。

すでに初日から、実行委員会には抗議の電話などが殺到していた。実行委の会長でもある愛知県の大村秀章知事は3日、記者会見し、「ガソリン携行缶を持って(会場の)美術館に行く」と、京都アニメーション放火殺人事件を連想させるファクスが事務局に届いたことなどを明らかにし、企画展の中止を発表した。中止後も抗議は続いており、4日までで約3,300件に上ったという。

朝日新聞は4日、主要紙のなかで唯一、朝刊一面のトップで扱い、見出しには「テロ予告・脅迫相次ぐ」とあった。一面コラムの天声人語でも取り上げ、二面、社会面でもこの問題を扱い、批判的な論調を大展開した。

中止翌日には、全国各地から会場に集まった約30人が〈見たかったのに!! 暴力で『表現の自由』を封殺するな!!〉という横断幕を掲げて抗議した。

河村たかし名古屋市長は2日に会場を視察し、「表現の自由という領域ではなく、日本国民の心を踏みにじる行為であり許されない」などとする抗議文を大村知事に提出し、展示の中止を求めていた。

これに対し、5日午前、大村知事は「(市長の)一連の発言は憲法違反の疑いがきわめて濃厚だ」と定例会見で語った。朝日新聞によると、大村知事は河村市長に対し、「公権力を持つ立場の方が『この内容は良くて、この内容はダメ』と言うのは、憲法21条が禁止する『検閲』ととられてもしかたない」とした。

「日本人を蔑み、陥れる展示はふさわしくない」と表明した日本維新の会に対しても、「表現の自由を認めないのか、憲法21条を理解されていないのかと思わざるをえない」と批判した。

一方、河村市長は別の会見で、「表現の自由は憲法21条に書いてあるが、絶対的に何をやっても良いという自由じゃありません。表現の自由には一定の制約がある」と主張した。

さらに朝日新聞は、「中止招いた社会の病理」と題した6日の社説でこう書いた。

〈「表現の自由」が大きく傷つけられた。深刻な事態である〉

〈市長が独自の考えに基づいて作品の是非を判断し、圧力を加える。それは権力の乱用に他ならない。憲法が表現の自由を保障している趣旨を理解しない行いで、到底正当化できない〉

関連する投稿


福山哲郎よ、利いた風な口を叩くな|九段靖之介

福山哲郎よ、利いた風な口を叩くな|九段靖之介

文在寅と福山哲郎。この二人は心性においてなにやら似通っている。口を拭って反省の言葉もなく、菅義偉政権の苦渋の処理水処分について、利いた風な批判を言う資格があるのか。たまには胸に手を当てて自省してみよ。


なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

「原発事故と福島」は情報戦である。「正しい情報を発信すればわかってくれる」という相手の善意を基本とした風評対策では、中国や韓国の悪意あるプロパガンダには太刀打ちできない。国と県が連携して、相手国内において積極的なロビー活動やPR活動を展開すべきである。


河野談話を今すぐ「上書き」せよ!|山岡鉄秀

河野談話を今すぐ「上書き」せよ!|山岡鉄秀

軍や官憲による強制連行を裏付ける資料は一切見つかっていない。にもかかわらず、なぜ日本政府は河野談話を「継承」し続けるのか。「慰安婦=性奴隷」という歴史の捏造を放置すれば、日本は歴史問題で惨めな敗北を続けるだろう。オーストラリアで慰安婦像設置を阻止した山岡鉄秀氏が加藤勝信官房長官に物申す!


戦時労働者問題で画期的判決|西岡力

戦時労働者問題で画期的判決|西岡力

今回の判決は、任期残り1年を切った文在寅政権のレームダック化により相対的に反日左派の力が落ちてきた結果ではないか。


価値観外交を拒否した文政権の韓国|西岡力

価値観外交を拒否した文政権の韓国|西岡力

驚きの米韓共同声明。改めて強調する文在寅政権の韓国は価値観外交のパートナーではない!!


最新の投稿


「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

8月26日、岸田文雄前政調会長が総裁選への出馬を表明。9月3日、菅義偉総理が総裁選への不出馬を表明。8日には高市早苗前総務相、10日には河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式表明。この国を守れるのはいったい誰なのか。絶賛発売中の月刊『Hanada』2021年10月号より、山際澄夫氏の連載「左折禁止!」を特別無料公開!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

急転直下、辞任に意向を示した菅総理。朝日、毎日は勝ち誇ったように報じるが、マスコミが「コロナ恐怖」を煽り、国民はその八つ当たりで政権を非難していたに過ぎない。菅総理の功績を、いまこそ振り返ろう。


新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

“人流抑制”に取り憑かれた尾身茂会長と分科会に翻弄される菅政権、コロナ恐怖を煽るだけのマスコミ……政治家もマスコミも言わないコロナ対策の本質について鋭く切り込む!


【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

「安倍さんに『出馬してください!』と何十回お願いしても『100%ない』とおっしゃるので、7月下旬、もうこれが最後との思いで、もう一度お願いしました。そこできっぱり断られたので、『そんなんやったら、私、出たるからな』と安倍さんに言うたんです。止められもせず、勧められもしませんでしたが。勉強会を何度も重ねて、一緒に政策作りにも励んできました。『書き溜めてきた政策はどうすればいいんですか』と安倍さんに尋ねたら、『高市さんが発表すればいいじゃない』と(笑)」(月刊『Hanada』2021年10月号より)。独占無料公開! 高市早苗議員が日本を強くする「経済強靭化計画」のすべてを語った!