トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


トランスジェンダー入隊禁止で揺れた米国

Getty logo

2017年、トランプ大統領(当時)はツイッター上でトランスジェンダーが軍に入隊することを禁止する方針を発表。意見は分かれ、大きな議論となった。この方針に反対する訴訟が複数起こり、この方針が合法であるという判決もあれば、違法とする判断もあった。

米国はもともと英国の清教徒から始まり、キリスト教国家として建国された国で、キリスト教的な戒律主義がいまだに根強く残っている。

共和党の最大支持基盤となっているキリスト教宗派の一部には反同性愛活動家や中絶禁止派が存在し、聖書の文言に基づき、同性愛に否定的な立場をとる。旧約聖書の記述をもとに同性愛を罪と見なす宗派もある。

2021年1月、トランプ大統領の後任であるバイデン大統領は、トランスジェンダーが米軍に入隊できる方針に戻す大統領令に署名した。ここから米軍は大きく変化した。

2022年1月、米国退役軍人省は軍人の医療記録の性別に「トランスジェンダー男性」「トランスジェンダー女性」「ノンバイナリー(従来の区分に当てはまらない性)」の3種類を加えた。このためLGBTはLGBTQと表現されるようになった。Qはジェンダークィア(Genderqueer)で伝統的なジェンダーの境界線にはまらない人々を指す。

米国の2024年会計年度の国防計画の予算の議論では「ブロック20の空軍のF-22戦闘機を退役させるかどうか」という議論以上に、軍人やその家族に対する中絶や性の多様性についての扱いで紛糾した。

これまで米国ではLGBTQ、特にトランスジェンダーの2割近くが医療保険に加入することができず、病院に行けない状態であった。住宅を賃貸するにもLGBTであることを理由に賃貸契約が結べず、ホームレスになることも多かった。

この部分だけでも日本と米国とのLGBTQに対しての温度差は激しいことがわかる。

陸軍退役軍人のK 氏は医療の訓練も受けていないにもかかわらず、麻酔もせず自宅で右睾丸を切除――この手術で動脈を切断してしまい、入院することとなった。医療ケアを受けることはできるが、退役軍人省では性転換手術(性別適合手術)については認められていない。

米国では性転換手術に日本円で約731万円~1902万円の費用が掛かる。Kの事例は医療費を支払うことができず、自暴自棄になって自分で手術してしまった結果だった。

2024年の米国大統領選はトランプ氏が優位と伝えられている。

2016年当時、予備役を含めて約1万人のトランスジェンダーの軍人がいたが、前述のように、2017年、トランプ大統領(当時)はトランスジェンダーの軍への入隊拒否を表明した。

現在、バイデン大統領の政策でトランスジェンダーの隊員への配慮が求められる制度が積み重なっていくなか、大統領選の結果と、その後の米軍のLGBTQに対しての政策がどうなるかは注目したい。

トランスジェンダーを許容する自衛隊

個人情報のため詳細は公表されていないが、自衛隊にも自身がLGBTであることを部隊内でカミングアウトしている隊員がいる。自衛隊では職務に支障がない限りは性的マイノリティであることやカミングアウトを理由に退職を迫る仕組みはない。求められる職務をこなせば、誰もが等しく職業人として扱われる。

諸外国の人々と日本人の間には、異なる歴史観や宗教観がある。LGBTに対して日本人はおおらかだった。2023年6月16日に国会で成立した「LGBT法」が無くともお互いが歩み寄っていたはずだ。

米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。

元官僚であり、予備自衛官(6期目を更新)の訓練に励むトランスジェンダー「美月氏(仮名)」にインタビューした。

彼(彼女)が予備自衛官となったのは、もともと米軍の軍人の家系で在日米軍の基地内に居住した経験があったからだ。

米国で生まれ育ったため英語も堪能で、公務員時代に様々な資格も取得。これがイザと言うときに自衛隊の力になると考えて美月氏は予備自衛官に志願した。

最初に美月氏に聞いた。
「昨年6月にLGBT法ができたことをどう思いますか?」

即座に答えが返ってきた。
「選挙の人気目当ての法律なんかいらない。そっとしておいてほしい」

彼(彼女)は続ける。
「小中学校や地域でLGBTについてわざわざ時間を割いて教える必要はないと思います。ただ、理解増進には賛成。LGBTと一括りにされてしまうけれどみなそれぞれ違う。一人の人間として理解してほしいです」

美月氏は戸籍上男性だが、性転換手術で女性となった。米軍士官の祖父のもと米国で育ち、母親の勧めで日本に帰国。外資系企業を経て、公務員上級職に合格。その後、民主党政権時に大きな疑念を持ち、中途退職。この時は女性と結婚しており子供もいた。

退職をきっかけに、自らの性の問題に向き合うことに……。彼(彼女)の場合、生まれた時の性と性自認が違うLGBTのT(トランスジェンダー)であった。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。