派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

平成元年(1989年)に党として国民に実現を約束した「政治改革大綱」には、「われわれは、派閥解消を決意」と明記されている。35年前に国民とした約束を果たしていないこを、私を含む党所属の全国会議員は猛省すべきだ。


「政治改革大綱」を完全実施せよ!

自民党の派閥パーティーをめぐる問題は、国民の自民党への信頼を失い、自民党は結党以来最大の危機を迎えていると言っても過言ではない。

自民党は「政治刷新本部」を作り議論を行っているが、根本的な党改革・政治改革を行わなければ、自民党は国民の審判によって下野する可能性があるだろう。私は自民党所属議員として、国民の信託によって引き続き自民党が政権を担うために不断の改革を行わなくてはならないと考えており、必ず実現させていく。

そもそも政治改革において自民党が何から始めないといけないかであるが、平成元年に党として国民に実現を約束した「政治改革大綱」を完全実施することである。

「政治改革大綱」には、『わが党は立党のさい、自らを国民政党であると宣言した。しかし残念ながら今日、国民感覚との遊離がつよく指摘されるにいたった。われわれは、立党の精神にかえり、党の「倫理憲章」の遵守によるきびしい政治倫理の確立をはかるとともに、近代的国民政党にむけて党改革を断行する。そのためわれわれは、派閥解消を決意』と明記されている。

しかしながら、派閥解消は実行されないまま現在に至っている。政治倫理の確立はなされたのであろうか。国民との約束を果たしていないことは私を含め党所属の全国会議員が猛省すべきである。

今こそ「政治改革大綱」の完全実施に加え、さらに強力かつ実効性のある政治改革を実行すべきである、と私は党政治刷新本部で強く提起した。

Getty logo

リクルート事件を受けて自民党は「政治改革大綱」をまとめたのだが……

岸田派、安倍派、二階派も解散を決定

私は政治改革において様々なことを実行しなくてはならないと考えるが、まず行うべきことは2点であると考える。

1つは派閥の全廃である。

今回の不祥事は、派閥から起きたことである。国民の目からすれば、問題の根源である派閥は全廃すべきであるというのは当然のことで、しっかりと法令を守ってきた党所属国会議員や党員からも、派閥の全廃が党改革の出発点であるというのは共通の認識だ。

党政治刷新本部においても、地元において街頭活動をはじめしっかりと国民に接している議員は極めて厳しい批判にさらされている現状を訴えた。私も国民の声はとても厳しく、党幹部に対しもっと強い危機感を持つよう訴えた。

政治刷新本部後にはメディアの囲み取材にも答え、「派閥全廃」を提起したことを述べたが、報道やワイドショーで私の取材への受け答えを見た方からも多くの賛同の声を頂いた。派閥全廃の声は国民の中にさらに広がっていったが、岸田文雄総理は18日の夜になって、「岸田派の解散を検討する」と述べ、翌19日には「岸田派を解散する」と明言した。

さらに、安倍派、二階派も19日、解散を決定した。私は党内の派閥を全廃し、自民党は解体的出直しをしなくては国民の信頼は回復しないと考える。問題の根源となった「派閥」という存在自体が国民から疑問を持たれており、立件対象外だったから存続させるという論理は国民には通らない。

関連する投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)