「小池晃」の正体|松崎いたる

「小池晃」の正体|松崎いたる

テレビでもおなじみ共産党の“論客”こと、ご存知!小池晃書記局長。彼はいったい何者なのか?『日本共産党暗黒の百年史』の著者で元共産党員の松崎いたる氏がその本性を初めて暴露する!誰も書かなかった小池晃という男の正体!


「厚労省局⻑の郵便不正疑惑/共産党、繰り返し追及
 障害者郵便割引制度の悪⽤事件に絡んで逮捕された厚⽣労働省の村⽊厚⼦雇⽤均等・児童家庭局⻑の疑惑について、⽇本共産党は国会質問で繰り返しただしてきました。
 疑惑浮上直後の2⽇の参院厚労委員会では⼩池晃議員が村⽊⽒に直接質問し、同⽒が障害保健福祉部の企画課⻑だった2004年当時に『凛(りん)の会』代表と⾯会した事実などを追及。『お答えできません』と⼀点張りの村⽊⽒や『捜査が⼊っているときに、内容を国会で⾔明すべきでない』などという⾇添要⼀厚労相の姿勢を批判しました。」

この赤旗記事では小池氏の〝手柄話〟をさらりと書いているが、実際の小池氏の村木氏への追及は熾烈なものだった。

小池 04年2月当時の障害保健福祉部長は、現在独立行政法人福祉医療機構理事の塩田幸雄氏、それから同じく企画課長は、現在雇用均等・児童家庭局長の村木厚子さん、今いらっしゃいます。村木さんは、04年2月ごろ、凜の会の代表が企画課を訪れたときに面会されたという事実はありますか。

村木 私、雇用均等・児童家庭局長として政府参考人として今日呼ばれておりますので、所管外の問題についてはお答えをすることができません。御容赦をいただきたいと存じます。

小池 私、その言い訳は通用しないと思うんですよ。これ、施策の中身、細目について聞いているんじゃないんです。今、厚生労働行政の公平性、公正性に社会の疑惑の目が向けられているんですよ。その当時、やっぱり担当者だった以上、あなたは厚生労働省の幹部としてこの疑問に対してちゃんと答える責任があると思います。もう一度答えてください。

村木 恐縮でございますが、重ねてお答えを申し上げます。雇用均等・児童家庭局長としては所管外の問題でございますので、お答えをする立場にございません。

小池 いや、駄目だって。だって、この障害者団体の証明書には企画課長だったあなたの公印が押されていたというのは、さっき答弁があったんですよ。ね、ちゃんと答えてくださいよ。これじゃ駄目ですよ。

村木 重ねて申し上げます。私の立場でお答えをできる状況でございません。立場でございません。

小池 官房長、当時の企画課長が、まさに公印が押されていたというわけですよ。ね。だったらば、それについて元課長である村木さんに、調査委員会としてその件について調査する、聴くというのは当然じゃないですか。何でやらないんですか。やってないんだったら、今そこで聴いてください、隣にいるんだから。村木さんが答えられないんだったら、あなたが答弁してくださいよ。そうでなきゃ駄目です。(2009年6月2日 参院厚生労働委員会議事録より)

この委員会の12日後の6月14日に大阪地方検察庁によって村木氏は逮捕された。今日ではよく知られているようにこの逮捕は、検察が証拠をねつ造までして起こした冤罪であった。村木氏にしてみれば、身に覚えのない嫌疑がかけられ、恐怖を感じていた時期に小池氏から厳しい追及を受けたことになる。不用意に答弁すれば、それが検察によって、どんな〝証拠〟に変えられてしまうのか、わかったものではない。村木氏はただ「お答えできません」を繰り返すしかなかった。

重大なことは、小池氏が「村木氏が犯人」という検察のシナリオに沿って追及をしていることだ。汗をかきながら小池氏の追及をかわそうとする村木氏の姿はテレビのニュースでも流され、視聴者は「村木氏はクロ」という印象を持ったことだろう。

1年以上の長い裁判闘争の中で村木氏は無罪判決を勝ち取った。同時に検察の証拠偽造という不正を暴いた不屈のヒロインとしてマスコミから持ち上げられる立場になった。

政界のなかで一番厳しい疑惑の目を村木氏に向けていた共産党は手のひらを返したように村木氏に擦り寄り、勉強会等の講師に招いたりして、「取調べの可視化」「冤罪の防止」などで法務省や検察を追及するために村木氏を利用し始めた。

だが共産党と村木氏との間に友好関係が築かれた後も、村木氏の参加する集会等に小池氏が出席した記録は見当たらず、小池氏と村木氏の面会は今日に至るまで実現していないようである。ここでも小池氏は、弱い立場に者には厳しいが、誤りが明らかになっても謝罪できないという人間としての本性を露わにしているのである。

関連する投稿


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

今こそ、旧宮家の男系男子の皇籍復帰を!|和田政宗

皇室は我が国の根幹であり、我が国の歴史そのものである。日本共産党の志位委員長はかつて、「多様な性を持つ人びとが天皇になることも認められるべきだ」と述べたが、これは皇統の破壊である。こうした論を無意味にするために今やるべきこととはなにか。


「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

日本共産党の度重なる風評加害の源泉は志位委員長による公式発言にあった!共産党が組織的に福島を貶め続ける理由は何か?『日本共産党 暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ共産党」第8弾!


志位委員長が誤魔化す優生思想に染まった日本共産党暗黒の歴史|松崎いたる

志位委員長が誤魔化す優生思想に染まった日本共産党暗黒の歴史|松崎いたる

誤りを一切認めない独善的体質は党史『日本共産党の百年』の編纂でもいかんなく発揮された!志位委員長による歴史の偽造を元党員で『日本共産党 暗黒の百年史』の著者・松崎いたる氏が指弾する。ここが変だよ日本共産党第7弾!


仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

今回の仙台市議選において自民党は5つの選挙区で、現職の公認候補3人が落選した。私が選挙戦を通して感じたのは、岸田内閣の政策への厳しい評価である。“サラリーマン増税”について岸田総理は否定したものの、「岸田政権では増税が続く」と考えている方がとても多かった。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。