【読書亡羊】『土偶を読む』騒動を知っていますか 縄文ZINE編『土偶を読むを読む』(文学通信)

【読書亡羊】『土偶を読む』騒動を知っていますか 縄文ZINE編『土偶を読むを読む』(文学通信)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


「まあまあ、いいじゃないか」では済まない理由

「縄文人は植物を信仰し、その形を土偶にモチーフとして入れ込んだ」とするアイデアは面白い。「縄文エッセイ」であれば、想像力を掻き立て、縄文人に思いを馳せるきっかけにはなりえるだろう。

しかし問題は、学術的お墨付きまで得た竹倉説がむしろ「定説」となり、これまでの学術的積み重ねによって解き明かされてきた縄文人のあり方、土偶の意味合いが否定されかねないところにある。

竹倉説否定論に対しては、当初から「まあまあ、そんなに目くじら立てなくても」とか「夢があっていいじゃない」「縄文を知るきっかけになればいいのであって、学術的信憑性は誰も気にしてないんじゃないか」というような批判もあった。

そもそもすでに滅亡している縄文人が「植物をモチーフにしたのではありません」と否定することはないし、当然文献もない。しかし、「だからいいじゃないか」ということはならないだろう。

『土偶を読むを読む』を読めばわかるように、竹倉説の問題は〈自説に合うように考古学的事実を改変している〉(岩手県立博物館の金子明彦氏)ことにある。

そして、『土偶を読む』と『土偶を読むを読む』から読み取るべきは、学術批判、専門知軽視といった観点のみならず、いわば「物語の怖さ」だろう。

本書でも東京都立産業技術大学院大学の松井実助教が〈物語の語り手を絶対に信用するな。だが私たちは信用してしまう〉と題して、「面白さ、分かりやすさ」に惑わされずに検証する「学術の民」のあるべき姿を説く。

「物語(ナラティブ)の力」――これは昨今、問題となっている陰謀論やフェイクニュース、安全保障における「認知戦」の領域にまたがる現代的一大テーマでもある。

土偶・青森県亀ヶ岡遺跡出土(重要文化財・東京国立博物館所蔵)

事実と検証を積み重ねてこそ

土偶と言えばこれ、というほど有名な遮光器土偶を、「宇宙人がモチーフだ」と言えばオカルトで月刊『ムー』の世界だが、「里芋がモチーフだ」と言えば、学術的評価まで得た新たな発見になってしまう。

後者の提唱者である『土偶を読む』の筆者・竹倉氏からすればこの二つを一緒にされるのは心外だろう。

だが、後者について「客観的に検証できる裏付けがない」「むしろ、現在判明している縄文時代の植物分布や縄文人の食料事情からは否定される」以上、この二つを隔てる壁は極めて低い、ということになってしまう。

土偶に限らず、世の中には、客観的に検証しうる事実を積み上げて一つの論を導き出して提唱する人と、一つの説やストーリーを流布したいがために無数の事象から都合のいい点だけをつまみ、勝手に線をつないで「さあどうだ」と世に問おうとする人がいる。

もちろんどんな意見も表明する自由はあっていいが、それを「学術的である」とか「ジャーナリズムである」と言い出せば、話は変わってくる。

「面白さ、分かりやすさ、我が意を得たり、の『快感』が得られる物語」に惑わされずに、小さな事実を一つ一つ積み重ねながら実態を解き明かす作業。当然、しんどい作業だが、学術もジャーナリズムも、つまるところそうした地味な作業からしか、事実は浮かび上がってこないのだ。

関連するキーワード


書評 梶原麻衣子 読書亡羊

関連する投稿


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」  湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」 湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】あなたは本当に「ジャーナリスト」を名乗れますか?  ビル・コバッチ、トム・ローゼンスティール著、澤康臣訳『ジャーナリストの条件』(新潮社)

【読書亡羊】あなたは本当に「ジャーナリスト」を名乗れますか? ビル・コバッチ、トム・ローゼンスティール著、澤康臣訳『ジャーナリストの条件』(新潮社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)