【読書亡羊】『土偶を読む』騒動を知っていますか 縄文ZINE編『土偶を読むを読む』(文学通信)

【読書亡羊】『土偶を読む』騒動を知っていますか 縄文ZINE編『土偶を読むを読む』(文学通信)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


各メディアで絶賛された「あの本」

『土偶を読む』騒動をご存じだろうか。

独立研究者である竹倉史人氏が晶文社から出版し、メディアから学術界までの話題をかっさらっている『土偶を読む』(晶文社)を巡る議論である。

『土偶を読む』は、「日本考古学史上の最大の謎が、ついに解き明かされた!」との触れ込みで、縄文時代の土偶のモチーフが栗やトチの実などの植物にあると指摘。これまでの「女性や出産をかたどったもの」「宗教や祈りの対象」という通説を覆す驚くべき内容だ。表紙からも分かるように、土偶とモチーフとなった植物を並べ、「確かに似ている!」という直感にも訴える作りになっている。

単に「確かに似ている!」「面白い!」というだけなら騒動にまでは発展しなかった。しかし『土偶を読む』はNHKや朝日新聞などの大メディアで紹介され、さらには養老孟司氏や中島岳志氏、縄文好きで知られるいとうせいこう氏など、各界の読み手巧者からも歓迎された。

しかも評価の理由は単に「面白い!」というだけでなく、『土偶を読む』が既存の考古学会、学術界に正面切って論争を仕掛けた形になっているからでもある。筆者の竹倉氏が美大を経て東大で宗教学を学んだ人類学者であるという経歴も手伝って、「新たな発想で、凝り固まった考古学に新風を吹き込んだ」というわけだ。

当然、本も売れに売れ、現在は六刷。続いて写真がメインの『土偶を読む図鑑』が小学館から発刊され、小学校の図書館にも入るなど、読者層を広げている。

さらには『土偶を読む』は、何と2021年にサントリー学芸賞まで受賞するに至る。言うまでもないが、「学芸」と謳ってはいるがこれまで「芸」より「学」の部分が評価されてきたことは間違いない。いわば『土偶を読む』は学術的お墨付きを得た格好になったのだ。

「話題書」を徹底検証した一冊

土偶を読むを読む

ところが、本書には発刊当時から疑問符がつけられていた。曰く、これまでの土偶研究の成果を無視している。学術界に喧嘩を売りながら、都合よく学術的研究成果を切り貼りして、自説の補強に使っている、と言ったものだ。見た目が似ている、という結論ありきで論を組み立てているため、全体でみると論が破綻している……など、読む人が読めば疑問だらけだったという。

そうした「疑問」を一冊にまとめ、『土偶を読む』を徹底的に検証し、さらに現在の縄文研究、土偶研究にスポットを当てたのが縄文ZINE編『土偶を読むを読む』(文学通信)だ。

編者名になっている縄文ZINEは、縄文にまつわるフリーペーパーのタイトル。國學院大學の博物館などで配布されており、無料とは思えない洗練された作りと、溢れんばかりの縄文愛に定評がある冊子(ZINE)だ。

編集長は、本書のメイン論文である〈検証 土偶を読む〉の執筆を担当している望月昭秀氏。望月氏の本業はデザイナーだが、縄文に関する著作があり、『土偶を読む』について当初から一貫して疑問を呈してきた人物でもある。

そう書くと、「デザイナーが、独立系とはいえ研究者を検証?」と思う向きもあるかもしれない。だが、本書を読めばそうした認識も一変するだろう。「一体、縄文や土偶についての本当の『研究者』とはどちらを指すのだろうか」と思わずにはいられなくなるのだ。

関連するキーワード


書評 梶原麻衣子 読書亡羊

関連する投稿


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】原爆スパイの評伝を今読むべき3つの理由  アン・ハーゲドン『スリーパー・エージェント――潜伏工作員』(作品社)

【読書亡羊】原爆スパイの評伝を今読むべき3つの理由  アン・ハーゲドン『スリーパー・エージェント――潜伏工作員』(作品社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】「条文削除」を訴えるなら、海保法25条より憲法9条第2項 奥島高弘『知られざる海上保安庁』

【読書亡羊】「条文削除」を訴えるなら、海保法25条より憲法9条第2項 奥島高弘『知られざる海上保安庁』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。