佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

1月19日、日本政府が佐渡金山の推薦書を再提出したことについて、韓国外務省は20日、「遺憾を表明する」と発表。韓国は、佐渡金山は「強制労働の被害現場」であると主張しているが、事実に基づかない韓国などのプロパガンダがユネスコに受け入れられることは絶対にあってはならない!


推薦書を再提出、韓国外務省は「遺憾」

日本政府は、世界文化遺産への登録を目指す新潟県の「佐渡島(さど)の金山」の推薦書をユネスコ(国連教育科学文化機関)に先週19日に再提出した。元々は今年の登録を目指しており、昨年2月に政府は推薦書を提出した。しかし、記述についての不備をユネスコから指摘され、再提出したものである。

推薦書はユネスコの事務局が確認した後、ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関であるイコモスによる現地調査や評価結果の勧告が行われ、来年夏頃に開かれる世界遺産委員会で登録の可否が審議される。

当初、今年の登録を目指していたのは、韓国が、今年改選される世界遺産委員会委員国への立候補を表明しており、委員国に選出されれば登録に反対することが想定されるからだ。世界遺産委員会での登録決定は全会一致が基本だが、反対国があれば多数決になる。

委員国は21であり、3分の2の賛成が必要である。今月9日には、岸田文雄総理がユネスコ事務局長と会談し、佐渡金山の世界遺産登録へ向けて説明を行った。

日本政府が佐渡金山の推薦書を再提出したことについて、韓国外務省は20日、「遺憾を表明する」と発表。韓国は、佐渡金山は「強制労働の被害現場」であると主張しており、この発表でも佐渡の鉱山で戦時中に朝鮮半島出身者が働いていたことを指摘した。

その上で、平成27(2015)年に世界文化遺産に登録された長崎県の端島(軍艦島)を含む「明治日本の産業革命遺産」について以下のように言及した。

「強制労働の歴史を説明する追加措置が忠実に履行されない中、日本政府が類似した背景の佐渡金山を世界遺産に登録しようとしている」

また、「戦時の強制労働の辛い歴史を含む全体の歴史が反映されるよう、ユネスコなど国際社会とともに努力を続けていく」と主張した。

韓国が主張する期間はそもそも含まれない

Getty logo

しかし、佐渡金山の世界遺産登録の対象期間は16世紀末~19世紀半ばであり、韓国が主張する期間はそもそも含まれない。永岡桂子文部科学大臣は20日の記者会見で、明治日本の産業革命遺産と佐渡金山とは「全く異なる文化遺産で、それぞれ個別に対応すべきものと考えている」と反論した。

佐渡金山の世界遺産登録に向けては、「江戸時代までの伝統的な手工業による生産技術と生産体制を示す遺構が文化的価値の対象で、文化遺産としての素晴らしい価値が評価されるように国際社会に対して丁寧な説明を行っていきたい」と述べた。

そして、韓国が、佐渡金山に絡めて述べている長崎の端島炭坑(軍艦島)を含む世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」であるが、昨年末に大きな動きがあった。これは、佐渡金山の世界遺産登録に向けても重要なことであると考える。

ユネスコは一昨年、「明治日本の産業革命遺産」における旧朝鮮半島出身労働者に関する説明の改善を求める決議を採択し、政府に報告書提出を求めていた。これに対し、政府はユネスコへ報告書を昨年11月末に提出した。

私は報告書がおかしな内容になってはいけないと考え、内閣官房に状況について随時問い合わせてきたが、内閣官房は事実に基づいた主張を行うと断固たる姿勢を示し、しっかりとした事実に基づく内容のものを提出してくれた。

『ユネスコ世界遺産センターへの保全状況報告書の提出について』(内閣官房)

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

私は、東日本大震災の津波で救えなかった命への後悔から、その後、大学院で津波避難についての修士論文をまとめた。国会議員に立候補したのも震災復興を成し遂げるという意志からであった。だが、災害などの緊急時に対応できる憲法に現行憲法はなっていない――。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。