習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

第20回中国共産党大会によって、習近平独裁は完全に確立された。国際社会は中国の横暴を阻止しなくてはならないが、まだあまり知られていない問題もある。それは、中国がウイグル人や政治犯とされる人たちから移植用の臓器を摘出する「臓器狩り」についてだ。


胡錦涛はなぜ激怒したのか?

Getty logo

中国共産党大会が終わり、習近平総書記の3期目が決まった。党大会閉会式では、胡錦涛前総書記が退場させられるという衝撃的な場面があった。

この場面については、「胡氏の健康問題が理由だ」とか「胡氏は人事を知っており、突然退場させられたのではない」と述べている“中国専門家”もいるが、これらは中国共産党が流布している主張と同じであり、私はそうではないと考えている。

今回の事態については、中国国内から生の情報を取り中国と対峙している峯村健司氏(キャノングローバル戦略研究所主任研究員)の分析と、私は同様の分析をしている。その分析とは、決定した人事に胡錦涛前総書記がブチ切れて発言しようとし、退出させられたというものだ。

胡氏に近い李克強首相や汪洋氏が、7人からなる政治局常務委員(チャイナセブン)から外されたことに怒ったのだという説を唱える人もいるが、この2人の退任は既定路線であったのでその主張はあたらない。

胡錦涛氏が激怒したのは、可愛がってきた胡春華副首相の降格人事である。両氏は共産党のエリート集団「共産主義青年団(共青団)」出身であり、胡春華氏は今回、政治局員から政治局常務委員に昇格するとみられていたが、何と昇格では無く、逆に中央委員に降格させられたのである。

これは驚きの人事であり、政治局常務委員7人は留任した中間派の王滬寧を除き、全てが習近平総書記の側近で固められた。この人事は当然覆らないわけであったが、最後に一言文句を言おうとした胡錦涛前総書記も強制的に退場させられ、習氏独裁は完全に確立したのである。

臓器摘出のためにウイグル人らを殺害

こうして3期目に入った習氏が狙うのは「毛沢東超え」であり、それは台湾の武力統一である。台湾への武力侵略は絶対に防がなくてはならず、国際社会は中国の横暴を阻止しなくてはならないが、国際連携の中で重要なのは軍事的観点とともに人権の観点である。

ウイグルやチベット、南モンゴルでの人権弾圧、虐殺は、ここ数年で世界に広く知られることとなったが、中国がウイグル人や政治犯とされる人たちから移植用の臓器を摘出する「臓器狩り」については、まだあまり知られていない。

私は先週、この問題に30年近く取り組んできたカナダ人弁護士デービッド・マタス氏と面会することが出来た。マタス氏は、カナダ下院副議長を務めたデービッド・キルガー氏とともに調査を続け、2006年に調査報告書を発表し、それを基に『Bloody Harvest(中国臓器狩り)』が出版された。

マタス氏の調査では、中国では年間6万~10万件の移植が行われており、中国が公式に発表している1万件の移植件数とは大きな差がある。それをマタス氏は、ウイグル人や政治犯とされる人たちから摘出されたものであると分析している。

2014年に両氏の調査をもとに制作されたドキュメンタリー『ヒューマン・ハーベスト』では、臓器強制摘出に関与した医師や監視役警官らの証言、移植ツアーに参加し中国で手術を受けた患者や家族の証言などが公表された。『ヒューマン・ハーベスト』は、米国放送界で最高栄誉であるピーボディ賞や英国際放送協会(AIB)最優秀賞など、数々の国際賞を受賞した。

このドキュメンタリーや、弁護士、ジャーナリストなどの調査によれば、臓器摘出は生きている人間から行われており、臓器摘出のためにウイグル人や政治犯とされる人たちが殺害されている。

これらは日本での調査でも裏付けが進められており、日本から中国への臓器移植ツアーでは、通常はドナーが見つかるまで長い期間がかかるはずが、「予約」をすれば2週間ほどでドナーが見つかると中国の病院担当者が電話で話す録音が存在する。

関連する投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


最新の投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉