習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

第20回中国共産党大会によって、習近平独裁は完全に確立された。国際社会は中国の横暴を阻止しなくてはならないが、まだあまり知られていない問題もある。それは、中国がウイグル人や政治犯とされる人たちから移植用の臓器を摘出する「臓器狩り」についてだ。


胡錦涛はなぜ激怒したのか?

Getty logo

中国共産党大会が終わり、習近平総書記の3期目が決まった。党大会閉会式では、胡錦涛前総書記が退場させられるという衝撃的な場面があった。

この場面については、「胡氏の健康問題が理由だ」とか「胡氏は人事を知っており、突然退場させられたのではない」と述べている“中国専門家”もいるが、これらは中国共産党が流布している主張と同じであり、私はそうではないと考えている。

今回の事態については、中国国内から生の情報を取り中国と対峙している峯村健司氏(キャノングローバル戦略研究所主任研究員)の分析と、私は同様の分析をしている。その分析とは、決定した人事に胡錦涛前総書記がブチ切れて発言しようとし、退出させられたというものだ。

胡氏に近い李克強首相や汪洋氏が、7人からなる政治局常務委員(チャイナセブン)から外されたことに怒ったのだという説を唱える人もいるが、この2人の退任は既定路線であったのでその主張はあたらない。

胡錦涛氏が激怒したのは、可愛がってきた胡春華副首相の降格人事である。両氏は共産党のエリート集団「共産主義青年団(共青団)」出身であり、胡春華氏は今回、政治局員から政治局常務委員に昇格するとみられていたが、何と昇格では無く、逆に中央委員に降格させられたのである。

これは驚きの人事であり、政治局常務委員7人は留任した中間派の王滬寧を除き、全てが習近平総書記の側近で固められた。この人事は当然覆らないわけであったが、最後に一言文句を言おうとした胡錦涛前総書記も強制的に退場させられ、習氏独裁は完全に確立したのである。

臓器摘出のためにウイグル人らを殺害

こうして3期目に入った習氏が狙うのは「毛沢東超え」であり、それは台湾の武力統一である。台湾への武力侵略は絶対に防がなくてはならず、国際社会は中国の横暴を阻止しなくてはならないが、国際連携の中で重要なのは軍事的観点とともに人権の観点である。

ウイグルやチベット、南モンゴルでの人権弾圧、虐殺は、ここ数年で世界に広く知られることとなったが、中国がウイグル人や政治犯とされる人たちから移植用の臓器を摘出する「臓器狩り」については、まだあまり知られていない。

私は先週、この問題に30年近く取り組んできたカナダ人弁護士デービッド・マタス氏と面会することが出来た。マタス氏は、カナダ下院副議長を務めたデービッド・キルガー氏とともに調査を続け、2006年に調査報告書を発表し、それを基に『Bloody Harvest(中国臓器狩り)』が出版された。

マタス氏の調査では、中国では年間6万~10万件の移植が行われており、中国が公式に発表している1万件の移植件数とは大きな差がある。それをマタス氏は、ウイグル人や政治犯とされる人たちから摘出されたものであると分析している。

2014年に両氏の調査をもとに制作されたドキュメンタリー『ヒューマン・ハーベスト』では、臓器強制摘出に関与した医師や監視役警官らの証言、移植ツアーに参加し中国で手術を受けた患者や家族の証言などが公表された。『ヒューマン・ハーベスト』は、米国放送界で最高栄誉であるピーボディ賞や英国際放送協会(AIB)最優秀賞など、数々の国際賞を受賞した。

このドキュメンタリーや、弁護士、ジャーナリストなどの調査によれば、臓器摘出は生きている人間から行われており、臓器摘出のためにウイグル人や政治犯とされる人たちが殺害されている。

これらは日本での調査でも裏付けが進められており、日本から中国への臓器移植ツアーでは、通常はドナーが見つかるまで長い期間がかかるはずが、「予約」をすれば2週間ほどでドナーが見つかると中国の病院担当者が電話で話す録音が存在する。

関連する投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。