自衛官の給料明細を公開! これっぽっちの給料で日本を守れるのか?|小笠原理恵

自衛官の給料明細を公開! これっぽっちの給料で日本を守れるのか?|小笠原理恵

10月4日午前、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射。日本上空を通過し、太平洋上に着弾した。日本がやるべきことはたくさんある。そのうちのひとつを国防ジャーナリストの小笠原理恵さんが緊急提言!自衛隊員の待遇改善なしにこの国の未来は守れない!


ロシア軍の予備役部分動員の波紋

Getty logo

ロシアのプーチン大統領は9月21日、ウクライナへの軍事侵攻に必要な「部分的な動員令」の発動を宣言した。ロシアには2,500万人の予備役軍人がいるが、そのうちの軍務経験のある予備役30万人を招集する計画だ。

これまでウクライナへ投入された兵士たちは純粋な職業軍人たちばかりではない。ロシア軍では徴集兵を戦場に送り込まないはずであったが、兵員不足から署名の強要が行われている。従来のルールでは、契約書にサインして始めて職業軍人となり、戦地へと送り込まれる。

ロシアの貧しい地方では仕事が少なく、食べるために仕方なく徴集に従っている。彼らには職業軍人となる志もなく、十分な訓練も受けてない。志願兵は戦場に送られる。徴集兵たちの意思に反して、ロシア軍は精神的な圧力だけでなく暴力に訴えて志願契約書にサインさせたという。彼らは何も知らされず、ウクライナの前線に投入された。

戦地につくとすぐに武器を捨て投降するロシア兵士もいる。ウクライナで死亡したロシア兵士の多くはこのような訓練期間の短い兵士だった。

プーチン大統領は予備役から招集される「部分的な動員令」の対象者は特別技能を持つ職業軍人だと強調したが、実態は違う。招集対象ではない大学生や軍務経験のない人や、60歳以上の定年退職者も呼び出された。

「部分的な動員令」が発表された後、その週にロシアを出国する航空便はほぼ完売となった。中には5倍の価格をつけた航空チケットもあるという。徴兵逃れに自分で腕を折る方法がロシアのインターネット検索で上位に入る有様だ。

圧倒的な武力差のあるロシア軍に対して、ウクライナ軍は善戦し再び大幅な後退をさせている。その理由のひとつが、ロシア軍の士気の低さだ。

ロシア人捕虜のインタビューで、彼らは「ナチス」と戦うためにこの地に連れてこられたという。他では「演習だといわれて連れてこられたらウクライナだった」という話が一番多く聞く。戦闘能力もなければ、組織への帰属意識もなく、戦う相手が誰なのかも知らされてない。戦闘するよりも自ら捕虜になろうと動く者も少なくない。

急場しのぎともいえる徴兵や付け焼刃の募集兵では苛烈な戦場で戦えないと、日本人はロシアから学んでほしい。

若い自衛隊員が圧倒的に足らない!

関連する投稿


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

佐渡金山の世界遺産登録 韓国のプロパガンダを覆す重要な戦い|和田政宗

1月19日、日本政府が佐渡金山の推薦書を再提出したことについて、韓国外務省は20日、「遺憾を表明する」と発表。韓国は、佐渡金山は「強制労働の被害現場」であると主張しているが、事実に基づかない韓国などのプロパガンダがユネスコに受け入れられることは絶対にあってはならない!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。


最新の投稿


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。