沖縄県知事選「敗北」の理由と今後の政局|和田政宗

沖縄県知事選「敗北」の理由と今後の政局|和田政宗

再選直後、玉城デニー氏は次のように述べている。「沖縄の未来を描いていくため、基地問題の解決を図っていくこと。私はこれまでもこれからも1ミリもぶれない」。「今回は辺野古の新基地建設が大きな争点だった」とも語っているが、辺野古移設や基地問題は沖縄県民の第一の関心ではなかった――。(サムネイルは玉城デニー氏のTwitterより)


10代から30代では上回っていたのだが

沖縄県知事選は現職の玉城デニー氏が2回目の当選を果たした。自民党が推薦する佐喜眞淳氏は終盤に追い上げたものの当選には至らなかった。最終的に9ポイント差の結果となったが、選挙戦序盤は20ポイント近くリードされていたので、選挙期間中に大きく差を詰めた。

私も4日、5日と応援に入った際には、「逆転できる」というムードだったので、最終的にこのような結果となったのは大変悔しい。「応援弁士をどんどん沖縄に入れるなど、フルパワーで応援して欲しい」との声を選挙戦の最中に様々な方から聞いた。「もっと出来たのではないか」というのが支援者の方々の率直な思いだ。

それは投票率にも表れている。投票率は57.92%で、前回と比べ5.32ポイント低くなり、過去2番目の低さとなった。このところの自民党は、大型選挙では投票率が上がらないと勝てない傾向がある。その理由は、現在の自民党の主要支持層は10代から40代となっており、こうした方々が投票所に足を運んでいただくことが自民党系候補の得票となるからである。

しかし今回、沖縄県民の知事選への関心は若い方々を中心に盛り上がりに欠けた。この状況を変えるためには、自民党が党を挙げて応援弁士を入れ、党組織や支援者をフルに活用し投票のお願いをすることであったが、それが出来ていたかについては、先に述べたように、沖縄の方々からすれば大いに不足していたというのが実感だ。

実際に10代から30代では、佐喜眞氏へ投票した方々が玉城氏を上回り、40代でも拮抗していた(NHK出口調査)。この世代の方々にもっと投票所に行っていただけるような戦い方をすべきであったことは、選挙結果からも明らかである。

過去、沖縄県名護市長選などでは、50代以上の投票は革新系が多いのに、40代以下が自民推薦候補に多く投票したことによって、勝利することが出来ている。これは沖縄のみならず全国でも同様なのだが、選挙運動として投票率を上げるための活動が我が党は弱い。この部分を私もしっかりテコ入れしていかなくてはならない。

玉城デニー知事の経済対策は不安しかない

そして、米軍普天間基地の辺野古移設が争点になったかであるが、玉城陣営と「オール沖縄」はこの点を強く訴えていた。しかし、NHKの出口調査では、知事選候補に期待する政策として経済振興が31%と一番に挙げられ、基地問題は23%、教育子育てが16%と続いた。

沖縄入りした時に各地でお話を聞いたり、各候補の街頭活動の様子を見ても辺野古移設についての有権者の反応は限定的で、経済をしっかり回復させて欲しいとの声が強かった。

玉城氏は辺野古移設反対とともに、「佐喜眞氏が知事になると、戦争で戦地に若い人が送られる」という趣旨の動画配信をするなど、事実に反する内容で不安を煽っていたが、辺野古移設や基地問題は沖縄県民の第一の関心ではなかったのである。

県民が最優先と考えている経済対策については、玉城県政がこの先どのように手を打っていくのか私は不安しかない。玉城知事は「沖縄の経済の自立」を訴えるが、自主財源は乏しく、国からの財源に大きく依存する。

根本的な沖縄振興策を打てておらず、これがこの先4年続くとなると沖縄の経済は疲弊してしまう。国内観光客、訪日外国人観光客が回復すれば経済は上向くが、感染症の蔓延など不測の事態に備え根本的な構造改革や強化策が必要だが、そのビジョンは示されていない。

沖縄の方々とともに、4年後に真に沖縄の経済成長や子供の貧困の解決に取り組める候補を早急に選び、それまでの間も力を合わせて取り組んでいきたい。

関連する投稿


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

派閥全廃とその先の根本的な党改革を構築するため、「政治(まつりごと)変革会議」を今月22日に結成した。党変革、政治変革が中途半端に終われば、自民党は国民の信を失い、下野し、将来消滅する――。(サムネイルは自民党HPより)


「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

自衛隊に入隊する多くの人は、誰かの役に立ちたい、家族や国民の命を守りたいという思いをもっている。しかし自衛隊は隊員を大切にしない。入隊時には説明されていなかった無数の職務が課され、休養を取る時間すらないのが現実だ。(サムネイルは「防衛省統合幕僚監部」のXより)


派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

平成元年(1989年)に党として国民に実現を約束した「政治改革大綱」には、「われわれは、派閥解消を決意」と明記されている。35年前に国民とした約束を果たしていないこを、私を含む党所属の全国会議員は猛省すべきだ。


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった