なべやかん遺産|「胸像」

なべやかん遺産|「胸像」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「胸像」!


がっかりだったアイアンマンの胸像

アイアンマン・マーク3(右)とマーク7(左)。マーク3は素晴らしい。

今回はプロップレプリカの中から等身大胸像を紹介しよう。

まずはアイアンマンから。サイドショウから発売されたアイアンマン・マーク3の胸像。サイドショウからアイアンマンの胸像はいくつか発売されているが、個人的にマーク3のダメージバージョンが一番良く出来ていると思っている。塗装も実に良い。

でも、若干小さい。これは量産品の縮みだと思う。ノーダメージバージョンも発売れているが、塗装が駄目。ダメージバージョン・マーク3が良かったのでマーク7を買ってみたら駄目だった。

何が駄目かと言うと、エッジや溝などが緩い。発売前の商品サンプル写真は実に見事なのに!
 
ハリウッドに行った時、Legacyeffectsを見学した。Legacyeffectsは特殊造形の会社で、映画で使われるプロップを作っている工房だ。撮影用アイアンマンもLegacyeffectsで作られていて、サイドショウ発売のアイアンマンもここでサンプル原型を作っている。

見学した時にサイジョショウのアイアンマンの事を聞くと、撮影用アイアンマンを担当した人が作っているので本物だという説明を聞いた。

アイアンマンはデータを使ってモックアップを作っているので、データさえあれば本物と同じものが作れる。

あとは仕上げの問題だが、アイアンマン担当者が作ればオリジナルと同じものが作れる。Legacyeffectsでサイドショウ用のサンプル原型を見た時、理想的なアイアンマンだったので帰国後早速注文した。
ところが届いたものは残念なアイアンマンだった。

塗装も悪い、表面もボコボコ、エッジも溝もユルユルだった。中国の工房で量産されるとここまで質が落ちるものなのか?
 

アイアンマン・マーク7は、製品としての仕上げが緩い。

困難な良し悪しの見分け

関連する投稿


なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「フィギュアイベント」!


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エモリ宇宙人」!


なべやかん遺産|「ショッカー」

なべやかん遺産|「ショッカー」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ショッカー」!


なべやかん遺産|「女性胸コレクション」

なべやかん遺産|「女性胸コレクション」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「女性胸コレクション」!


最新の投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。


数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

言葉は美しい。だが、防衛省単独の予算を積み上げるより、他省庁の経費も含めた方が本来の防衛予算を抑えつつ「GDP比2%」を達成しやすくなるという思惑がみえみえである。