台湾侵略のリアルと狙われる浜松基地|和田政宗

台湾侵略のリアルと狙われる浜松基地|和田政宗

先週、中国が占領下に置いているウイグルの砂漠地帯に、自衛隊の早期警戒管制機(AWACS)の模型が設置されていることが衛星写真で判明した。中国の狙いは何か。台湾をはじめとするアジアの平和を守るために日本がすべきことは何か。日本はいま、大きな岐路に立っている――。


バイデン大統領の発言は失言的発言か?

Getty logo

先週行われた日米首脳会談でアメリカのバイデン大統領は、台湾有事の際には直接的に軍事介入し台湾を防衛する意思を示した。これは、本来より突っ込み過ぎた失言的発言ではないかと言われているが、私はそうではないと考える。台湾危機が迫るなか、「米国は直接介入するが、日本はどうするのか?」との疑問を我々に突き付けたのだと思う。

台湾に対する軍事的統一を視野に入れている中国がいま現在、台湾侵略に至ってないのは、中国軍の渡海能力が限られるからである。しかし、航空兵力やミサイルによって、都市を壊滅する作戦は決行される可能性がある。

これらについては着実に実行できるよう準備を進めており、昨年10月に過去最多の52機の中国軍機が一斉に台湾の防空識別圏に進入した際には、戦闘機、爆撃機、早期警戒管制機、対潜哨戒機など、空からの台湾侵略を実行するために必要な航空戦力が投入された。陸上戦力の渡海能力においても、装備の充実や訓練によって年々その能力を高めている。

さらに、先週には、中国が占領下に置いているウイグルの砂漠地帯に、自衛隊の早期警戒管制機(AWACS)の模型が設置されていることが衛星写真で判明した。中国軍が攻撃演習のため設置したとみられるが、自衛隊の早期警戒管制機は静岡県の浜松基地に配備されており、中国は浜松基地へのミサイルなどでの攻撃も視野に入れていることとなる。

この早期警戒管制機は、ウクライナ防衛戦でも活躍している。首都キーウなどの制空権をロシア軍に取られなかったのは、NATOの早期警戒管制機がロシア軍戦闘機を捉え、ウクライナ側に逐次伝えていたからである。これによってウクライナは戦闘機の迎撃能力を飛躍的に高めることができた。

なぜなら早期警戒管制機は、地上レーダーよりも広い範囲を探知でき、超低空飛行で侵入したり、遠距離から攻撃したりする飛行機やミサイルも発見しやすい。台湾有事においても自衛隊の早期警戒管制機は重要な役割を果たす。これを破壊するための演習に中国はすでに着手しているわけだ。

台湾の東側、すなわち太平洋側からの攻撃

日米豪印クアッドの首脳会合が行われている最中の24日、中国軍とロシア軍の爆撃機が日本周辺の日本海や東シナ海、太平洋上空で長距離の共同飛行を行った。クアッドに対する示威行動である。

この直前、22日から23日にかけては、中国海軍のフリゲート艦2隻が東シナ海から対馬海峡を北上して日本海に入り、23日には中国海軍のミサイル駆逐艦が沖縄本島と宮古島の間を南下して太平洋に出た。爆撃機の共同飛行と連携している可能性が高い。

これら太平洋での中国の行動は十分に警戒しなくてはならない。これまでは中国が台湾を侵略する際には、大陸側から台湾海峡をまたいで作戦が展開されるとみられていたが、台湾の東側、すなわち太平洋側からの攻撃も考えていると分析できるからだ。

昨年11月には中国軍の爆撃機が空中給油機とともに台湾の防空識別圏に侵入し、台湾の南側から東側に回り込む動きを見せた。さらに、中国軍の爆撃機は繰り返し沖縄本島と宮古島の間を抜けて南下し太平洋を飛行しているし、その飛行エリアは、グアムの米軍基地を空対地ミサイルで攻撃できる地点に到達しているとの情報もある。

台湾東側からの中国による侵略を日米はどのように阻止していくのか。

自衛隊においては那覇基地から台湾方面に戦闘機を飛ばす場合、700kmという距離となり作戦形態が限られる。そこで、ステルス戦闘機F-35Bの離着陸が可能な、いずも型護衛艦が必要となるわけだ。海空を中心とする対処能力の強化が求められる。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

「ナワリヌイはプーチンによって暗殺された」――誰もが即座に思い、世界中で非難の声があがったが、次期米大統領最有力者のあの男は違った。日本では報じられない米大統領選の深層!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。