岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


法人税の実効税率を引き上げる…?

岸田政権における増税懸念がこれまでも指摘されてきたが、時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上 積極投資は減税拡充―経済構造転換狙う・与党税調』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた。実効税率の引き上げが行われれば昭和59(1984)年以来、約40年ぶりとなる。

岸田政権の経済政策がアベノミクスから転換され、日本経済をまたデフレに戻してしまうのではないかという懸念は根強い。株価は、菅政権下の昨年9月14日に、平成2年8月以来31年ぶりの高値となる3万0670円10銭をピークに下落傾向が続き、直近の終値(5月20日)は、2万6739円03銭と、約4000円の下落となっている。

その要因は、総裁選での金融所得課税など増税への言及や、就任後の国会における所信表明演説や施政方針演説から「改革」や「岩盤規制の打破」などの文言が消えたことにより、成長への期待感が失われたことなどによる。新型コロナ禍やロシアによるウクライナ侵略の影響もあり、日本経済の閉塞感は強まっている。

こうした時には積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。過去に日本が行った財政政策の失敗を直視していない。

日本では、サラリーマンの平均給与は平成9年の467万円をピークに下落が続き、リーマンショックなどを経て、民主党政権下の平成21年には406万円となった。民主党政権下では底這いの低水準が続いたが、アベノミクスが転換点となり、第2次安倍政権が始まってからは上昇傾向し、令和2年は433万円となったが、平成9年の給与水準には戻っていない。

いまの経済状況で増税などありえない!

Getty logo

一方、世界各国はどうであるか。

アメリカやイギリスは、20年前の水準に比べ給与は約1.5倍となっている。なぜ世界経済の荒波があったなかで、給与が伸びているのか。それは、積極的な財政出動を行って経済を下支えしたからである。

アメリカの国家予算は平成9年に比べ、約2.7倍、イギリスは約3.2倍となっている。一方日本は、世界経済が危機に瀕するなかでも緊縮財政を行い、平成9年に比べ国家予算は1.5倍にしかなっていない。すなわち日本は、必要な時に必要な財政政策を打たずに、デフレをもたらし国民を苦境に立たせたのである。

現在の経済状況は、GDPギャップを見ても、さらなる財政出動をすべき状況であり、増税などは有り得ない。また、円安のなかでいかに日本が稼いでいくかという視点も薄い。世界的なワクチン接種により、世界各国では新型コロナによる海外旅行は解禁されてきており、円安で日本への旅行を割安と感じる外国人観光客を日本に引き込み、消費をしてもらうことが重要である。

日本最大の輸出産業は自動車関連産業で、輸出額は年間約15兆円であるが、外国人観光客による日本での消費は外貨を引き込むため輸出をしていることと同じであり、日本政府は2030年には消費額が15兆円を超えることを目指している。

もう一つの「産業の柱」「輸出の柱」を観光で築こうというものである。しかしながら、岸田政権は国内のGoToトラベルの再開のみならず、外国人観光客の引き入れも極めて慎重である。当然、感染防止対策はしなくてはならないが、新型コロナ治療の飲み薬の承認も近いとされ、今こそ経済を動かしていく時期である。

関連する投稿


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

NHK党の立花孝志党首の発言の多くは全く賛同できるものではないと考えているが、番組キャスターが「認める、認めない」と判断することではない。もし政治家がテーマから逸脱した発言を行ったとしたならば、その政治家や党のモラルは選挙で国民に判断されるからだ。選挙のたびに行われる、大手メディアによる世論誘導を許してはならない!


【橋下徹研究⑩】「副市長案件」という虚構|山口敬之【WEB連載第10回】

【橋下徹研究⑩】「副市長案件」という虚構|山口敬之【WEB連載第10回】

「上海電力疑惑」について松井一郎市長は「副市長案件」、橋下徹氏は「オープンな副市長会議で決定」「今回の上海電力騒動は調査能力の幼稚な者たちがでっち上げた冤罪報道」とツイート。だが、6月10日の市議会で政策企画室政策企画課長はこう断言した。「副市長案件という言葉を聞いたことはございません」。幼稚なのはいったい誰なのか。「副市長会議」という制度は、当時まだなかったのである――。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。