無責任で愚かな「降伏論」にウクライナ人が国会で反論!|和田政宗

無責任で愚かな「降伏論」にウクライナ人が国会で反論!|和田政宗

テレビのコメンテーターなどがウクライナがこのまま戦うと人命が失われたり被害が広がるから、降伏したほうがよいという論を展開しているが、果たして本当にそうか。ウクライナ人の国際政治学者グレンコ・アンドリーさんは国会で「降伏は更なる殺りくにつながるだけなので、最悪の選択肢」と述べている。ウクライナ国民が置かれた困難な状況に対して、日本は何ができるのか。


「キエフ」から「キーウ」に変更した理由

3月31日、私を含め自民党議員などが外務省に働きかけてきたウクライナ首都の日本における呼称が、「キエフ」から「キーウ」に変更された。政府として、ウクライナの各都市をロシア語読みからウクライナ語読みに変更するもので、ウクライナ政府の意向も聞き実施した。例を挙げると、「オデッサ」は「オデーサ」に変更、「チェルノブイリ」は「チョルノービリ」に変更される。

ウクライナのゼレンスキー大統領からは早速謝意が述べられた。大統領はツイッターで、「私たちの都市名について時代遅れのソビエト連邦式の表記を破棄し、正しいウクライナ語の呼び方が採用される時が来ました。日本がすでに改めたことに感謝し、他の国々にも勧めます」と発信した。こうしたウクライナ語読みへの変更は、ロシアの侵略を許さずウクライナ支持を明確にするためにも重要である。

そうしたなか、ロシアのウクライナ侵略は激しさを増し、各都市において民間人が攻撃される悲惨な状況となっている。米国のブリンケン国務長官は3月23日、ロシア軍が故意に民間人を攻撃しているとして、米国政府としてロシアが戦争犯罪を行っていると認定したと発表した。

すでにご承知の通り、ウクライナ南東部のマリウポリでは産科病院や市民の避難場所になっていた劇場が攻撃され、多数の市民が亡くなるなど、民間人への攻撃が強まっている。なぜ、ロシアは民間人への攻撃を行うのか。それは多くの民間人の犠牲者を出すことで、ウクライナ国民の侵略に抵抗する意思を奪う、多くのウクライナ人に「もう耐えられない」という状況を作ることである。

こうした分析は、3月29日に参院外交防衛委員会に参考人として招かれたウクライナ人の国際政治学者グレンコ・アンドリーさんも述べている。

しかし、ウクライナ国民は頑強にロシアの侵略に対抗しており、攻撃が激しさを増しても降伏をせず、最後の一人になるまで戦うという意志がウクライナ国民からは示されている。

「降伏したところで人命は救われない」

私は参院外交防衛委員会において、グレンコ・アンドリーさんにこう質問した。
「ロシアの侵略について、テレビのコメンテーターなどが、ウクライナがこのまま戦うと人命が失われたり被害が広がるから降伏したほうがよいという論を展開しているが、これについてどう思うか」

グレンコ・アンドリーさんは、
「降伏したところで人命は救われない。ロシアはウクライナの中立化ではなく完全支配を目指している。なので、降伏すればウクライナ人が大量に殺されたり投獄をさせられる」「降伏は更なる殺りくにつながるだけなので、最悪の選択肢」と述べた。

グレンコさんはさらに、こう話した。
「全土が制圧されたら全土で殺りくが行われるようになるので、決して降伏は人命救助
につながらない。現実を見た上で、冷静に見てどうすれば、より少ない犠牲で済むのかというふうに考えるべきだ」

この発言は、犠牲を少なくするためには、ウクライナ国民の強い精神だけでなく、我々自由主義陣営の国々がいかに率先して和平を仲介し、ロシア軍をウクライナから撤兵させるかということを問うている。

そして、グレンコさんはこうも述べた。
「仮にゼレンスキー大統領が降伏しても、ウクライナ国民は抵抗を続ける」

こうしたウクライナ人の強い意志は、他のウクライナの友人からもひしひしと感じている。3月末、私が講師として定期的に参加している静岡の勉強会に、友人であるウクライナ人の青年、ナザレンコ・アンドリーさんが参加された。ナザレンコさんは、ロシア軍の猛攻に遭っているウクライナ第2の都市ハルキウの出身である。

ナザレンコさんによると、ハルキウの実家の周りは軍事施設は何もないのに、ミサイル攻撃で壊滅的な状況になっている。ナザレンコさんが学んだ小中一貫校も砲撃され、壁に大きな穴が開き、教室も滅茶苦茶に破壊された。しかも一度だけでなく二度も攻撃を受けたとのことである。

関連する投稿


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

NHK党の立花孝志党首の発言の多くは全く賛同できるものではないと考えているが、番組キャスターが「認める、認めない」と判断することではない。もし政治家がテーマから逸脱した発言を行ったとしたならば、その政治家や党のモラルは選挙で国民に判断されるからだ。選挙のたびに行われる、大手メディアによる世論誘導を許してはならない!


台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

3月末にバイデン政権が公表した「国家防衛戦略」のファクトシート(概要説明文)は「中国に対する抑止強化」をうたっている。リムパックへ台湾を招かなかったことは、これに沿った措置とは到底思えない。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。