『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』が韓国語で出版

『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』が韓国語で出版

中国共産党の世界浸透・転覆工作を暴く『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(飛鳥新社)が、韓国で『豪州と中国戦争前夜』として翻訳出版された。版元から寄せられた推薦文を公開。


中国共産党の世界浸透・転覆工作

韓国語版『『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(『豪州と中国戦争前夜』)

韓国語版『『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(『豪州と中国戦争前夜』)

『豪州と中国戦争前夜(豪州と中国の予定された戦争 )』(原題:『「目に見えぬ侵略」「見えない手」 副読本』)は、中国共産党の豪州および世界浸透・転覆工作問題を追及する世界的権威、クライブ・ハミルトンの2冊の著書『目に見えぬ侵略』と『見えない手』の核心部分を厳選し、40項目余りに分類し解説した本である。 原著にない50枚超の写真と図表を収録したことはもちろん、付録にはクライブ·ハミルトンが執筆した日本語版『目に見えぬ侵略』と『見えない手』の序文ならびに、日本の言論誌『月刊Hanada』への寄稿文なども付け加え、本の価値を一層高めている。

日本語版序文におけるクライブ・ハミルトンの「日本」に対する愛情込もった苦言は、「日本」を「韓国」に置き換えても完全に当てはまる内容である。

なお特別付録として本書の監修者でありクライブ・ハミルトンと親交のある地政学者、奥山真司が行ったクライブ・ハミルトンへのインタビューも有益である。

中国共産党が韓国と日本を離間させたように、豪州とニュージーランドの関係を引き裂いた話はもちろん、「反共(反中)左派」知識人として豪州内の「親共(親中)左派」との葛藤を経験したクライブ・ハミルトン自身の、苦悩も余すところなく収められている。

なお、『目に見えぬ侵略』と『見えない手』は、2021年上半期に韓国で『中国の静かな侵攻(Silent Invasion)』(世宗書籍)と『見えない赤い手(Hidden Hand)』(シレブックス)として翻訳出版されている。翻訳家のキム・ヒジュ氏とホン・ジス氏が見事に翻訳した。

ただ両著を合わせると1,000頁を超える大著であり、また韓国では馴染みのない豪州と北米、欧州の人物、地域、政治などを題材としており、当該国の国内政治問題や各国のインド・太平洋外交安保戦略など、国際時事の知識がない一般読者は容易に読み通せなかったのではないか。

『豪州と中国戦争前夜』の最大の特徴は、クライブ・ハミルトンの分析に興味は感じるが、原著の分量と馴染みのなさに圧倒され読破できなかった、あるいは手にとらなかった人々が、手軽に読めるよう纏めたことである。前述したように、原著にはない50枚以上の写真や図表などをテーマごとに配置し、読者の理解をさらに高める試みがなされている。

関連する投稿


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

主流メディアで流される情報がいかに恣意的に操作されているか、骨身にしみて知っているはずだ。それを思い知らされたのが1991年の第1次湾岸戦争である。油にまみれた水鳥、そして、泣きながらイラク人兵士の蛮行を議会で証言したクウェート人少女。それらは戦争広告代理店によって仕組まれたフェイクニュースだった――。親ウクライナか、親ロシアか、の二元論で喧嘩している場合ではない!


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!