「佐渡金山」韓国のプロパガンダと内なる敵『ポプラディア』|和田政宗

「佐渡金山」韓国のプロパガンダと内なる敵『ポプラディア』|和田政宗

佐渡金山の世界文化遺産推薦にあたり、韓国が「強制労働の現場」などと事実に基づかない批判をしている。韓国が仕掛ける歴史戦には、ファクトベースで反論することが重要だが、残念ながら日本国内にも、韓国のプロパガンダを助長する勢力がいる――。嘘を流布する「内なる敵」を告発!


佐渡金山も断じて「強制労働」ではない

佐渡金山の世界文化遺産推薦にあたり、韓国が「強制労働の現場」などと事実に基づかない批判をしている。戦時中の労働者の募集や徴用は、賃金が支払われており、断じて「強制労働」ではない。歴史の事実としてしっかりと反論していかなくてはならない。

当時の資料を検証した論文がいくつも出ているが、佐渡金山など日本各地の炭鉱においては、朝鮮半島出身者も内地出身者も賃金において差別はなく、勤続年数や作業能率、職種などによって賃金が支払われ、朝鮮出身者のほうが内地出身者よりも高賃金であった炭鉱はいくつもある。

また、佐渡においては、『佐渡鉱山史』(大平鉱業佐渡鉱業所)や、『半島労務管理ニ付テ』(佐渡鉱業所)によると、朝鮮出身者と内地出身者はおおむね同一の賃金で、賞与も複数回支払われたと記されている。また、炭鉱労働者向けの娯楽イベントが開催されたり、米や味噌などの廉価販売も行われたりしていた。これのどこが強制労働なのか。

さらに、韓国人研究者で元九州大学客員教授の李宇衍さんの論文『戦時期日本へ労務動員された朝鮮人鉱夫(石炭、金属)の賃金と民族間の格差』でも、内地出身、朝鮮出身労働者の間に賃金格差がなかったことが明確になっている。

韓国のプロパガンダを助長する「総合百科事典」

こうした韓国による事実に基づかないプロパガンダに対し、中国やロシアも賛同しているが、ソ連による日本人のシベリア抑留こそ強制労働であり、戦時中の日本での鉱山労働は強制労働にはあたらない。

韓国の主張に対し明確に反論し世界各国に事実を広めなければ、韓国の主張が事実だとみなされ広がってしまう。我々は事実を世界に伝えていかなくてはならない。日本政府の一段の取り組みを促すとともに、私も国会議員としてしっかりと行動していきたい。

このような韓国のプロパガンダが行われるなか、日本国内においてもそのプロパガンダを助長するものがある。SNSでも話題になっているポプラ社の総合百科事典『ポプラディア』の記述である。

第1巻の「慰安婦」の項目では、「従軍慰安婦ともいう」「朝鮮や中国、東南アジア各地の占領された地域の女性たちが強制連行で慰安婦にされることも多くなった」と当時は存在しない事実と異なる用語や、全く資料も存在せず否定されている「慰安婦の強制連行」が明記されている。

また、第5巻の「強制連行」の項目では、「日本が朝鮮半島や中国から住民を強制的に日本につれてきて働かせたこと」「現在の在日韓国・朝鮮人は、戦後に帰国のための支援を受けることができず、日本にとどまった人々とその子孫が多い」との、事実と異なる記述がある。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

私は、東日本大震災の津波で救えなかった命への後悔から、その後、大学院で津波避難についての修士論文をまとめた。国会議員に立候補したのも震災復興を成し遂げるという意志からであった。だが、災害などの緊急時に対応できる憲法に現行憲法はなっていない――。


最新の投稿


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!