混戦の韓国大統領選、二つの変数|西岡力

混戦の韓国大統領選、二つの変数|西岡力

韓国では与野党が大接戦を展開しており、選挙結果は予断を許さないが、大統領選挙の結果がどうなっても、残念ながら約4割の李在明支持勢力によって、韓国はよりひどい状況に陥る危険性が大きい。


韓国大統領選挙は3月9日に投票日を迎える。2月13~14日に立候補届け出があり、15日から正式に選挙戦が始まった。与党「共に民主党」の李在明・前京畿道知事と第1野党「国民の力」の尹錫悦・前検事総長が大接戦を展開しており、選挙結果は予断を許さない。

野党一本化提案の衝撃

ここへ来て選挙戦に二つの変数が生まれた。第1は、尹候補が、当選したら文在寅政権の「積弊捜査」をすると言い切ったことだ。これに対して文大統領は、政治報復だとして謝罪を求める談話を出した。李陣営は、退任直後に検察の捜査で追い詰められて自殺した盧武鉉元大統領の事例を持ち出して、尹氏が文大統領を「第2の盧武鉉」にしようとしていると訴えた。文大統領の熱烈な支持者で李氏に距離を置く者に結束を呼び掛けているのだ。

この攻防の直後の韓国社会世論研究所による調査では、李氏の支持率が40.4%、尹氏は43.5%となり、尹氏のリードが前週の6.2ポイントから3.1ポイントに縮まった。中道野党「国民の党」の安哲秀氏は7.8%、極左野党「正義党」の沈相奵氏は3.5%だった。

第2の、そして最大の変数が野党候補一本化の成り行きだ。支持率3位の安氏が尹氏と政策協定や連立政府構想などで合意して立候補を取り下げるかどうかが焦点だ。それが実現すれば尹氏の勝利は固いとみられている。

13日に立候補届け出を済ませた後、安氏が電撃的に世論調査による尹氏との候補一本化を提案した。しかし尹氏側は、一本化提案は評価するものの、世論調査では李氏支持者が意図的に競争力の弱い安氏を支持する危険性が高いとして、提案をいったん拒否した。水面下で激しい駆け引きと交渉が行われているが、一本化が実現するかどうか不透明だ。

尹氏当選なら左派の抵抗激化へ

李在明政権が誕生すれば、日韓関係の一層の悪化はもちろんのこと、米韓同盟の弱体化が心配される。李氏は反日・離米・親中・従北だからだ。韓国が米韓同盟から離れて中国と北朝鮮の側につくなら、日本にとって最悪の地政学的危機になる。韓国軍60万が対馬の目の前に敵軍として忽然と現れるのだ。この危険な李氏を韓国人の約4割が支持している。

一方、尹錫悦政権になれば、悪い日韓関係は少し改善されるか今のまま継続となるが、米韓同盟は修復され、文政権の親中・従北政策はかなりの部分が廃棄されて、韓国は中国と北朝鮮という二つの全体主義国家に対抗する立場に戻ろうとするだろう。ただし、国会のほぼ3分の2を占める左派野党だけでなく、各界各層に広がる左派勢力が尹政権に激しく抵抗するので、朴槿恵前政権のように任期途中で倒されてしまう危険がある。

つまり、大統領選挙の結果がどうなっても、残念ながら約4割の李在明支持勢力によって、韓国はよりひどい状況に陥る危険性が大きいと私は見ている。(2022.02.15国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。


憲法改正を必ず成し遂げる|高市早苗

憲法改正を必ず成し遂げる|高市早苗

現代と次代に生きる国民の生命、領土、国家の主権と名誉を守り抜ける憲法の制定は急務だ。遺のこされた同志議員の力を結集して、必ず成し遂げる。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


最新の投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

もはや米海軍だけで抑止は効かない|織田邦男

台湾有事は日本有事である。もはや米海軍だけでは抑止は効かなくなった。日本は防衛力強化を急がねばならない。日本のEEZにミサイルを撃ち込まれても、国家安全保障会議(NSC)が開かないという感度の鈍さでは、取り返しがつかなくなる。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。