AUKUSで生まれた新たなカオス|久保弾

AUKUSで生まれた新たなカオス|久保弾

米英豪の新たな同盟AUKUS。オーストラリアの原子力潜水艦が実際に完成するのは2040年だが、果たして、その時、豪原水は、どこの海を泳いでいるのか……。


Getty logo

中国の不満が綴られた「14項目の通達」

2020年11月、在豪中国大使館は、中国外務省からの抗議の手紙を豪政府に手渡した。
「14項目の通達」と題した文章には、豪政府が「反中国研究を支えないこと」「香港問題にかかわらないこと」「コロナウイルスの起源に関して世界保健機関(WHO)に圧力をかけないこと」「ファーウェイの認証禁止を取りやめること」「国連の場で豪政府の南シナ海に関する声明を取り下げること」など、中国側からの不満14項目が綴られていた。
 
この「14項目の通達」は政府だけではなく、大手マスコミにも手渡され、オーストラリア中で大きな話題となった。国家の主権を蔑ろにし、かつての植民地時代を思い起こさせる内容だったからだ。
 
それまで豪政府は、経済パートナーでもある中国の機嫌を損ねないよう、米中関係をめぐって綱渡りをしていた。しかし、中国はその煮えきらぬ態度に業を煮やし、その綱をぶった切ってしまった。豪政府は中国に「アメリカと中国、どちらにつくのかはっきりしろ」と迫られたわけだ。
 
その答えが、同年11月の日豪首脳会談だった。菅総理とモリソン豪首相は「日豪円滑化協定」に合意、西側諸国につくことを中国にアピールした。
 
モリソン首相は新たな同盟を作るため、UKUSA協定に目を向けた。UKUSA協定は「ファイブ・アイズ」とも呼ばれ、英語圏の五カ国(米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)の情報交換をめぐる協定だ。

ファイブ・アイズは情報提供だけの協定だが、オーストラリアはそれを軍事協定に発展できないかと考えた。ところが、実はすでに似たような協定が存在していたことを知る。米英間で結ばれている原子力潜水艦の技術交換協定である。
 
オーストラリアもその協定に入れば、潜水艦だけではなく、ミサイル、人工知能(AI)、量子コンピューティングなどの最新の軍事技術を得ることができる。
 
米英は、オーストラリアの提案を了承した。バイデンが公約に掲げていた「新たな中国に関する外交」を形にできるし、ジョンソン首相も自らが提案した国家戦略「グローバル・ブリテン」にうってつけだったからだ。
 
三カ国協定は、わずか数カ月間で締結され、この9月にAUKUS発足が発表された。
 
協定には、オーストラリアが原子力潜水艦を保有できる条項が盛り込まれ、オーストラリアは米国の原子力潜水艦八隻を購入することになっている。
 

仏政府の怒り

しかし、オーストラリアが原子力潜水艦を持つことに異議を唱えた国が中国以外に2つあった。1つは、隣国のニュージーランドだ。ニュージーランドは、先進国のなかで原子炉を保有しない数少ない国。

非核政策を堅持しており、原子力エネルギーの利用を禁止している。そのため、オーストラリアの原子力潜水艦がニュージーランド領海内を通航するのは許可できないのである。
 
異議を唱えた2つめの国はフランスだ。実は前の豪労働党政権は、フランスからアタック級潜水艦を12隻購入することを決めていたが、AUKUSによりフランスとの合意を破棄することになった。怒ったフランス政府は、在米、在豪両フランス大使を召還、米政府に「NATO同盟国である米国に後ろから刺された」と抗議した。
 
アメリカとオーストラリアの大使を召還したのは歴史上初めてのことで、その怒りの強さが窺える。また、仏外相も「米仏関係は信頼の危機にある」と発表した。バイデンは仏政府の怒りを鎮めるため、10月5日、ブリンケン国務長官をパリに送り込んだ。しかし、仏外相は「両国の関係に信頼が戻るまでに時間が掛かる」と発表、仏政府の怒りは収まらないようだ。
 
AUKUSでオーストラリアは、米・ロ・中・英・仏・印に続く7番目の原潜保有国になるとみられている。オーストラリアが国際社会に核保有国として認められるかどうか、これからの課題になる。
 
オーストラリアの原子力潜水艦が実際に完成するのは2040年。言い換えれば、その間、日本もインドも協定に入るための時間が与えられているということだ。中国も今後、AUKUSを念頭に外交を展開するだろう。20年後、オーストラリアの原子力潜水艦はどこの海に潜っているだろうか。
 
AUKUSの目的は正しいだろうが、それによってアメリカのアフガニスタン撤退同様、新たなカオスを生んでしまったのかもしれない。

関連する投稿


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

3月末にバイデン政権が公表した「国家防衛戦略」のファクトシート(概要説明文)は「中国に対する抑止強化」をうたっている。リムパックへ台湾を招かなかったことは、これに沿った措置とは到底思えない。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。