世界の原子力回帰が鮮明に|奈良林直

世界の原子力回帰が鮮明に|奈良林直

ドイツをはじめとして、太陽光・風力発電で効果的に二酸化炭素(CO2)の排出削減に成功した先進国は存在せず、フランスを筆頭に世界は原子力回帰を鮮明にした。EUに「反原発書簡」を送った小泉純一郎氏、細川護熙氏、菅直人氏、鳩山由紀夫氏、村山富市氏ら五人の元首相よ、これが世界の現実だ!


英グラスゴーで昨年開催された国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)では「脱石炭」に40カ国余りが合意したが、中国や東南アジアで建設中の石炭火力発電所は200カ所に迫る。一方、天然ガスや原油の値上がりは著しく、深刻な電力不足とエネルギー価格の高騰が欧州経済に影を落としている。我が国も事情は同じだ。ドイツをはじめとして、太陽光・風力発電で効果的に二酸化炭素(CO2)の排出削減に成功した先進国は存在せず、フランスを筆頭に世界は原子力回帰を鮮明にした。

フランスが主導

ドイツのメルケル首相が退陣し、再生可能エネルギーを強力に推進するリーダーが不在となった。再エネの比率が20%に達した日本では、大雪の中で太陽光発電の出力が低下し、電力の予備率が3%を下回る電力危機が毎日のように続いている。再エネの比率が40%を超えたドイツの1キロワットアワー(kWh)当たりのCO2排出量は日本と大差が無い。欧州では風力発電のための風が弱くなり、電力不足とエネルギー価格の高騰に陥っている。再エネの脆弱性の認識は急速に広まり、フランスを筆頭に原発建設計画が具体化した。

フランスは、77%を占める原子力発電比率を2025年までに50%に減らす計画を撤回した。フランス電力(EDF)は、欧州加圧水型炉(EPR、電気出力165万キロワット=kW)を世界中で建設していくため、チェコ、ポーランド、インドなどの複数の大手関係企業と協力協定を締結したと発表した。フランス国内にはEPRを6基建設する。英国も原子力エネルギーの拡大を決定し、英国の電力会社であるEDFエネルギー社がEPRを多数導入する。原子力発電の導入を検討しているポーランドに対しては、EDFが4~6基(660万~990万kW)のEPRを2~3カ所に建設することを提案している。

一方、わが国から日揮とIHIも出資している米ニュースケール社の小型モジュール炉(SMR)は、米貿易開発庁の開発支援でルーマニアに建設されることになった。同様に、米GE日立ニュークリア・エナジー社は、小型モジュール炉の「BWRX-300」の商業化をカナダで促進するため、BWXTカナダ社と設計・製造に向けた技術協力と調達等で合意した。

EUは原発への投資促進へ

さらに、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は1月1日、原子力発電を地球環境にとって持続可能な経済活動と判定し、原発への投資を促進する方針を打ち出した。

EUは2050年までのカーボンニュートラル(CO2など温室効果ガス排出量の実質ゼロ)を目指し、持続可能な経済活動を分類する「EUタクソノミー(分類)」の制度の下で、原子力や天然ガスの扱いを検討してきた。

欧州委員会は、再エネを中心とした未来のエネルギーへの移行を促進する手段として、原子力や天然ガスにも一定の役割があるとの見解を示した。脱原発を進めるドイツが反発しているが、今月末をめどにこの案が了承されれば、原子力が投資や融資の対象になる。(2022.01.11国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

フランスの歴史人口学者・家族人類学者エマニュエル・トッド氏の発言は、日本人の常識を超えるものだった。


小型核融合炉は実用段階に程遠い|奈良林直

小型核融合炉は実用段階に程遠い|奈良林直

世界の開発競争に負けないように開発投資を急ぐべきだとの意見も一部にあるが、実は核融合炉が商業用発電炉として実用化される見通しすら付いていないことを指摘したい。


言葉だけの核抑止重視であってはならない|太田文雄

言葉だけの核抑止重視であってはならない|太田文雄

ロシアのウクライナ侵略を抑止できなかった主たる要因の一つは、バイデン米大統領が本来曖昧にしておくべき米軍事力使用の可能性について、昨年末にその選択肢を明確に排除したことである。


財務省主導の防衛国債反対論を排す|櫻井よしこ

財務省主導の防衛国債反対論を排す|櫻井よしこ

政府内では財務省主導でプライマリーバランス(PB)を重視し、防衛国債の発行に反対する動きが加速中だ。自らの内閣を「政策断行内閣」だと誇る岸田首相は、日本が平時ではなく有事にあるとの認識をまず明確にし、国防体制の根本的転換を実現しなければならない。


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


最新の投稿


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。