「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


菅総理の功績と退陣の理由

Getty logo

いよいよ解散総選挙を迎える。

丸4年ぶりのことであり、身が引き締まる思いだ。政権与党である自民党は岸田新政権で国民の審判を受ける。国民の信任はいかようになるであろうか。

今回の総選挙に臨むなかで、菅総理が9月3日に退陣表明をした時点に遡りたい。菅総理は新型コロナ対策と併せ、自民党が総選挙で勝利することが国民のためになると行動してきた。自身が総理総裁として内閣改造を行い党人事を刷新すれば、自民党はギリギリでも勝ち切れる。だからそれを断行して選挙に臨む。これが最善の道であるというのが菅総理の意志であったと思う。

しかしながら各メディアの情勢判定が伝わってくるなかで、菅総理は「自分の仕事は新型コロナ対策をやりきることである。選挙は新総裁に任せる」という考えに至ったのである。

ひとえにこれは、「自民党を総選挙で勝たせる。国家国民のために」という思いであったと考える。菅総理は政権発足当初から自らを「仕事をするための内閣である」と述べてきた。政権発足当初の高支持率で、党内からは「解散せよ。絶対圧勝だ」との声のなか、それを突っぱね、国家国民にとって早急に改善すべき課題は何かと考え、その改善に取り組んできた。

国民の利便性につながる行政のデジタル化とデジタル庁の創設、携帯電話の料金値下げ、不妊治療の保険適用を当面やるべき3つの課題として総裁選で表明したほか、2050年カーボンニュートラル、安全保障上重要な土地の利用規制法の成立。日米豪印のクアッドの枠組みを作り、何よりも旧宮家男系男子の皇籍復帰の道筋を作ったことなど、これまでの政権では成し得なかったことを菅政権は実現してきた。

しかし、菅政権は新型コロナ対策において、退陣表明時点では国民の不安を解消するまでには至っていなかった。ただ、実行した施策は全く理にかなっており、ワクチン接種をはじめとした対策によって、現在、新型コロナの新規陽性者数は劇的に減っている。

これは、のちにしっかりと検証しなくてはならないが、ワクチン接種はもっと時期を早められたと私は考える。政治サイドというよりも省庁の動きがにぶかったし、それを動かせなかった政治にも責任がある。これがうまくいっていたら感染拡大が抑制できている今の状況を3か月前に実現できていたかもしれないし、であるならば、菅総理の退陣もなかったと思う。

しかしながら菅総理は退陣し、岸田政権の誕生となるわけだが、昨日10月14日に岸田総理によって衆議院は解散された。公示日は10月19日、投票日は月末の10月31日になる。総理就任から10日間での解散は、戦後最短での解散となる。岸田総理の狙いは就任直後の勢いに乗って選挙に臨むことである。

ただ、岸田内閣の支持率は高くない。自民党にとっては、岸田内閣の支持率が発足当初としては伸び悩むなかであっても、現有議席を確保し、それを上回る勝利に繋げなくてはならない。

岸田政権の政策については様々な方にお話を聞くと、「総花的でぼんやりしている」との厳しい声が聞かれる。何を実行するのか教えて欲しいとの声が相次ぐ。我々はこうした声に対し、分かりやすい説明をしてしっかりと政策の中身を国民に届けなくてはならない。

不安材料を断ち切ることができるか

Getty logo

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

私は、東日本大震災の津波で救えなかった命への後悔から、その後、大学院で津波避難についての修士論文をまとめた。国会議員に立候補したのも震災復興を成し遂げるという意志からであった。だが、災害などの緊急時に対応できる憲法に現行憲法はなっていない――。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。