月刊『Hanada』2021年6月鈴蘭号

月刊『Hanada』2021年6月鈴蘭号

「人権」という旗を高らかに掲げる人たちほど、中国による人権弾圧にダンマリなのはなぜなのか。総力大特集「習近平の犯罪」、公明党の闇、中国製EVの幻想、半年目の菅政権、小池百合子のコロナ暗愚都政、朝日新聞がつくった福島“汚染水”風評など大手メディアが報じない記事が6月号も満載!爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「不死"蝶"池江璃花子」など6月号も永久保存版!


□佐藤優【猫はなんでも知っている】 ▶北朝鮮による菅義偉首相攻撃
□室谷克実【隣国のかたち】 ▶ウルトラ少子化で韓国民絶滅
□重村智計【朝鮮半島通信】▶文在寅と総連議長の落日

□【私のらくらく健康法】貴乃花光司 ▶四股を踏む(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】▶運動の時間帯
□白澤卓二【ボケない食事】▶果糖からは逃げなさい
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】▶入れ歯の痛みと舌の痛み

□深谷隆司【一言九鼎】▶大勲位・中曽根康弘先生(後編)
□高田文夫【月刊Takada】▶無くなる物・亡くなる人・消えるモノ
□平川祐弘【一比較研究者の自伝】▶六十の手習い

□加地伸行【一定不易】
□石平【知己知彼】▶中国経済「死に至る病」(上)
□山際澄夫【左折禁止!】 日本版「台湾関係法」の制定を!

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】▶福山哲郎よ、利いた風な口を叩くな
□田村秀男【常識の経済学】▶バイデン対中制裁は「張子の虎」
□門田隆将【現場をゆく】▶ついに"転機"を迎えた公明党

□有本香【香論乙駁】▶LINE、フジ、楽天、日本人の平和ボケ
□久保弾 【世界の常識を疑え】▶自由を「抹消」するキャンセル・カルチャー

□新田哲史【ファクトチェック最前線】▶LINE問題のウラ騒動
□蛭゛芸子【電脳三面記事】▶人間よりもAIに期待する未来
□河村真木【世界の雑誌から】▶第118回

□堤堯の今月この一冊▶渡辺惣樹『公文書が明かすアメリカの巨悪』
□西川清史の今月この一冊▶近藤大介『ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ』
□谷口智彦のこの一冊▶手島龍一『鳴かずのカッコウ』
□向井透史【早稲田古本劇場】▶『本が逆さまに』

□秋山登の今月この一本+セレクション▶『ファーザー』+6本
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】▶エヴァ・ガードナー

□みうらじゅん【シンボルズ】▶ワニ③
□高野ひろし【イカの筋肉】▶第442号

□村西とおる【人生相談「人間だもの」】▶三年前、兄が蒸発
□爆笑問題【日本原論】▶まん防まん防みんなのまん防

□読者から
□編集部から、編集長から

※休載
西村眞 日本人、最期のことば

関連する投稿


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【橋下徹研究⑤】独断で日本を一帯一路に引きずり込んだ橋下徹|山口敬之【永田町インサイド WEB第5回】

【橋下徹研究⑤】独断で日本を一帯一路に引きずり込んだ橋下徹|山口敬之【永田町インサイド WEB第5回】

「中国の電力産業が、西側先進国に作った初めての発電所であり、一番最初に利益を生み出したプロジェクトも大阪です」「我々が黒船ではなく、紅船であることを示しています」と上海電力日本株式会社の刁旭(ちょう・きょく)社長。上海電力を咲洲メガソーラーにステルス参入させた「橋下徹スキーム」が、日本進出を狙う上海電力にとってどれだけ大きな恩恵をもたらしたのか。


【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

孔铉佑大使在中国驻日使馆的官方网站上用日文发表了一篇充满谎言的文章,而日本政府及外务省竟然允许这样荒谬的事情依然存在。对此我们不禁要问:“孔大使,您怎能如此堂而皇之地信口雌黄?”要知道对于“谎言重复百次就会成为真理”这样的事情,我们是绝不允许发生的。


バイデン氏が増幅するインドの安保上の試練|ブラーマ チェラニー

バイデン氏が増幅するインドの安保上の試練|ブラーマ チェラニー

バイデン氏のアジア政策は、インドの安全保障上の試練をただでさえ増幅している。米露新冷戦の到来で、インドの中立がもっと試練にさらされることは確かだ。


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!