なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「究極の癒やしソフビ」!


その理由は、自分が好きな物しか置いていない場所であるからだ。欲しいという欲望で集められたものが集う場所。

“欲”という結果を目で確認できる場所。全ての物に対し愛情があるので、愛に満ち溢れた空間。そんな場所で癒しの怪獣ソフビを我が手に持つと、ストレスから解き放たれる。

マルサンのナメゴン、ウルトラマン、カネゴン、ガラモン、ペギラ、ギャンゴ。

ふぅ~

それらを持ち深呼吸。鼻から吸って口から吐く。良い氣が体内に入り込む。こうやって約40年過ごして来た。つらいことを乗り越えられてきたのも、こんな呼吸法を学んでの事。

ペギラは持った時の感じが実に素晴らしい。シックリくる厚みと重さ。

取り憑かれたら一生抜け出せない魔力

ほんわかした怪獣ソフビ、現在のバンダイ怪獣ソフビにはない、手に持った時のしっくり感がある。大きさも重さもちょうどよい。当時の原型師さんって本当に凄いよ。

そんな癒しの怪獣さん達を見てつくづく思うのは、怪獣に悪いやつはいないってこと。

体が大きいから色んな物を壊しちゃうだけ。民家に現れる猿やイノシシや熊と同じようなもので、人間による環境破壊で今まで住んでいた所が住みにくくなったり食事が無くなったりで出て来ちゃっただけなのだ。

貧乏芸人がお腹空いて街をふらついてゴミ箱漁ってるのと実は変わらない。

それなのに人間にとって邪魔という判断で駆除されるなんて可哀そうすぎる。害獣扱いされている動物も怪獣達も可哀そうな存在なのだ。

実は怪獣ってみんな可愛い顔をしている。はなから憎たらしい顔だったり、狂暴な顔をしている怪獣もいるけど、自分は好きになれない。デザインにあざとさが見えてしまうから。

怪獣は滅ぼされるために登場する。だから哀愁があるのだ。

怪獣ソフビを手に取ることで人間のエゴも感じる。でも、その場所は自分の欲望というエゴで集められた怪獣ソフビに囲まれた部屋。怪獣ソフビって面白いでしょ?

この魔力に取り憑かれると一生抜け出せない。これこそ滅びゆくもの達の呪いなのだろう。深いね~。究極だね~。

なべやかん

https://hanada-plus.jp/articles/304

昭和45年8月22日生まれ。たけし軍団初の2世タレントとして、91年デビュー。趣味の特撮キャラ収集では、30年以上前から専門誌やイベントで資料提供している。主催のお笑いライブは、個人主催では最長記録である。

関連する投稿


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。