なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「究極の癒やしソフビ」!


コロナ禍のストレス解消法

ここ数回、怪獣ソフビの事を書いている。なぜこんなに書き続けているかというと、どうやらストレスがかなり溜まっているみたいだ。

コロナ疲れで色んな人がおかしくなり、人に当たり散らす人もいれば、動きが鈍くなり仕事を全然してくれない人もいる。それらの事がストレスとなり襲い掛かって来る。

コロナのために多くの人が上手くいってないのに、自分の事だけしか考えられず攻撃的になっては駄目だよね。こんな時でも明るくポジティブに行かねばならないし、生きなければならない。自殺者も増えているようなのでなおさらだ。

我々のエンタメ業界も大打撃。イベントがないのでお呼びがからないし、イベントがあっても「皆さん、観に来て下さい」と言いづらい。

今、芸人を目指す若手の子達って何が目的なのかな?スポンサーもお金を出せなくなっているし、ギャラも下がっているからお金を稼ぐという夢がなくなっている。

今やテレビの世界は夢がない。そんな世界で死ぬまでやっていかなきゃいけないのだよ!こちらはその覚悟でいるのだから、かなりストレスだって溜まるよ。

そんなストレスを解消する一つの手段が、かつて日本のテレビを賑わし、エンタメ界を盛り上げ大ブームを作った怪獣達(ソフビ人形)と触れ合うことだ。

そんなわけで、今回も懲りずに怪獣ソフビを語ろうと思う。
 
第一弾で『癒しの怪獣ソフビ』を書いたが、今回は自分にとって“究極の癒しソフビ”をご紹介しよう。

好き度ナンバー1のマルサン製のナメゴン。色、造形、全て良し。

市場に出たら10万円の代物

数ある怪獣ソフビの中で一番のお気に入りはマルサンのナメゴンである。ナメゴンは殻のないカタツムリみたいな生物で、それをソフビ化している。

本物はナメクジ色なのだが、ソフビはゴジラブルーと呼ばれている紺色だ。この成形色はソフビコレクターの憧れの色である。マルサン初期の一期発売ソフビはこの色で発売されている物が多く、それらは少数生産なので市場に中々出てこない。

そういった事も憧れになった所以だ。

前回、左右非対称の歪んだ造形のソフビが嫌いだったと書いたが、ナメゴンだけは特別だった。

そもそもカタツムリやナメクジに近い造形なので、歪んでいて当然。庭で見かける陸生軟体動物はウネウネ動いているので左右非対称が当たり前。歪みがあった方がリアルで心地よく感じられる。

ソフビコレクターになった当初、ウルトラQマニアのお宅にお邪魔する事が何度かあり、その人がマルサンのナメゴンだけ持っていなかったので「ナメゴンは珍しい、怪獣ソフビの頂点」と思ってしまったのだ。

関連する投稿


なべやかん遺産|「歯」

なべやかん遺産|「歯」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「歯」!


米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

バイデン政権が掲げる国際協調、国際機関重視が、台湾をいかなる場合でも排除しようとする北京の策動を黙認することを意味するなら、独裁体制との戦いという時代の要請に逆行する。


北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

今こそ問うべきだ。世界を大中華主義で染めたいのか。人権弾圧を続けて民主主義を息絶えさせたいのか。国際法を中華の法の支配に替え、世界秩序を大転換したいのか、と。


米国はミャンマー政策で失敗を重ねるな|ブラーマ チェラニー

米国はミャンマー政策で失敗を重ねるな|ブラーマ チェラニー

ミャンマーの軍部は、中国に不信感を持っている。中国がミャンマーの政府と軍部に影響力を及ぼすため、反乱勢力を支援してきたと信じているためだ。実のところ、ミャンマー軍首脳はスー・チー氏が習近平国家主席と過度に親密になってきたことを懸念していた。


尖閣ではっきりした憲法の限界|田久保忠衛

尖閣ではっきりした憲法の限界|田久保忠衛

尖閣諸島の実効支配へ向けた動きを半世紀にわたってジリジリと強化している中国と、それに口先だけで反対する日本政府との差が、ついにここまで来てしまったかと複雑な思いがする。日本はいつまで「中国へ配慮」を続ければ気が済むのか。


最新の投稿


世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

平成23年(2011年)3月11日は、いまを生きる私たちにとって忘れ得ぬ日となりました――安倍晋三前総理が初めて綴った東日本大震災と日本論。


ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

脱中国に舵を切り、関係諸国と「中国包囲網」を形成する英国のジョンソン首相。自由貿易協定、ウイグル人権制裁、北京五輪ボイコット――日本は英国と手を携えて自由主義国の気概を示せ。今こそ「新・日英同盟」を!


台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事が実際に起きた際、同盟国軍が血を流している時に、自衛隊だけは後方支援に徹するのか。そして、中国によるウイグル人抑圧を虐殺と断じて怒った米国の隣で、法律がないことを理由に知らぬ顔をする国でいいのか。北朝鮮との間で拉致問題という人道案件を抱える日本は、どのような顔をして米国に助力を要請するのだろうか。


習近平の頭脳狩り「千人計画」とは何か?|佐々木類

習近平の頭脳狩り「千人計画」とは何か?|佐々木類

知的財産を頭脳ごと盗み出す習近平による「千人計画」の全貌。対象者は学者だけでなくメディア関係者にも及ぶ。日本は今、野放し状態で中国などの草刈り場となっている!


なべやかん遺産|「歯」

なべやかん遺産|「歯」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「歯」!