去り行くトランプの最後っ屁|九段靖之介

去り行くトランプの最後っ屁|九段靖之介

トランプ大統領は1月20日、ホワイトハウスを離れた。退任式典で「さようなら。私たちは何らかの形で戻ってくる」と述べ、政治活動の継続に意欲を表した。そのトランプはバイデンに”最後っ屁”をかました。それは……。


オバマ=バイデンのやったことを消しゴムで消したトランプ

退陣を控えた大統領はアレコレの政策を多発するのが常だ。トランプも例外ではない。とはいえ多くの大統領は次期大統領の重荷になるような重大な政策の発出は避ける。

ところがトランプは真逆だ。オバマが結んだイランとの核合意を離脱したあげく、ここへ来てイランへの制裁を強化した。さらにはオバマが国交回復を意図したキューバを再びテロ支援国家に指名した。

CO2削減を約したパリ協定からの離脱もある。いずれもオバマ=バイデンのコンビが結んだ国際協定を、あからさまに消しゴムで消し去る行為だ。

とりわけ念入りなのが対中国強硬政策だ。中国製品に高関税を課したのを手始めに、ファーウェイなど中国のIT企業を相次いで締め出し、テキサスの中国領事館を「スパイの根拠地」として閉鎖、さらには留学生を含む中国人らの滞在期限を10年から1カ月に短縮するなど矢継ぎばやに中国シャットアウト策を打ち出した。

さらにはウイグル人権法や香港人権法を定め、「内政干渉だ」と苛立つ中国の神経を逆撫でする。

1月6日、香港の警察が民主派の前議員ら50数人を「国家の転覆を狙った」として国安法違反で逮捕するや、ポンペイオ国務長官はすかさず香港警察の当局者や中国政府高官ら六人に米国内の資産凍結の制裁を課すと発表した。

とりわけトランプ政権が一変させたのは台湾の扱いだ。台湾関係法を利して台湾に最新の武器輸出を頻繁にし、台湾旅行法を定めて双方の政府高官らの往来を自由にした。

さらに1月9日、ポンペイオはこれまで中国に気兼ねして自粛してきた種々の制限をことごとく撤廃すると発表した。これによって米国と台湾双方の外交官や軍関係者らの接触が完全に自由になる。

いずれも習近平政権が主張する「一つの中国」を無視する政策だ。これらトランプが一変させた台湾の扱いから透けて見える。台湾を沖縄以上に(?)中国封じ込め政策のキーストーンとして認識している。

それもそのはず、ポンペイオは南シナ海における中国の領有権拡張を「完全に違法」と決めつけ、アメリカ、インド、オーストラリア、ニュージーランドの四カ国で「インド太平洋の安定」を守り抜く構えで、これに日本を参画させたい。

それを考えれば台湾はまさに中国封じ込め政策の要石の一つだ。

Getty logo

トランプからバイデンへ、「ページを後ろにめくるなよ」

そもそも「インド太平洋構想」は日本の首相・安倍晋三の発想による。いまではそれが前記4カ国の共通認識として熟した。

習近平・共産党政権がチベットやウイグル、内モンゴルでやっていることはヒトラーのナチス・ドイツと同じだ。香港、台湾にも魔の手を伸ばしている。彼らは建国100年目の2049年を期して、アメリカを経済的にも軍事的にも抜き去り、世界の覇権を握る野望をいまや隠さない。

いかに習近平政権が危険な存在か、それを最初にトランプに諄々と説いたのは安倍晋三だったと、トランプの側近スティーブ・バノン(戦略担当首席補佐官)が証言している。2017年2月、安倍が世界の首脳に先駆け、最初にトランプを訪ねたときのことだ。

その2カ月後、トランプは習近平をフロリダの別荘マール・ア・ラーゴに招いた。初対面の習近平に、トランプは訊いた。

「アンタは王様(King)かい?」

「いや、主席(Chairman)です」

「だって終身(死ぬまで)主席なら王様と同じじゃないか」

習近平は返事ができない。なぜトランプが、こんな質問をするのかわからなかったに違いない。アメリカは欧州の王権や神権の迫害から逃れた新教徒(プロテスタント)によって建国された。

よって建国の父たちは、ローマの(帝政ではなく)共和制を範として国造りをした。だからアメリカ人は徹底的に王様や独裁者を嫌う。トランプの質問には独裁者・習近平への嫌悪感がにじみ出ている。

トランプが採った一連の厳しい対中政策は、安倍が焚きつけたといっても過言ではない。安倍もトランプも去ったいま、習近平はフリーハンドを得た思いに違いない。

くらべてオバマ=バイデンのコンビは中国の東・南シナ海への領有権拡張、人工島の軍事化、ウイグル族の人権弾圧、さらには北朝鮮の核保有を黙認した。

大統領選に勝利したバイデンは「ページをめくる時が来た」と演説した。トランプが強化する対中強硬政策は、間違ってもページを後ろにめくるなよというメッセージだ。

関連する投稿


与党に「中国共産党」を抱える、日本の悲劇|門田隆将

与党に「中国共産党」を抱える、日本の悲劇|門田隆将

上程されず、葬られた対中非難決議。池田大作氏以来“中国絶対”を続ける公明と媚中派が牛耳る自民執行部が、どのように対中非難決議を握りつぶしたのか。その舞台裏に迫る!


中国国家ぐるみの犯罪 JAXA攻撃とレンタルサーバー|山崎文明

中国国家ぐるみの犯罪 JAXA攻撃とレンタルサーバー|山崎文明

日本および朝鮮半島を担当するハッキング集団「中国61419部隊」の女性軍人が依頼したのは「レンタルサーバーの契約」だった。レンタルサーバー無法国家・日本で今、中国の工作・情報窃取がかつてないほど深刻化している。これは決して他人事ではない!


アフガンの鉱物資源を狙う中国|奈良林直

アフガンの鉱物資源を狙う中国|奈良林直

バイデン政権はアフガニスタンからの撤退を正当化する理由として、戦略的に重要な中国との抗争に米軍の資源を集中できると説明してきた。拙速な米軍撤退が逆に中国を利する結果を招くとすれば、これ以上の皮肉はない。


タリバン勝利で米中対立構図に変化も|田久保忠衛

タリバン勝利で米中対立構図に変化も|田久保忠衛

タリバンに最も影響力を及ぼす国家として脚光を浴びるのはパキスタンだ。そのパキスタンは世界第7位の核保有国で、2019年現在で約150個の核兵器を持っていることを忘れてはならない。


【読書亡羊】中国分析の「解像度」をあげていこう! 中川コージ『巨大中国を動かす紅い方程式』

【読書亡羊】中国分析の「解像度」をあげていこう! 中川コージ『巨大中国を動かす紅い方程式』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガニスタンからの邦人等退避措置をめぐって見当外れの政府批判は御免被りたい。問題の根源は深いところにあるのだ。


河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

反原発団体や立憲民主党と同一の主張を繰り返す河野太郎氏。当時外相だった河野氏は、何ら指摘されてもいないのに、国際原子力機関(IAEA)に対して、「日本はプルトニウムを減らす」と宣言してしまった。「河野談話」に匹敵する「第二の河野談話」である。


安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

河野氏の防衛相時代、自衛隊グッズのオークションといった人気取り行事は多かったが、同氏の政策が日本の防衛のためにプラスとなったかといえば、マイナスの方が多かったと言わざるを得ない。


「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

8月26日、岸田文雄前政調会長が総裁選への出馬を表明。9月3日、菅義偉総理が総裁選への不出馬を表明。8日には高市早苗前総務相、10日には河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式表明。この国を守れるのはいったい誰なのか。絶賛発売中の月刊『Hanada』2021年10月号より、山際澄夫氏の連載「左折禁止!」を特別無料公開!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!