『捏造された徴用工無き徴用工問題』日本人が書いた率直な「徴用判決」批判|メディアウォッチ編集部

『捏造された徴用工無き徴用工問題』日本人が書いた率直な「徴用判決」批判|メディアウォッチ編集部

ある愛韓派日本人の快刀乱麻、韓国大法院「徴用判決」批判。合理的な韓国人ならば受け入れざるを得ない徴用工問題解決法。


2018年10月、韓国大法院は、いわゆる「強制徴用賠償判決」という歴史的判決において、新日本住金に賠償を命じた。「徴用判決」といえば当然、原告たちは日帝時代当時徴用工であるべきだ。しかし、原告の中で徴用工は一人もいなかった。『捏造された徴用工無き徴用工問題』韓国語版(原題:『でっちあげの徴用工問題』)は、このように日帝時代の徴用工問題に関する、我々が基本的に誤って認識している事実関係を正しながら始まる。

原著者である西岡力モラロジー研究所及び麗澤大学教授は、1977年から日韓両国を往来しながら各種交流活動を行い、普通の韓国人よりも韓国語を流暢に話す「親韓派」を越えた「愛韓派」として知られる人物だ。しかし遺憾にも現在、日韓両国は慰安婦問題を越え、徴用工問題によって極限対峙といっていいほど、両国の国民感情はこれ以上悪くなりようがない程である。故に西岡氏は、一旦自身の「第二の故郷の人々」に徴用問題に関して自身の「第一の故郷の人々」の立場からありのまま率直に伝える作業を決心した。真実によって、二つの故郷の人々が和解できるというのが善を信じる彼の信念である。こうして世に出た作品が、今回の『捏造された徴用工無き徴用工問題』韓国語版(原題:『でっちあげの徴用工問題』)である。

『捏造された徴用工無き徴用工問題』表紙
12月24日(木)に出版。https://www.zenkyokyo.net/assert/1824

韓国の立場があるように、日本にも日本の立場がある

書籍は冒頭から、韓国の「徴用判決」内容を項目ごとに批判する。判決に対する批判だが、専門的な内容は極力避けており誰でも分かり易く読める。

「徴用判決」は何よりもまず国際違反だ。実際、徴用問題は、両国間では日韓国交の原点ともいうべき1965年「韓日基本条約及び請求権協定」(以下、日韓協定)で公式的に終結している。韓国が徴用問題を自ら解決できず再度日本に不当な提起をしようというのは、事実上両国の国交破棄を要求することと同じだという点を韓国人は認識すべきだと、西岡教授は淡々と語る。この問題は絶対に、日本の特定政権が受容するとか、あるいは受容できないといった類の問題ではないのである。

関連する投稿


米教授「慰安婦」論文への批判に問題あり|西岡力

米教授「慰安婦」論文への批判に問題あり|西岡力

ハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授が書いた戦時中の慰安婦に関する学術論文「太平洋戦争における性サービスの契約」は学界における一つの学説として存在価値が十分にある。求められるのは学術的討論であって、論文撤回要求や人身攻撃ではない。


韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

北朝鮮は敵でない、中国は戦略的協力同伴者と定める一方で、「韓国軍にとって協力への障害があるのは、世界で日本だけ」―日本を敵国認定した韓国国防白書。文政権下の韓国が今どこへ向かおうとしているのが一目瞭然だ。


柳錫春教授の授業全録音公開!「慰安婦は売春の一種、日本にだけ責任を問うことではない」|メディアウォッチ編集部

柳錫春教授の授業全録音公開!「慰安婦は売春の一種、日本にだけ責任を問うことではない」|メディアウォッチ編集部

「慰安婦は売春の一種、日本にだけ責任を問うことではない」―授業中に行った発言により大学を追われ社会から抹殺された柳錫春前延世大教授。この度、柳教授の授業を録音した音声を独自に入手した韓国メディアウォッチが、その全貌を明らかにする。柳教授が語った韓国社会でタブー視される慰安婦の不都合な真実。


韓国の法治を崩した「タブレット」に対する操作を明らかにする!|邊熙宰(ピョンヒジェ)

韓国の法治を崩した「タブレット」に対する操作を明らかにする!|邊熙宰(ピョンヒジェ)

「朴槿恵・チェスンシルゲート」は捏造されたと事件当初から主張し続けてきたメディアウォッチ代表顧問の邊熙宰(ピョンヒジェ) 氏。2月1日に発売された本『邊熙宰のタブレット使用説明書』が発売と同時に韓国で話題騒然となっている。韓国政治の根幹を揺るがす「朴槿恵・チェスンシルゲート」の嘘と真実を暴いた本書の序文を紹介する。


北朝鮮党大会、金与正氏降格の背景|西岡力

北朝鮮党大会、金与正氏降格の背景|西岡力

政治局員候補から外れ、党の第1副部長からただの副部長に降格された金与正氏。与正氏は、金正恩氏の総書記就任は時期尚早と反対したとされる――いま北朝鮮で何が起きているのか。「日朝首脳会談を検討」との情報も!


最新の投稿


世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

平成23年(2011年)3月11日は、いまを生きる私たちにとって忘れ得ぬ日となりました――安倍晋三前総理が初めて綴った東日本大震災と日本論。


ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

脱中国に舵を切り、関係諸国と「中国包囲網」を形成する英国のジョンソン首相。自由貿易協定、ウイグル人権制裁、北京五輪ボイコット――日本は英国と手を携えて自由主義国の気概を示せ。今こそ「新・日英同盟」を!


台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事が実際に起きた際、同盟国軍が血を流している時に、自衛隊だけは後方支援に徹するのか。そして、中国によるウイグル人抑圧を虐殺と断じて怒った米国の隣で、法律がないことを理由に知らぬ顔をする国でいいのか。北朝鮮との間で拉致問題という人道案件を抱える日本は、どのような顔をして米国に助力を要請するのだろうか。


習近平の頭脳狩り「千人計画」とは何か?|佐々木類

習近平の頭脳狩り「千人計画」とは何か?|佐々木類

知的財産を頭脳ごと盗み出す習近平による「千人計画」の全貌。対象者は学者だけでなくメディア関係者にも及ぶ。日本は今、野放し状態で中国などの草刈り場となっている!


なべやかん遺産|「歯」

なべやかん遺産|「歯」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「歯」!