なべやかん遺産|「手」

なべやかん遺産|「手」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「手」!


大切な「手」のインパクト

外見というのは大切である。外見の良し悪しで印象が変わってしまう。綺麗な顔に生まれただけで、人生においてかなりのアドバンテージを貰ったように思える。

「美人、可愛い子は良いな、食費なんてかからないだろう」

そんな独り言がついつい愚痴のように出てしまう。男子達のお誘いがあるだろうから、よっぽどのケチかセコイ奴でなければゴチになれる。

しかも、そんな機会が普通以上に多いはずだ。と、勝手にそんな想像をしてしまう自分。

とはいえ、人それぞれ見た目に違いがあるように好みも違う。「相手のどこを見てしまいますか?」という問いに様々な答えがある。人によっては「顔は気にならない、それよりも体」という人もいる。

では、体のどこを見ているのか?

胸とかお尻と答える人も多いが、昔、番組収録で女性出演者が「相手のどこを見てセクシーと感じるか?」という質問に「手」と答えた。この答えが意外と頭に残っていて、その後、人の手を意識して見るようになった。

芸能の世界には、パーツモデルという分野もある。その中でもハンドモデル、手タレというのがわりと有名だ。

ファッションやジュエリーに使われる美しく綺麗な手もあれば生活用品に使われる生活感のある手も重宝され、美しく綺麗な手よりもむしろ生活感のある手の方が需要が多いと聞いている。

顔と同様、手は常に出ている部分だ。サービス業によっては、手や腕に刺青があると採用されないという所もあるようだから、やはり人目に付くパーツなのだろう。だからこそ人々に様々な印象を与えるのである。

オードリー・ヘプバーンが年を取り、それでも綺麗だなと感じた人は多かったと思う。自分もその一人で、何歳になっても綺麗だと感じていたが、手を見た時に年齢を感じてしまった。アンチエイジングで顔の手入れをする人は沢山いる。

中には手入れどころかテコ入れしすぎて純正パーツが無くなるほど顔を作り上げてしまい違和感の塊の顔面の人もいる。でも、顔だけいじくりまわしても手もアンチエイジングしないと年齢がバレてしまうし、皺や皮膚のたるみで年寄り感が出まくってしまう。

ヒーローやホラーなどのキャラクターも手が良いとかっこ良さが増す。アイアンマンも手に特徴があり商品価値もあるし、半魚人ギルマンの水かきのある手も見事なデザインと造形だ。ホラー映画などでも、手だけで怖がらせるシーンがあったりして、手のインパクトは大切だ。
 

鬼の手は縁起物

今回は我がコレクションルームにある様々な手をご紹介しよう。
 まずはキツネの手。いきなりそれかよって思うかもしれないが、これも立派な特殊造形品だ。映画用に作られたものだが、本物のキツネの毛を使っているので触り心地もよい。可愛くてついつい握りたくなる手をしている。 

キツネの手。触り心地が良く、ずっと握っていたくなる。

関連する投稿


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


ストレス発散の贈り物|なべやかん遺産

ストレス発散の贈り物|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ストレス発散の贈り物」!


なべやかん遺産|「コレクションの飾り方」

なべやかん遺産|「コレクションの飾り方」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「コレクションの飾り方」!


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった