なべやかん遺産|「東宝怪獣雛形」

なべやかん遺産|「東宝怪獣雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東宝怪獣雛形」!


若狭さん造形の雛型。大御所の作るゴジラの迫力!!

神社に祀られているようなフォルム

ゴジラが横綱なら大関、関脇、小結になるのは同じ映画会社の東宝怪獣だ。ゴジラ映画に登場した怪獣達はやはり特別な扱いを個人的にしている。

『ゴジラvsメカゴジラ』(1993)に登場したメカゴジラとベビーゴジラの雛形があるので紹介しよう。まずはメカゴジラ。久々に登場のメカゴジラは試行錯誤のデザインだった。

デザイン画でも何枚もある。試行錯誤されたキャラこそ雛型はかなり大切なものになるはずだ。雛型は立体にするための設計図のようなものだからね。

 ベビーゴジラのデザインも色々と悩みがあったようだ。ミニラ的にするか『ゴジラvsキングギドラ』に登場したゴジラザウルス的にするか。(Tレックス的な感じ)

結果的にゴジラザウルスの感じになったが、ゴジラザウルスに比べるとかなり可愛らしい顔であり体の色も怖さはあまりない。93年は『ジュラシック・パーク』が公開された年でもあるので、それに影響されミニラ的よりも恐竜的なデザイン採用になったのだろう。

体のシルエットはTレックス的でもある。これらの雛形は超少量生産で販売された。どちらも素晴らしいデザインと造形なので手に入れられてよかったと思っている。とてもラッキーだった。

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』には、三匹の怪獣の他、アンギラス、バランも初期段階では登場予定だった。

その為、二匹の怪獣の雛型も作られていて、そのうちの一匹、バランの雛型がM1号から発売された。個人的にバランは大好きな怪獣なので、色んなメーカーさんから「どの怪獣を作って販売したらいいでしょう?」と聞かれる度、「バランをお願いします」と言っているが毎度却下されてしまう。

老舗である『ビリケン商会』さんには250回くらい「バランを作りましょう」と言っているが、苦笑いされて終わり。バランという怪獣はマイナーだが、単独で映画にもなっているし、怪獣らしいデザインで実に美しいのだ。バラン雛型の写真を見てもらうとわかると思うが、造形した品田さんからもバラン愛が伝わって来る。

神社に祀られているようなフォルムのバラン。思わず神社に奉納したくなる。この姿、劇中で見たかったな。もしも雛型のような完成度の高いスーツが作られていたら、バラン人気も上昇していたに違いない。今からでも遅くない、バランを映画で復活させてくれ。

 前回に引き続き『雛型』に拘ってみたが、拘ってしまう理由も写真を見ていただければわかったはず。出来のいいガレージキットも素晴らしいが、雛型は本物の説得力がある。老後はこれらを見つめて過ごす予定。何時間でも見ていられるね。

ベビーゴジラは可愛いが恐竜的。

メカゴジラの雛型はかっこいいの一言。

関連する投稿


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


ストレス発散の贈り物|なべやかん遺産

ストレス発散の贈り物|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ストレス発散の贈り物」!


なべやかん遺産|「コレクションの飾り方」

なべやかん遺産|「コレクションの飾り方」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「コレクションの飾り方」!


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった