なべやかん遺産|「東宝怪獣雛形」

なべやかん遺産|「東宝怪獣雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東宝怪獣雛形」!


止まらないゴジラ愛

特撮が好き、キャラクターが好き、その中で何が一番好きかと聞かれたら迷わず「ゴジラ」と答える。ヒーローも好きだし宇宙人も怪人も好きだけど、巨大怪獣がやっぱりいいね。特撮世界だから非現実的なものを見せてもらいたいわけだから、等身大より巨大、巨大でもロボットではなく生物がいい。

そうなると、やっぱり怪獣って事になり、怪獣と言ったら“ゴジラ”なのだ。『月刊Hanada』連載時から何度もゴジラ愛を書いているが、何度同じ事を書いてもこの愛は止まらない。

日本には世界に類を見ない程、沢山の怪獣がいる。それら全ての始まりがゴジラであるのだ。怪獣と言えば『ウルトラマン』には沢山の怪獣が登場している。そんなウルトラマンもゴジラ抜きでは語れない。

第一次怪獣ブーム時代の子供達がバイブルとして読んでいた円谷英二監修『怪獣大全集1 円谷怪獣のひみつ』(ノーベル書房)にはゴジラ世界とウルトラマン世界が繋がる設定がいくつか書かれている。ゴジラの出現が全ての始まり。そんな事を知ってしまうと、興奮状態もMaxだ。

仮に地球の何処かで巨大怪獣が本当に現れたとしたら人々は「ゴジラ」と言うに決まっている。ニュースや新聞にも「ゴジラ出現」と書かれるだろう。

同じ有名キャラでも、巨大ネズミや二本足のネズミを見ても「ミッキーマウスだ」って言う人は少ないと思うよ。(マニアは「ネズラ」と言うだろうな)だからゴジラは凄い。凄すぎる怪獣なのだ。

 大好きなゴジラであるが、リアル造形のガレージキット類は数えられるくらいしか持っていない。何故持っていないかというと、好きすぎて中々納得のいく造形の物がないから入手していない。

造形物で一番説得力があるのが、撮影用の物。たとえ適当でチープな作りであっても、それこそが本物だから納得出来るのだ。

教科書に載せるべき6人

前回の原稿で『雛型』について書いたが、今回はゴジラと東宝怪獣の雛型を紹介したい。雛型とは、メインとなる造形物を作る前に作られる検討用モデルである。

造形担当者がミニサイズで作り、監督やスタッフがそれを見ながら意見を言い合う。だからとても大切な造形物になる。

 ゴジラの撮影用スーツだが、顔はメインとなる造形師が作り、体は数人で作ったりしている。ゴジラの顔を彫刻した人は利光貞三さん、安丸信行さん、小林知己さん、若狭新一さん、品田冬樹さん、竹谷隆之さんの6人。

日本を代表するキャラクターを作った人達なのだから教科書に載せてもらいたいくらいだ。文科省のお偉いさん、いかがでしょう?

 今回紹介するゴジラ雛形は二種類あり、まずは『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001)に登場したゴジラ。造形は品田さん。

このゴジラの特徴は黒目がない。撮影用の対バラゴン用ゴジラスーツは今までのどのヌイグルミよりも大きく作られたのでスーツアクターを務めた吉田瑞穂さんは大変だったと思う。ちなみに吉田さんとはここ最近都内某所で頻繁にお会いしている。

このゴジラヘッドは、ラフに作られた雛型の頭を使い品田さんの手によってモールドが作り込まれた。DVDの『GODZILLA FINAL BOX』をHMVで予約購入した人に特典としてプレゼントされた。ソフビ製造はM1号。

『GODZILLA FINAL BOX』HMV予約購入特典には『ゴジラ FINAL WARS』(2004)の雛形ヘッドも付いていた。若狭さんが作った雛形はみぞおちまで作られているが、特典としてプレゼントされたものは肩のラインで真っすぐカットしソフビにしている。

『ゴジラ FINAL WARS』のゴジラは、スピーディーな動きをするためシャープな顔になっている。脚本によってゴジラの造形も変わるので、そこも面白いのだ。

品田さん造形の雛型ヘッド。これぞ本物の説得力。

関連する投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


なべやかん遺産|手踊り人形

なべやかん遺産|手踊り人形

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「手踊り人形」!


なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「なつやすみ大作戦2022」!


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「フィギュアイベント」!


最新の投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!