なべやかん遺産|「キングギドラ」

なべやかん遺産|「キングギドラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「キングギドラ」!


「今日一日、どれくらい怪獣の事を考えましたか?」

一日の終わり、就寝する前に必ず自分自身に問う事がある。

「今日一日、どれくらい怪獣の事を考えましたか?」

「怪獣が好きだ」とか「特撮が好きだ」とか言っておきながら、一日の中で一回も考えないのであれば本当に怪獣が好きとはいえない。怪獣好きとして落第点。

一日の中でどれだけ“怪獣”を考えていたか、自分に問う事で「お前は怪獣が本当に好きなのだな。フフフ」と怪獣や特撮に憑りつかれた自分に笑みを浮かべる。まぁ、いわゆる病だな。(笑)

怪獣や特撮を考えると言っても、それら全般を考えるわけではない。その時々によるマイブームがあり、ゴジラやウルトラマンの時もあれば、等身大の仮面ライダーや戦隊シリーズの時もある。最近はハリウッド映画のアイアンマンやエイリアンやターミネーターであることが多い。

ハリウッド映画関係を考える時間が多かったとしても、基本であるゴジラやキングコングなどを考えない日は無いので、やっぱり巨大生物が好きなのだと自覚している。そういった事を一日の終わりに思うのだが、ここ最近はキングギドラの事を考える時間が一番多かった。
 
キングギドラは首が3つ、尻尾が2本、巨大な羽があって金色というゴージャスな怪獣だ。キングギドラは西洋のドラゴンでありアジアの龍である。
 
キングギドラの事を考える時間が多かったのは、CS放送で『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)を観たからだ。ハリウッド映画でゴジラ作品が作られるのはとても嬉しい。毎回劇場でちゃんと観ているのだが、不思議でしょうがないのがアメリカ人にはゴジラの姿がどう見えているのかということだ。

アメリカにもゴジラファンは沢山いる。おそらく彼らがゴジラを好きな理由は、日本のゴジラを見てかっこいいと思ったからだろう。歴代の日本のゴジラは作品によってデザインなどが違っているが、ゴジラとしてのプロポーションはちゃんと保たれていた。

村瀬さんのキングギドラ。美しすぎる。台座も立派。

裏側には村瀬継蔵さんのサインを書いていただいた。

台座サイン中の村瀬さん。

関連する投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


なべやかん遺産|手踊り人形

なべやかん遺産|手踊り人形

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「手踊り人形」!


なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「なつやすみ大作戦2022」!


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「フィギュアイベント」!


最新の投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。