「テレワーク」の「テレ」の意味は「離れたところ」|電脳三面記事

「テレワーク」の「テレ」の意味は「離れたところ」|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。今回は新型コロナ感染拡大によってなし崩し的に始まった「テレワーク」から、いま抱えている問題点を探ります。


「テレハラ」「ズムハラ」が生まれそう

始まりましたね~、テレワーク。こうなると、もともと在宅勤務だったフリーランサーが、どうしたら百万円もらえるかどうか案じながらも、「朝はちゃんと着替えろ」だの「だらだら仕事するな」など、“テレワークの極意”のようなものを上から目線でいろいろ言ってしまいがちで、実際にそのような現象も観測されているわけですが、一方で、オンライン会議などに懐疑的だった保守層も、いったん設定さえしてしまえばこんなに楽なものもないと気がついて、お得意の電話やメールで済む話も、すぐにやれズームだ、やれハングアウトだ、とつなぎたがって、帯域を圧迫される第三者としてもいい迷惑です。

そのうち「テレハラ」「ズムハラ」なんて言葉も生まれそう

少し前、制度に則って「今日は在宅勤務にします」と宣言した女性社員のところに、些細な理由を見つけては電話をして、本当に仕事をしているか確認しているふりをしながら邪魔と嫌がらせを両立させている男性管理職を目撃したことがありますが、いま思えば平和な時代だったのかもしれません。電話は声だけ、オンライン会議はwith映像。土足で踏み込まれる感はぐっと上がってしまうわけで、音声のみでの対応も可能とは言え、通常勤務に戻ったときによりいっそうギクシャクしていたりして。

ただ、私の周辺では3月下旬、ちょうど都民の気が緩んで花見三昧だと言われた三連休より前は、テレワークできる環境にあるにもかかわらず、出社していた人が多かったように思います。隣の人より先にサウナを出たくない、最後までいた人物こそが強いとでも言うような、つまりは精神論のようなものが残っていたんです。言われましたもの、「直接会わないと、話をした気がしない」って

ただその後、五輪の延期がようやく決まり、週末に雪が降ったことで2020年なのにちょっと世紀末感が漂って、志村けんが死んでしまって、むしろなんで政府は緊急事態宣言を出さないわけ? という雰囲気になったように記憶しています。

Getty logo

神頼みでは駄目です

で、テレワークが少し前進し、オンラインでの診療も門戸が広がり初診でもオッケーと相成って、これもテクノロジー的にはもっと早く実現できたはずが、いよいよ背に腹は代えられなくなったのですね。ただ、ITまわりのセッティングをすべて帰省する子供に任せていたコロナ最警戒世代が使えるようになるまでには、ちょっと時間がかかりそう。

もちろん、テレワークなんかじゃ商売成り立たないという人もいるわけで、多少は空いた駅から多少は空いた電車で通勤されるわけで、この通勤電車ははたして三密なのかそうでないのかという議論が暇をもてあました方々の間で人気ですが、これも日頃の怠惰ですよね。

通勤電車の乗車率が高いことはみんなが知っていて、みんなが問題だと思っていて、でも「そういうもの」として運営側は黙認してきた。ある意味、お客様の根性論・精神論に頼って、いま流行りの効率化を極めた格好だったわけで、もうそういうのやめましょうよ

その点、専門家会議のメンバーや都の会見に同席している医者の「神頼みではダメです」と、けんもほろろなリアリストぶりはすごいなと思います。私が最も感じる3・11との違いはここ。感染症対策は利権にならなくて、だからしがらみなく自分の知見に基づいて、テレビカメラの前でもSNSでもはっきりとものが言えるのかな。

そうしたプロの意見を鑑みて、判断する側にもプロであってほしいと神に頼むわ、ほんと



蛭  芸子(ビル・ゲイコ)
4月3日、プロ野球開幕が当初予定されていた4月24日から遅れることが判明したので、3月に入り直していたスカパー!のプロ野球セットはいったん解約しましたが、4月分は支払いが発生するそうなのでここに記録しておきます。せめてNHKみたいに、過去の名勝負くらい流してほしい。

月刊『Hanada』2020年6月雨蛙号

関連する投稿


新聞はあと5年でさらに1000万部減少する|下山進

新聞はあと5年でさらに1000万部減少する|下山進

タイトルは『2050年のメディア』だが未来を予想したものではなく現在ただいまの一冊。いまや誰もが当たり前のように使っているヤフーがどのように生まれ、ニュースのプラットフォームとして成長したのか、その一方でかつてのメディアの雄・新聞の地位が何故下がっていったのか……インターネット以降のメディアの内幕を描く本格ノンフィクション。著者は花田紀凱編集長の『週刊文春』時代の部下だった下山進氏。編集長が傑作と評する本書について直撃インタビュー!


最新の投稿


ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

「日本政府の肝っ玉はネズミより小さい」(李登輝)。日本政府はどこまで中国に遠慮すれば気がすむのか。米国の圧倒的な軍事力と経済力に日本はいつまで依存するのか。「米中関係の守護者」であるヘンリー・キッシンジャーの論考から、ポスト・コロナの世界を読み解く!日本にとってポスト・コロナの世界新秩序は、自由も法の支配もない大国が覇権を握る暗い時代かもしれない――。


【周庭インタビュー】中国の香港大弾圧はとまらない|聞き手・福島香織

【周庭インタビュー】中国の香港大弾圧はとまらない|聞き手・福島香織

中国の全国人民代表大会(全人代)は5月28日、香港での反中活動を取り締まる国家安全法制の導入を決めて閉幕した。香港では、中国の統制が強化されて「一国二制度」が崩壊しかねないとして懸念の声が広がり、今後抗議活動が激しくなることが予想される。『Hanada』2020年7月号では、”民主化の女神”周庭氏に独占インタビューを行い、新型コロナ感染拡大の中で闘う香港の人々について話を聞いた。聞き手はジャーナリストの福島香織さん。今回はそこから一部を抜粋して掲載。日本から香港にもっとエールを!


なべやかん遺産|「半魚人」

なべやかん遺産|「半魚人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「半魚人」!


トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

昨日「Yahoo!ニュース個人」で公開した記事が、まさかの非公開に…。というわけで、編集長が記した「幻の記事」を特別公開!この記事のどこに問題があるのか。表現の自由とは何なのか。あたかも大罪のようにトバク、トバクと非難する正義面した芸能人に物申す!


日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

中国共産党の海外工作ネットワークの本格研究本『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』。オーストラリアで中国が侵略を進めていっていたが、本書の刊行が強烈な「ウェイクアップ」となり、オーストラリアを変え、アメリカにも大きな影響を与えた――本書の監訳者・山岡鉄秀氏が解説を特別公開!