月刊『Hanada』2020年4月春愁号

月刊『Hanada』2020年4月春愁号

4月号も永久保存版!新型肺炎とは何なのか。犯人は習近平なのか。安倍政権の対応は大間違いか。厚労省は無能なのか。世界はどう対応したのか。武漢ウイルス研究所の謎とは…。新型肺炎の実態を豪華執筆陣があらゆる角度で徹底分析!告発スクープ「『つくる会教科書』不合格」「山本太郎の『放射能』」「野党はもはや『腐った魚』だ」「青木理は極悪レフェリー」「追悼・野村克也」などほかにも読みどころが満載!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年4月春愁号

【総力超大特集135ページ 新型肺炎の猛威と習近平独裁!】

□櫻井よしこ 人類が目撃した「異形の大国」の本性
□百田尚樹×石平 【憤激対談】安倍総理への最後の忠告
□山口敬之 武漢ウイルス研究所の謎
□長谷川幸洋 習近平独裁体制崩壊の序曲

□遠藤誉【スクープ!】新型肺炎パンデミックの真犯人は習近平
□福島香織 武漢人・湖北人狩りまで 新型肺炎残酷物語
□木村盛世 新聞テレビが報じない危機を招いた厚労省の重大欠陥
□高橋洋一×近藤大介×長谷川幸洋 AI技術で武漢市民を完全監視

□恵隆之介 新型肺炎と豚熱で沖縄玉城デニー県政沈没
□楊逸 芥川賞作家が告発!中国共産党の「殺人だ」
□青山繁晴 武漢熱クライシスを超えて【澄哲録片片】

□室谷克実 「武漢肺炎と言うな!」韓国「嫌中」大騒動
□山岡鉄秀 「正しく恐れよ」の大間違い【エア野党の会】
□堤堯×久保絋之 安倍政権の初期対応は歯がゆい限りだ【蒟蒻問答】
□山際澄夫 中国への忖度が安倍政権の命取り【左折禁止!】

□門田隆将 なぜそこまで中国が怖いのか【現場をゆく】
□有本香 安倍総理、日本を「中国の一部」にしないで【香論乙駁】
□九段靖之介 二階幹事長、小池都知事の無責任【永田町コンフィデンシャル】
□田村秀男 新型ウイルス禍を退ける日銀マネー【常識の経済学】

【特集 まだ劣化する野党】

□八幡和郎 野党はもはや「腐った魚」だ
□坂井広志 歩く風評被害 山本太郎の「放射能」 大反響! 山本太郎ファクトチェック2

【告発スクープ!】

□藤岡信勝 「つくる会教科書」不合格を決めた文部官僚の不正

【追跡!トリエンナーレ】

□篠原常一郎 トリエンナーレに韓国チュチェ思想の影【現地徹底取材】

【青木理徹底解剖】

□藤原かずえ 青木理氏は極悪レフェリー

【山田洋次監督への苦言】

□横尾忠則 見るのがつらいよ五十作目の「寅さん」

【追悼・野村克也】

□グラビア大特集 生涯一捕手
□瀬戸内みなみ わが人生に悔いなし 野村克也 職業=野球、趣味=野球、野村マイナス野球=ゼロ

【ビジネスインサイド】

□藤田章 レオパレス21株買い占め 村上世彰氏の狙い

【新連載 私のらくらく健康法】

□第三回 海原純子 「頑張る」のでなく力を抜こう (取材・文/笹井恵里子)

【新連載 暮らしの救急箱】

□笹井恵里子 第三回 マスクの予防効果を過信してはいけない

【新連載 ボケない食事】

□白澤卓二 第三回 置かれた場所で塩麺を食べなさい

【大反響連載!】

□佐藤優 猫はなんでも知っている なぜプーチンは北村滋国家安全保障局長と会ったのか
□D・アトキンソン 二つの島国で 別荘で盗人と鉢合わせ!?
□重村智計 トランプ再選を望む金正恩と、トランプ落選を期待する文在寅
□平川祐弘 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝
□西村眞 日本人、最期のことば・高杉晋作
□高田文夫 月刊Takada

□加地伸行 一定不易
□G・ボクダン 世界の常識を疑え
□蛭゛芸子 電脳三面記事
□河村真木 世界の雑誌から
□堤堯の今月この一冊
□編集部今月この一冊
□向井透史 早稲田古本劇場
□みうらじゅん シンボルズ
□岡康道 すべてはいつか、笑うため。
□高野ひろし イカの筋肉
□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ エンドロールはまだ早い
□小林詔司 コバヤシ鍼灸院
□村西とおる 人生相談「人間だもの」
□爆笑問題 日本原論

□編集部から、編集長から

関連する投稿


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!


「2020年10月号」新聞広告大公開!

「2020年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告は、読売新聞、産経新聞、西日本新聞に伏字あり!「バカ」は良くて「武漢」はダメ、「武漢」は良くて「バカ」はダメ。新聞社のスタンスがまるわかり、全4パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年9月号」新聞広告大公開!

「2020年9月号」新聞広告大公開!

9月号の新聞広告は、産経、読売、日経、地方紙(16紙)、すべて伏字なし!もちろん、中日新聞もOK!伏字ファンの方には申し訳ないのですが……これが本来のカタチです。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

月刊『Hanada』2020年9月秋茜号

香港は死んだ――。中国によって、殺されたのだ。次は台湾か、はたまた日本か。自由や人権を踏み潰す中国共産党に「礼儀」など必要だろうか。安倍総理・菅官房長官の2大独占インタビュー、総力大特集「中国の底知れぬ恐怖」(102ページ!)、高須院長×河村市長の「憤激対談」、特集「メディアが元凶」、「実子誘拐」告発キャンペーン第4弾、三峡ダム決壊“前夜”、韓国が早速クレーム「産業遺産情報センター」、など“偽善メディア”が報じない「論点」が9月号も盛りだくさん!読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

日本が習近平主席の天皇陛下との会見に道を開けば、香港弾圧や軍事力による周辺国への恫喝を認めてしまうことになる。まして、習主席から天皇ご訪中を要請されれば、1989年の天安門事件後、天皇ご訪中により西側の経済制裁に風穴を開けてしまった悪夢の再来だ。


月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

月刊『Hanada』2020年11月秋麗号

「ありがとう!安倍晋三総理」。ファクトなき印象操作で“安倍叩き”を続けた反日派をのぞいて、多くの国民が「ありがとう!」と思っているのではないだろうか。電撃退陣の内幕から菅総理誕生の秘話まで、月刊『Hanada』でしか読めない記事が満載!「中国で拘束116日間、はじめて明かされた全真相(独占スクープ!)」「津田大介、香山リカ、町山智浩ら大村愛知県知事応援団の卑劣」「小沢一郎ちゃっかり『総理宣言』」「最後まで返せなかった渡哲也への恩」「自粛ストレスこそがコロナ禍の『癌』」など、11月号も永久保存版!事実を報じない新聞やテレビにうんざりしている方たちに捧ぐ!


永田町の政治家が読むべき、菅総理の愛読書|花田紀凱

永田町の政治家が読むべき、菅総理の愛読書|花田紀凱

ついに発足した菅内閣。菅総理は、どういった基準で人選していったのか。そのヒントとなるのが、菅総理の愛読書『リーダーを目指す人の心得』(コリン・パウエル著、飛鳥新社刊)。本書の内容を紹介しながら、菅内閣人事の核心に迫る!


人道的危機下の南モンゴルに関与を|楊海英

人道的危機下の南モンゴルに関与を|楊海英

中国による南モンゴルへの弾圧がとまらない。いま小学生から高校生までの児童・生徒、そしてその保護者とメディア関係者、大学教師、公務員など、モンゴル人は民族を挙げて中国政府の文化的ジェノサイド政策に反対の声を上げている。モンゴル人たちの命を懸けた闘いに日本も積極的に関与し、モンゴル人を応援してほしい。