月刊『Hanada』2020年4月春愁号

月刊『Hanada』2020年4月春愁号

4月号も永久保存版!新型肺炎とは何なのか。犯人は習近平なのか。安倍政権の対応は大間違いか。厚労省は無能なのか。世界はどう対応したのか。武漢ウイルス研究所の謎とは…。新型肺炎の実態を豪華執筆陣があらゆる角度で徹底分析!告発スクープ「『つくる会教科書』不合格」「山本太郎の『放射能』」「野党はもはや『腐った魚』だ」「青木理は極悪レフェリー」「追悼・野村克也」などほかにも読みどころが満載!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年4月春愁号

【総力超大特集135ページ 新型肺炎の猛威と習近平独裁!】

□櫻井よしこ 人類が目撃した「異形の大国」の本性
□百田尚樹×石平 【憤激対談】安倍総理への最後の忠告
□山口敬之 武漢ウイルス研究所の謎
□長谷川幸洋 習近平独裁体制崩壊の序曲

□遠藤誉【スクープ!】新型肺炎パンデミックの真犯人は習近平
□福島香織 武漢人・湖北人狩りまで 新型肺炎残酷物語
□木村盛世 新聞テレビが報じない危機を招いた厚労省の重大欠陥
□高橋洋一×近藤大介×長谷川幸洋 AI技術で武漢市民を完全監視

□恵隆之介 新型肺炎と豚熱で沖縄玉城デニー県政沈没
□楊逸 芥川賞作家が告発!中国共産党の「殺人だ」
□青山繁晴 武漢熱クライシスを超えて【澄哲録片片】

□室谷克実 「武漢肺炎と言うな!」韓国「嫌中」大騒動
□山岡鉄秀 「正しく恐れよ」の大間違い【エア野党の会】
□堤堯×久保絋之 安倍政権の初期対応は歯がゆい限りだ【蒟蒻問答】
□山際澄夫 中国への忖度が安倍政権の命取り【左折禁止!】

□門田隆将 なぜそこまで中国が怖いのか【現場をゆく】
□有本香 安倍総理、日本を「中国の一部」にしないで【香論乙駁】
□九段靖之介 二階幹事長、小池都知事の無責任【永田町コンフィデンシャル】
□田村秀男 新型ウイルス禍を退ける日銀マネー【常識の経済学】

【特集 まだ劣化する野党】

□八幡和郎 野党はもはや「腐った魚」だ
□坂井広志 歩く風評被害 山本太郎の「放射能」 大反響! 山本太郎ファクトチェック2

【告発スクープ!】

□藤岡信勝 「つくる会教科書」不合格を決めた文部官僚の不正

【追跡!トリエンナーレ】

□篠原常一郎 トリエンナーレに韓国チュチェ思想の影【現地徹底取材】

【青木理徹底解剖】

□藤原かずえ 青木理氏は極悪レフェリー

【山田洋次監督への苦言】

□横尾忠則 見るのがつらいよ五十作目の「寅さん」

【追悼・野村克也】

□グラビア大特集 生涯一捕手
□瀬戸内みなみ わが人生に悔いなし 野村克也 職業=野球、趣味=野球、野村マイナス野球=ゼロ

【ビジネスインサイド】

□藤田章 レオパレス21株買い占め 村上世彰氏の狙い

【新連載 私のらくらく健康法】

□第三回 海原純子 「頑張る」のでなく力を抜こう (取材・文/笹井恵里子)

【新連載 暮らしの救急箱】

□笹井恵里子 第三回 マスクの予防効果を過信してはいけない

【新連載 ボケない食事】

□白澤卓二 第三回 置かれた場所で塩麺を食べなさい

【大反響連載!】

□佐藤優 猫はなんでも知っている なぜプーチンは北村滋国家安全保障局長と会ったのか
□D・アトキンソン 二つの島国で 別荘で盗人と鉢合わせ!?
□重村智計 トランプ再選を望む金正恩と、トランプ落選を期待する文在寅
□平川祐弘 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝
□西村眞 日本人、最期のことば・高杉晋作
□高田文夫 月刊Takada

□加地伸行 一定不易
□G・ボクダン 世界の常識を疑え
□蛭゛芸子 電脳三面記事
□河村真木 世界の雑誌から
□堤堯の今月この一冊
□編集部今月この一冊
□向井透史 早稲田古本劇場
□みうらじゅん シンボルズ
□岡康道 すべてはいつか、笑うため。
□高野ひろし イカの筋肉
□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ エンドロールはまだ早い
□小林詔司 コバヤシ鍼灸院
□村西とおる 人生相談「人間だもの」
□爆笑問題 日本原論

□編集部から、編集長から

関連する投稿


月刊『Hanada』2020年5月初夏号

月刊『Hanada』2020年5月初夏号

5月号も永久保存版!なぜ早期に、安倍首相は中国全土からの入国禁止をしなかったのか。コロナ・ショックで日本経済はどうなるのか。イタリアの失敗の本質、習近平の宣伝戦、テレビ報道の欺瞞、コロナ後の世界など「武漢肺炎」をあらゆる角度から徹底分析!テレビ報道ではわからない、わからなかった情報や秘話が満載。「『実子誘拐ビジネス』の闇!人権派弁護士らのあくどい手口」(告発スクープ!)、「教科書検定問題徹底追及第2弾!」など注目記事が盛りだくさん。5月号は伝説の号に、きっと、なる!


「2020年5月号」新聞広告大公開!

「2020年5月号」新聞広告大公開!

完売続出の5月号。今回の新聞広告もかなりおもしろい展開に…。「武漢肺炎」「武漢ウイルス」がOKなところもあれば、NGなところも。なかには「親日国・台湾」がNGな新聞社も。あなたの新聞はどのタイプでしょうか。新聞社のスタンスがまるわかり、全5パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年4月号」新聞広告大公開!

「2020年4月号」新聞広告大公開!

4月号の新聞広告。産経新聞からまさかのダメ出しが…。八幡和郎氏「野党はもはや腐った魚だ」に、「頭から腐っているのはアンタだよ、辻元清美議員」というキャッチをつけたら、産経新聞がこれは載せられないと。理由は国会議員に対して失礼云々。しかし、一国の総理に向かって失礼な発言を連発する辻元議員のほうがよほど失礼でしょう。読売、日経はOKでしたが、産経はキャッチの文言を変更することに……。 広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


「2020年3月号」新聞広告大公開!

「2020年3月号」新聞広告大公開!

「違い」がわかるみなさまへ。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!あなたが読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年3月春雷号

月刊『Hanada』2020年3月春雷号

「はい、終わり。日本は終わりです」の「山本太郎」、野党連合政権を目指す「共産党」、逃げ恥「ゴーン」、韓国最大の反日組織「VANK」、皇室を歪める「内閣法制局」、野党の「軍事音痴」、暴飲暴食が止まらない「金正恩」、無能の帝王「習近平」、主権を守った「台湾」、「除染詐欺」の広告塔「森ゆうこ」、反日種族主義代表幹事(?)の「青木理」など、3月号も話題の記事が満載!「なんでも反対」の野党やメディアに代わって、重要課題を提起!読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


なべやかん遺産|「大魔神」

なべやかん遺産|「大魔神」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し!


月刊『Hanada』2020年5月初夏号

月刊『Hanada』2020年5月初夏号

5月号も永久保存版!なぜ早期に、安倍首相は中国全土からの入国禁止をしなかったのか。コロナ・ショックで日本経済はどうなるのか。イタリアの失敗の本質、習近平の宣伝戦、テレビ報道の欺瞞、コロナ後の世界など「武漢肺炎」をあらゆる角度から徹底分析!テレビ報道ではわからない、わからなかった情報や秘話が満載。「『実子誘拐ビジネス』の闇!人権派弁護士らのあくどい手口」(告発スクープ!)、「教科書検定問題徹底追及第2弾!」など注目記事が盛りだくさん。5月号は伝説の号に、きっと、なる!


「2020年5月号」新聞広告大公開!

「2020年5月号」新聞広告大公開!

完売続出の5月号。今回の新聞広告もかなりおもしろい展開に…。「武漢肺炎」「武漢ウイルス」がOKなところもあれば、NGなところも。なかには「親日国・台湾」がNGな新聞社も。あなたの新聞はどのタイプでしょうか。新聞社のスタンスがまるわかり、全5パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


 Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

Darkness of child abduction business|Nozomi Makino

In Japan today, parental child abductions occur on a daily basis, and false DV claims are fabricated to justify them. A father, whose child was abducted, accuses so-called "human rights groups" of defamation. His case shows their fraudulent business in quite some detail. Their dirty tricks are finally revealed!


新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

新型コロナ蔓延は中国共産党の「殺人だ」|楊逸

中国出身で2012年に日本国籍を取得した芥川賞作家が、涙と怒りの告発! 文化大革命の経験から、中国政府を信用してはいけない事を身をもって知り、「彼らは想像をはるかに超える残酷なことを平気で行う」と日本人に警告。