安倍総理「台湾加油」で深まる日台の絆|金美齢

安倍総理「台湾加油」で深まる日台の絆|金美齢

「台湾加油」 安倍総理が地震に見舞われた台湾に向けて色紙に揮毫した文字です。 2月6日深夜(日本時間7日未明)、台湾東部で地震が発生し、花蓮市では12階建て集合住宅兼ホテルが倒壊、死者9名、日本人を含め負傷者200名を超える被害が出ました。


〈安倍首相からのお見舞いは、まさかの時の友は真の友、まさにその通りです。このような困難な時の人道救助は正に台日双方の友情と価値観を体現するものだと思います。本日、日本から7名の専門家が人命探査装置を持って訪台して頂きました。これにより、更に多くの被災者の救出に繋がることを望みます〉

私はこのやり取りを見て、深い感慨を覚えました。もちろん、地震は不幸な出来事です。しかし、つらい時にこそ互いを助けられる日台は、まさに「真の友」になったのだと感じるからです。

余談ですが、「まさかの時の友は真の友(A friend in need is a friend indeed.)」という言葉は、第一次安倍政権で辞任した安倍総理に私がかけた言葉です。勢いがあるときに美味しい思いをしようと寄ってくる人は多いけれど、苦しい時、力を失っているときに手を差し伸べてくれる人は少ない。しかしそれこそが真の友。こういう時にこそ、互いの関係の真価が問われるのです。

日台は運命共同体

台湾でもこの安倍総理のメッセージについて多くのメディアが報じており、台湾の知人からも、「ニュースで大きく取り上げられている」との情報や、「安倍総理のメッセージは心強い」との感想が寄せられました。

また、この情報発信はまさに「機を見るに敏」であり、安倍総理の外交センスの良さと、スケールの大きさを実感しました。地震の被害に見舞われた花蓮という地名ではなく、「台湾」と書いたこと、これ自体に大きな意味があるのです。

公式には外交関係のない日台の間では、これまで公の場で「台湾」という名前を出すこと自体がタブー視されている風潮がありました。もちろん中国を慮ってのもので、これだけ言論の自由を謳歌できる日本社会において、なぜこうも台湾ばかりが粗末に扱われるのかという思いを、台湾人自身も持っていました。

その象徴が東日本大震災の時の「お礼広告」です。台湾から寄せられた多くの義援金を受け取りながら、民主党政権の日本政府は、菅直人首相の署名入りの「お礼広告」を米英仏韓露中6カ国の7つの新聞に掲載したのに対し、台湾の新聞には掲載しませんでした。台湾が寄せてくれた友情に対する礼儀すらなっていない、恥ずべき態度でした。

これに怒りを覚えた民間人が資金を募り、交流協会を通じて感謝広告を掲載しましたが、これは外交的に軽視されてしまう台湾人の悲哀を、民間交流で癒すことになった。いわば、「片思い」だった日本への思いが日本に通じ、相手からも返ってきた、戦後初めての出来事だったのです。

今回の安倍総理のメッセージも、この土台の上にあったのでしょう。

日台の絆は単なる民間交流だけでなく、安全保障にも影響を及ぼすものです。中国という巨大な敵が海洋進出するためには、沖縄から台湾、そしてフィリピンと連なる島々の間を通らなければならない。まさに、この地帯は中国の海洋進出を阻む防波堤です。台湾が中国の手に落ちればこの地域が中国の覇権に染まってしまう。そうなれば、日本の安全保障も大きく揺らぐことになります。

私が事あるごとに「日台は運命共同体」だというのはこのためです。安倍総理もそのことが分かっているからこそ、地震という日本にとっては最も痛みのわかる傷ましい出来事が発生した直後に、台湾に対してメッセージを送ったに違いありません。

さらに日本は地震発生後、即座に行方不明者の捜索・救助のための専門チームの派遣を決定しました。そして台湾は日本からの救援チームは「高度な機材を持っている」などとして受け入れる一方、中国からの支援の申し出を「人員や物資は足りている」と断ったのです。ここに新たな日台関係の在り方を見てとるのは私だけではないはずです。

台湾をのけ者にする人たち

関連する投稿


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


ウイグルの自由と独立のためともに闘う!|和田政宗

ウイグルの自由と独立のためともに闘う!|和田政宗

中国政府は「ウイグル人はテロリストでテロ組織に属している」という主張を展開し、「ウイグル人は中国国内において弾圧されていない」という世論工作活動を世界各地で展開している――。(サムネイルは日本ウイグル協会Xより)


【読書亡羊】中国軍人の危険な書、なぜ「台湾統一」の項は削除されたのか  劉明福『中国「軍事強国」への夢』(文春新書)

【読書亡羊】中国軍人の危険な書、なぜ「台湾統一」の項は削除されたのか 劉明福『中国「軍事強国」への夢』(文春新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

ジャニーズ事務所会見での「指名NGリスト」が騒ぎになっているが、そもそも記者会見とは何か、ジャーナリズムとは何か、それらをはき違えた人物たちにより我が国のジャーナリズムが破壊されることは、ジャーナリズム出身者としても許せない。(サムネイルはYouTubeより)


イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者とは何者か|石井陽子

イーロン・マスクが激奨する38歳の米大統領選候補者とは何者か|石井陽子

米史上最年少の共和党大統領候補者にいま全米の注目が注がれている。ビべック・ラマスワミ氏、38歳。彼はなぜこれほどまでに米国民を惹きつけるのか。政治のアウトサイダーが米大統領に就任するという「トランプの再来」はなるか。


最新の投稿


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!


【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。外交交渉の具体的アイデアを全く示すことができないコメンテーターたち。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

数カ月もすると、拘束される人は精神状態がおかしくなり、外に出て太陽の光を浴びるため、すべてのでっち上げられた罪を自白する人もいる。中国当局のやり方が深刻な人権侵害であることは言うまでもない。


首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

ハマスやレバノンの武装勢力ヒズボラをイランが操り、その背後に中露両国がいる世界的な構図がはっきりしてこよう。