月刊『Hanada』2020年1月門松号

月刊『Hanada』2020年1月門松号

右でも左でもない。大手マスコミが報じない「ファクト」が1月号も満載!文在寅の「反日種族主義」(総力大特集)、万年野党へのブーメラン(総力特集)、朝日新聞からの抗議の手紙への反論(上念司)、魂を揺さぶる憂国の大演説(百田尚樹)、「伊藤詩織事件」(小川榮太郎)、香港と中国の深層、首里城焼失の「真犯人」、黙殺された公開質問状(河村市長)、高橋純子をつまらせろ!(桑原総)、永久保存版の「グラビア特集」などすべて必読!爆笑問題をはじめ豪華連載陣も魅力のひとつ。


月刊『Hanada』2020年1月門松号

月刊『Hanada』1月号購入はこちら

【朝日新聞社への回答】

□上念司 拝啓、朝日新聞社様、謹んで訂正致します

【総力大特集 文在寅の「反日種族主義」】

□篠原常一郎 スクープ!反日工作 チュチェ思想洗脳
□櫻井よしこ×西岡力×洪熒 文在寅は第二のヒトラ―だ
□李主成 脱北作家慟哭の独占手記文在寅は脱北者虐殺犯だ
□金基洙 「作られた記憶」を強制される国
□重村智計 前も後ろも出口のない文在寅岩盤支持層以下の支持率へ(朝鮮半島通信)
□室谷克実 反日ガラパゴス国家の反日教育(隣国のかたち)

【総力特集 万年野党へのブーメラン】

□坂井広志 「桜を見る会」をめぐる"集団リンチ" 野党合同ヒアリング
□高橋洋一 逆ギレ森ゆうこの卑劣な手口
□新田哲史 パワハラ森ゆうこの陰に小沢一郎
□有本香 「桜を見る会」騒動は安倍政権の陰謀か?(香論乙駁)

【魂を揺さぶる憂国の大演説】

□百田尚樹 天皇と憲法改正奇跡の国・日本が危ない!

【徹底追及『Blak Box』!巨大ネットワークの正体】

□小川榮太郎 「伊藤詩織」に群がる面々

【大反響!蒟蒻問答】

□堤堯×久保絋之 IOCに手玉に取られた小池百合子

【香港と中国の深層】

□長谷川幸洋×高橋洋一×近藤大介×安達誠司 4人の専門家が大激論!激化する香港暴動中国の本音
□福島香織 誘き出されて逮捕された北大教授研究者と「学問の自由」の危機(現代中国残酷物語)

【首里城焼失と沖縄の「病」】

□篠原章 なぜか沖縄二紙も報じない首里城焼失の「真犯人」

【黙殺された公開質問状】

□河村たかし(名古屋市長)  朝日新聞と中日新聞への公開質問状

【どっか気持ち悪い!】

□桑原総(産経新聞文化部記者)  朝日新聞のスター記者 高橋純子をつまらせろ!

【上智大学の責任を問う】

□藤岡信勝 ローマ教皇への直訴状―映画『主戦場』をめぐって

【編集長インタビュー】

□下山進 新聞はあと5年でさらに1000万部減少する

【シリーズ対談 御社の決まり手、教えて下さい⑪】

□大隅健一(大豊建設社長)×舞の海秀平 日本を地下から支える大豊建設

【シリーズ連載 わが人生に悔いなし】

□瀬戸内みなみ 生島ヒロシたゆたえども沈まず

【告発!】

□加藤伸彦 消費者庁の異常なWILL(株)処分

【グラビア特集】

□奉祝天皇陛下御即位

【大反響連載!】

□青山繁晴 澄哲録片片ぼくらの選択
□佐藤優 猫はなんでも知っている大学で真面目に英語を教育せよ
□長谷川幸洋 未来を読む!ウクライナ疑惑ホワイトハウスの「死闘」
□西村眞 日本人、最期のことば・石川五右衛門
□高田文夫 月刊Takada

□加地伸行 一定不易
□山際澄夫 左折禁止!
□門田隆将 現場をゆく
□九段靖之介 永田町コンフィデンシャル
□田村秀男 常識の経済学
□G・ボクダン 世界の常識を疑え
□蛭゛芸子 電脳三面記事
□河村真木 世界の雑誌から
□堤堯の今月この一冊
□坪内祐三の今月この一冊
□向井透史 早稲田古本劇場
□みうらじゅん シンボルズ
□岡康道 すべてはいつか、笑うため。
□高野ひろし イカの筋肉
□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ エンドロールはまだ早い
□なべやかん ユネスコ非公認・なべやかん遺産
□小林詔司 コバヤシ鍼灸院
□村西とおる 人生相談「人間だもの」
□爆笑問題 日本原論

□編集部から、編集長から

※休載
□D・アトキンソン 二つの島国で
□山岡鉄秀 日本エア野党の会
□平川祐弘一 比較研究者(コンパラティスト)の自伝
□北村稔 中国共産党97年目の真実
□白澤卓二 大切なのは病気にならないこと
□堤堯 ある編集者のオデッセイ

関連する投稿


「2021年1月号」新聞広告大公開!

「2021年1月号」新聞広告大公開!

1月号の新聞広告は、●●なし!伏字ファンの皆さま、申し訳ございません…。「Hanadaも丸くなったのか?」。違います。報道しない自由を大手メディアが行使するなか、弊誌は今月号もタブーなしのストレート勝負です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年1月若水号

月刊『Hanada』2021年1月若水号

「報道しない自由」で国民を情報弱者にする大手メディアに喝!1月号の総力大特集は「日米メディアが報じないトランプVSバイデン全内幕」。米大統領選をめぐり数々の陰謀論が飛び交っているが、日米メディアの多くが「反トランプ」であり、露骨な偏向報道をしているのは事実だ。「米大統領選中も続く中国の侵略」「NHK『軍艦島ドキュメント』偏向の全手口」「ウイグル人強制労働プログラム」「川勝平太静岡県知事の正体」など1月号もあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


「2020年12月号」新聞広告大公開!

「2020年12月号」新聞広告大公開!

12月号の新聞広告は、西日本新聞と山口新聞以外はパーフェクト!●●になったのは、やはり、あの部分……。「差別を助長する」という理由なのでしょうが、気に入らない総理を「ヒトラーだ!」と呼ぶほうが、よほど問題なのではないでしょうか。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

12月号の総力大特集は「日本学術会議と中国共産党」。日本学術会議の任命問題は憲法違反でもなければ、学問の自由の侵害でもない。では、問題の本質はどこにあるのか。「日本学術会議」はもちろん、「菅総理」「尖閣諸島」「米国大統領選」「安倍政権7年8カ月」「慰安婦像」「実子誘拐」「人種問題」「新型コロナ」などあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


「2020年11月号」新聞広告大公開!

「2020年11月号」新聞広告大公開!

11月号の新聞広告は、伏字なし!ですが、日経新聞にわずかな異変あり!「安倍総理」ではなく「安倍前総理」に、との注文が……。結果、どうなったのか?ぜひご覧ください。違いがわかった方は、正真正銘の「違いがわかる男(女)」です。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


「2021年1月号」新聞広告大公開!

「2021年1月号」新聞広告大公開!

1月号の新聞広告は、●●なし!伏字ファンの皆さま、申し訳ございません…。「Hanadaも丸くなったのか?」。違います。報道しない自由を大手メディアが行使するなか、弊誌は今月号もタブーなしのストレート勝負です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年1月若水号

月刊『Hanada』2021年1月若水号

「報道しない自由」で国民を情報弱者にする大手メディアに喝!1月号の総力大特集は「日米メディアが報じないトランプVSバイデン全内幕」。米大統領選をめぐり数々の陰謀論が飛び交っているが、日米メディアの多くが「反トランプ」であり、露骨な偏向報道をしているのは事実だ。「米大統領選中も続く中国の侵略」「NHK『軍艦島ドキュメント』偏向の全手口」「ウイグル人強制労働プログラム」「川勝平太静岡県知事の正体」など1月号もあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器|山崎文明

ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器|山崎文明

日本は脆弱すぎる!世界で多発する中国の情報窃取。事件は既に日本でも起きている!ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器に食い物にされる日本の危うさ。


日本学術会議は即刻、解散せよ!|島田洋一

日本学術会議は即刻、解散せよ!|島田洋一

政府の防衛事業を組織を挙げて妨害する、人事はすべて自分たちで決める、黙って税金からカネを出せといった虫の良い話をいつまで許すのか?政府は6人の任命拒否をこう説明すべきだろう。「この6人には税金を使って提言してもらうほどの見識がなく、また国際交流に関与させると国益を損なう言動をする可能性が高いと判断した」と。


「中華民族」という虚構|石平

「中華民族」という虚構|石平

この地球上に「中華民族」という「民族」はどこにも存在しない。単に、人工的に作り出された一つの虚構の概念である。この本質を見なければ「中国」を見誤る。