性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体 【後編】|小川榮太郎

性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体 【後編】|小川榮太郎

「伊藤詩織」シリーズ第1弾!月刊『Hanada』10月号(完売御礼!)で、大反響を呼んだ小川榮太郎氏の「性被害者を侮辱した『伊藤詩織』の正体」の完全版がついに公開!伊藤詩織氏は本当に性被害者なのか。それとも――。マスコミがまったく報じなかった「事実」の扉が、いま開かれる――。


ところがあろうことか、この17日、伊藤氏は数日入院していたと虚偽のメールを山口氏に出しているのだ。

さらに翌18日、伊藤氏は山口氏に妊娠した可能性が大きいことを訴え始め、以後、執拗な妊娠メールを送り続ける。妊娠の可能性がないことが最終確認された翌日から、妊娠の可能性を訴え始めているのである。

「意識不明の私に避妊もせず行為に及び、それ以降私は妊娠したらどうしようという不安の中にいます。山口さんは私が妊娠した場合のことをお考えですか? 私はこれから一生仕事をしていこうと思っていた中、今は妊娠して働けなくなってしまうという恐怖でいっぱいです」
 
以後、伊藤氏の妊娠メールは頻繁に続く。
 
4月24日「まだ生理が来ていないので不安で仕方ありません。寝ても覚めてもこのことで頭が一杯です」。
 
5月4日「妊娠と仕事の事で大至急お話したいので、連絡の取れる電話番号を教えてください」、同日「妊娠の可能性があるので渡航の時期を伸ばせませんか?」。
 
他方その間、4月30日、高輪署は山口氏に対する刑事告訴状を受理した。
 
告訴状は短いものなので全文を引く。

被告(山口)は伊藤詩織(25)を酒に酔わせて姦淫しようと企て、東京都渋谷区恵比寿の飲食店「鮨の喜一」で同女に飲酒を勧め、同女を酔いのため意識不明の状態に陥れて抗拒不能にさせた上、平成27年4月3日午後11:30から4月4日午前05:30頃までの間、東京都港区のシェラトン都ホテル233号室に連れ込み、意識不明の同女のパンティーなどを脱がし全裸にした上で、同女の体の上に覆いかぶさるなどして同女を姦淫したものである。

この刑事告訴で、伊藤氏は山口氏を「準強姦罪」で訴えている。準強姦罪は「人の心神喪失もしくは抵抗困難な状態に乗じ、またはそのような状態に陥らせて姦淫する犯罪」(「Weblio辞典」より)を指す。当人に意識がないため、最も立件の難しい性犯罪だ。

「乳首はかなり……」エスカレートするメール

なぜこんなことになったのか。
 
伊藤氏によれば、当初から一貫してDRDと強姦と傷害を訴えたとのことだが、もしそれが事実なら、警察がそれらの供述を全く採用しなかったことになる。

すでにみたように、早朝5時50分の監視カメラの映像は、直前に彼女が強姦、傷害の被害を受けたとは考え難い。外傷の主張に該当する医師の診断書もなければ、何らの証拠写真もない。乳首から出血というが、押収されたブラジャーから血液反応が出たとの訴えはなされていない。DRD検査もしていない。
 
要するに物証もなく、診断書もない。そもそも伊藤氏の届け出は当夜から5日後なのに、傷も全て癒えていたのだろうか。警察は、準強姦より遥かに容易なはずの傷害での立件をなぜしていないのか。
 
このあと、伊藤氏から山口氏へのメールはエスカレートしてゆく。

5月6日
「山口さん、今までは必死に自分の記憶と感情を抑えてきました。向き合うと崩壊してしまうからです。ただもう自分自身をコントロールする事が難しくなってきました。あの夜、山口さんに意識がないまま強制的に性行為を行われ、肉体的にも精神的にも傷つけられました。あの後、膣は数日間痛み、乳首はかなり傷つきシャワーを当てられないほどでした。膝の関節もずれ今日までサポーターをつけています。(後略)」

翌日はさらにエスカレートする。

「レイプされた上妊娠の可能性のある女子にこれ以上何を言うつもりでしょうか」
 
この時点で妊娠の可能性がなかったことはすでに明らかだが、レイプのほうは真実だったというのだろうか。

「レイプって何ですか?」ついに、怒り爆発!

 
山口氏もついに怒りを爆発させる。

「レイプって何ですか? 全く納得できませんね。法律的に争うなら、そうしましょう。私は全く構いません。次の面会には弁護士を連れて行きます。(後略)」
 
ちなみにこの頃、伊藤氏は山口氏に膝の負傷についても治療費や入院費が高額になることを訴え、金銭を要求している。

5月9日
「まだ生理が来ていないです。あの夜から恐怖で眠れなくなっています。山口さんの言う、前向きな姿勢の問題解決とは具体的に何ですか?」

5月10日
「答えて下さい、山口さんの言う、前向きな対応って一体何ですか? できることはする、逃げないとまでいいながら、傷ついた私に謝罪の言葉もないのですね」

前向きの解決=示談による金銭要求である。伊藤氏は、メールという記録に残る形で「前向きの解決」と「謝罪の言葉」を山口氏から引き出そうとしている。
 
一方の山口氏は、事が曖昧なままでの謝罪は一切拒否し、伊藤氏を心配する気持ちはあるのだから冷静に対処するよう呼び掛けているが、やむを得なければ法的に争う旨を言明している。
 
6月はじめ山口氏に対する逮捕状が請求されたが、逮捕状の執行に至らなかった。

関連する投稿


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


【橋下徹研究⑥】音喜多議員に告ぐ――無理な擁護は怪我のもと|山口敬之【永田町インサイド WEB第6回】

【橋下徹研究⑥】音喜多議員に告ぐ――無理な擁護は怪我のもと|山口敬之【永田町インサイド WEB第6回】

なぜ、音喜多参議院議員は本来「入札」と訳すべき単語を「提供」と改竄したのか。音喜多氏が上海電力の日本語サイトと中国語サイトの矛盾を知った上で無理な擁護をするために「提供」と意訳したのであれば、音喜多氏は橋下徹氏のみならず上海電力まで擁護したことになる――。


【橋下徹研究⑤】独断で日本を一帯一路に引きずり込んだ橋下徹|山口敬之【永田町インサイド WEB第5回】

【橋下徹研究⑤】独断で日本を一帯一路に引きずり込んだ橋下徹|山口敬之【永田町インサイド WEB第5回】

「中国の電力産業が、西側先進国に作った初めての発電所であり、一番最初に利益を生み出したプロジェクトも大阪です」「我々が黒船ではなく、紅船であることを示しています」と上海電力日本株式会社の刁旭(ちょう・きょく)社長。上海電力を咲洲メガソーラーにステルス参入させた「橋下徹スキーム」が、日本進出を狙う上海電力にとってどれだけ大きな恩恵をもたらしたのか。


【橋下徹研究④】上海電力による日本侵略|山口敬之【永田町インサイド WEB第4回】

【橋下徹研究④】上海電力による日本侵略|山口敬之【永田町インサイド WEB第4回】

上海電力の咲洲メガソーラーは、「まともでない発電現場」である。なぜ「まとも」でないのか。それは、このプロジェクト自体に大阪市民の生命と生活を守る気がないどころか、中国による日本侵略の第一歩だからだ。兵庫県三田市でも行われた「橋下スキーム」の謎に迫る!


【橋下徹研究③】上海電力、深まる謎 橋下徹の説明責任|山口敬之【永田町インサイド WEB第3回】

【橋下徹研究③】上海電力、深まる謎 橋下徹の説明責任|山口敬之【永田町インサイド WEB第3回】

「大阪市の発電事業に上海電力を参入させる」という極めて重要な変更について、当時、大阪市長を務めていた橋下徹氏は市民に一切の説明をしなかった。彼は一体いつの段階で上海電力の参入計画を知ったのか。あるいは、自らが参入を促したのか。調べれば調べるほど謎は深まっていく――。


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!