性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体 【後編】|小川榮太郎

性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体 【後編】|小川榮太郎

「伊藤詩織」シリーズ第1弾!月刊『Hanada』10月号(完売御礼!)で、大反響を呼んだ小川榮太郎氏の「性被害者を侮辱した『伊藤詩織』の正体」の完全版がついに公開!伊藤詩織氏は本当に性被害者なのか。それとも――。マスコミがまったく報じなかった「事実」の扉が、いま開かれる――。


では、伊藤氏のその後の足取りはどうだったか。
 
ホテルから出た当日、4月4日、伊藤氏は自宅近くの産婦人科イーク表参道を受診し、アフターピルの処方を受けている。

これからご紹介するカルテは、全て山口氏側の請求によって開示されたものだ。しかも今年7月8日の公判でカルテを提示された伊藤氏は、自分の証言と食い違うカルテは全て医者の誤記だと主張している。
 
驚嘆すべき言い分だが、私は医師のカルテを事実と見做して以下の記述を続ける。イーク表参道の診療録によれば、伊藤氏は医師に「coitus(性交)AM2~3時頃、コンドームが破れた」と申告をしている(反訴状37ページ)。
 
彼女はこの時、避妊を真剣に考えていたはずであり、産婦人科ではできるだけ正確な性交時間を申告したと考えられる。そしてこの時、伊藤氏が申告した性交渉時間帯の午前2~3時頃は、山口氏が証言している時間帯と完全に一致する。

伊藤氏は、なぜのちに主張する5時という性交時間を、当日の婦人科受診時に偽ったのか。伊藤氏による合理的な説明はない。

また、のちにDRDを盛られたと主張しているにもかかわらず、伊藤氏はこの時、尿検査を求めていない。それどころか、ドラッグ検査は毛髪で数カ月可能なのに、伊藤氏はそれも受けていないのである。

伊藤氏の著書『Black Box』には捜査員の発言として、覚醒剤の常習犯でもなければ頭髪に残らないので検査しても意味がないと言われたとある。
 
捜査員が検査は無意味だと言ったというのはちょっと考え難いが、仮に捜査員にそう言われても、伊藤氏にドラッグを盛られた確信があれば、検査を強く要求するだろう。万に一つでも確かな証拠が挙がれば、事は一気に解決できるのだ。

「君は合格だよって…」態度急変の理由とは?

一方、膝を脱臼し、「あざ、出血している部分があり、胸はシャワーをあてることもできないほど」の暴行を受けたのに、伊藤氏は警察に駆け込んでいない。

強姦の有無を証明することは難しいが、あざ、出血、膝脱臼は一目瞭然であり、傷害罪の逮捕状ならば速やかに執行されたに違いない。のちに「殺されるかと思った」とすら述懐する暴行を受けて、なぜ伊藤氏は警察に訴えなかったのか。

それどころか、あざと出血と脱臼を負わせた凶悪犯であるはずの山口氏に宛てて、伊藤氏は4月6日にメールを出している。

「山口さん、お疲れ様です。無事ワシントンへ戻られましたでしょうか? VISAのことについてどのような対応を検討していただいているのか案を教えていただけると幸いです」

ところが伊藤氏は、『Black Box』によれば4月9日、「強姦の被害」を警察に届け出る。そして、その5日後の伊藤氏から山口氏宛のメールは次のようなものだった。

「お疲れ様です。この前はどうしたらいいのかわからなくて、普通にメールしたりしてしまいましたがやっぱり頭から離れなくて。この前気づいたらホテルにいたし、気づいたらあんなことになっていてショック過ぎて山口さんに罵声を浴びせてしまいましたが、あの時言ってた君は合格だよって、いうのはどういう意味なんでしょうか? 山口さんのこととても信頼していたので…。連絡いただけますか? 忙しいのにすいません」
 
警察に届け出、「ショック」メールを送る。一体、態度急変の理由は何か? 

実はこの間、山口氏から伊藤氏へのメールがない。伊藤氏にすれば、山口氏と性交渉までしたのに何らの連絡がないまま5日、10日と経ってゆく。

邪推すれば、このまま口約束だけでごまかされては堪らないとばかり、いざという時のために警察に届け、山口氏には被害者であることを匂わせつつ「合格だよってどういう意味か」と、仕事を引き出せるか探りを入れたのではないか。

もちろん、山口氏が伊藤氏の証言どおりの凶悪犯罪者ならば、こんなメールを出す余地はない。伊藤氏はすでに警察に被害を届け出ているのだ。暴行、強姦致傷の事実をメールで突き付け、ごまかそうとする山口氏の回答を警察に見せれば、逮捕状発行の充分な根拠になり得たろう。
 
このあと、警察に勧められ、伊藤氏は4月17日にはまつしま病院(婦人科)を受診した。その際、伊藤氏は「最終月経4月9日~」と自己申告している。

緊急避妊ピルの服用後数日で月経様の出血(消退出血)があれば避妊に成功した、と判断される(伊藤氏が処方されたピル「ノルレボ」についての産婦人科医師の所見)。だからこの時、まつしま病院では妊娠検査は行ってさえいない。

また、外傷のないことも確認された。以上も、全て山口氏の反訴状が初めて明らかにした事実である(24ページ)。

偽りの妊娠メール。そして、刑事告訴

外国特派員協会での記者会見

関連する投稿


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


【橋下徹研究⑥】音喜多議員に告ぐ――無理な擁護は怪我のもと|山口敬之【永田町インサイド WEB第6回】

【橋下徹研究⑥】音喜多議員に告ぐ――無理な擁護は怪我のもと|山口敬之【永田町インサイド WEB第6回】

なぜ、音喜多参議院議員は本来「入札」と訳すべき単語を「提供」と改竄したのか。音喜多氏が上海電力の日本語サイトと中国語サイトの矛盾を知った上で無理な擁護をするために「提供」と意訳したのであれば、音喜多氏は橋下徹氏のみならず上海電力まで擁護したことになる――。


【橋下徹研究⑤】独断で日本を一帯一路に引きずり込んだ橋下徹|山口敬之【永田町インサイド WEB第5回】

【橋下徹研究⑤】独断で日本を一帯一路に引きずり込んだ橋下徹|山口敬之【永田町インサイド WEB第5回】

「中国の電力産業が、西側先進国に作った初めての発電所であり、一番最初に利益を生み出したプロジェクトも大阪です」「我々が黒船ではなく、紅船であることを示しています」と上海電力日本株式会社の刁旭(ちょう・きょく)社長。上海電力を咲洲メガソーラーにステルス参入させた「橋下徹スキーム」が、日本進出を狙う上海電力にとってどれだけ大きな恩恵をもたらしたのか。


【橋下徹研究④】上海電力による日本侵略|山口敬之【永田町インサイド WEB第4回】

【橋下徹研究④】上海電力による日本侵略|山口敬之【永田町インサイド WEB第4回】

上海電力の咲洲メガソーラーは、「まともでない発電現場」である。なぜ「まとも」でないのか。それは、このプロジェクト自体に大阪市民の生命と生活を守る気がないどころか、中国による日本侵略の第一歩だからだ。兵庫県三田市でも行われた「橋下スキーム」の謎に迫る!


【橋下徹研究③】上海電力、深まる謎 橋下徹の説明責任|山口敬之【永田町インサイド WEB第3回】

【橋下徹研究③】上海電力、深まる謎 橋下徹の説明責任|山口敬之【永田町インサイド WEB第3回】

「大阪市の発電事業に上海電力を参入させる」という極めて重要な変更について、当時、大阪市長を務めていた橋下徹氏は市民に一切の説明をしなかった。彼は一体いつの段階で上海電力の参入計画を知ったのか。あるいは、自らが参入を促したのか。調べれば調べるほど謎は深まっていく――。


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!