日本と台湾が韓国の生命線 今こそアジア反共自由同盟の結成を|邊熙宰(ピョンヒジェ)

日本と台湾が韓国の生命線 今こそアジア反共自由同盟の結成を|邊熙宰(ピョンヒジェ)

歴史を振り返れば韓国にとって日本と台湾がいかに重要かは一目瞭然だ。いまトランプ大統領は中国を牽制するために日本と台湾を中心とする「反共自由主義ネットワーク」を構想しているが、中国にすり寄る文在寅大統領の韓国はこの構想から完全に除外されている。このままでは韓国は確実に危機に陥る。韓国政府がまずすべきはこれまで日本と台湾に犯してきた外交的非礼を糺すことだ。


奇襲的かつ一方的に台湾との国交断絶を宣言した韓国の非礼

朴槿恵大統領に対する偽りの弾劾の始発点になった親文在寅放送局・JTBCによるタブレットPC報道捏造疑惑を提起したことで筆者は投獄生活を強いられた。その間、獄中で「米国と台湾が急接近している」というニュースを何度も耳にした。

その都度筆者は、文在寅政権が国内政治用に意図的に日本との葛藤を煽る現状では、米国と台湾の蜜月は韓国にとって深刻な脅威になるだろうと思った。なぜならトランプ政権はアジアで中国を牽制するために日本、台湾を中心とする反共自由主義ネットワークを構想しているが、韓国だけがここから離脱しているからだ。

これに関連して筆者は獄中で韓国と台湾に関する書籍を徹底的に読み込んだ。台湾と韓国は、日帝時代に蔣介石政府が李承晩と金九の臨時政府を支援してから外交関係を始めた歴史的経緯がある。また6.25戦争(朝鮮戦争)当時には台湾側から5万人の軍隊を派遣、「参戦して共産勢力と共に戦う」と宣言した。当時、米国の慎重論によって台湾は公式的参戦は行わなかったが、台湾は軍事及び各分野で民間の専門家を派遣するなど経済的支援を惜しまず、北朝鮮と中共勢力を退ける上で大いに助けとなった。

台湾、蒋介石総統(右)と韓国、朴正熙大統領、陸英修夫人

台湾、蒋介石総統(右)とあいさつを交わす韓国の朴正熙大統領、陸英修夫人

6.25休戦以後は蔣介石政府と李承晩政府が主導して韓国、台湾、フィリピン、香港、タイ等が「アジア民族反共連盟」を結成し、共産勢力に共に対抗した。これを担当した韓国の組織が現在まで存続する「自由総連盟」である。

筆者も朴槿恵政権時代、自由総連盟の金景梓(キムギョンジェ)総裁の特別補佐官として非常勤職で活動し、北朝鮮を自由化させるための「自由統一100万先鋒隊企画」を立てたりした。この企画は朴大統領に対する弾劾で中断した。

このように台湾との関係で韓国側は台湾に一方的に支援されてきたといっても過言ではない。にもかかわらず1992年8月24日、韓国政府は奇襲的かつ一方的に台湾との国交断絶を宣言した。

当時、韓国の盧泰愚政府は、たとえ中共と修交しても台湾との関係を継続するとずっと約束してきたが、72時間前に台湾大使館に一方的に撤収せよと命令した。

韓国政府が台湾との関係を断絶する時、最低6ケ月前に知らせなくてはならないという外交的信義を捨て、72時間前に奇襲的に通報した理由は、単に韓国明洞にある中華民国大使館を中国に明け渡すためだった。予め台湾側に知らせれば、台湾が大使館の建物を売ってしまうと憂慮したという。

実際、当時の金樹基駐韓中華民国大使は「韓国政府は東洋で最も重視する先祖の財産を無許可で強奪して中共に渡そうとしている。これは我慢出来ないことだ」と怒りを爆発させた。だが、結局、金樹基大使と台湾国民は「今日、我々が中華民国国旗を降ろすが、この国旗は我々の心の中に再度掲げます」という言葉とともに、中華民国大使館から撤収するほかなかった。盧泰愚政府の台湾に対する外交的非礼は、現在の文在寅政府の日本に対する外交的非礼と似ていた。

関連する投稿


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。


台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

台湾を守らなければ、我が国は守れない!|和田政宗

8月4日、中国は日本の排他的経済水域内を狙って弾道ミサイルを撃った。史上初のことであり、極めて挑発的だ。ステージは変わった! 平和を叫べば平和は守られるという「平和ボケ」を捨て、あらゆる手段をもって国家国民を守らなくてはならない厳しい状況であることを認識すべきだ。


台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

台湾海峡危機への抑止力を高めよ|岩田清文

問題はペロシ訪台だけではない。訪台があるなしに拘わらず、既に台湾海峡危機は、制御できない限界点に向かって時間が経過している。


台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

3月末にバイデン政権が公表した「国家防衛戦略」のファクトシート(概要説明文)は「中国に対する抑止強化」をうたっている。リムパックへ台湾を招かなかったことは、これに沿った措置とは到底思えない。


最新の投稿


昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇 靖國神社への御親拝はなぜ途絶えたのか|和田政宗

昭和天皇が靖國神社に御親拝されなくなったのはA級戦犯とされる方々が合祀されたことにあるとの説があるが、A級戦犯とされる方々が合祀されたのは昭和53年であり、この間の3年間は説明がつかない――。


【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

【読書亡羊】「犠牲者・被害者ポジション」は最強なのか 林志弦著・澤田克己訳『犠牲者意識ナショナリズム』(東洋経済新報社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ! YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

中国のハイブリッド戦に備えよ|太田文雄

ペロシ米下院議長の訪台(8月2~3日)に伴い、台湾を威嚇する中国の軍事演習が実施されたが、中国が同時に行った非軍事面での「攻撃」にも注目すべきだ。サイバー攻撃には、日本政府が基本原則とする「専守防衛」で対応できない。