なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


ワンフェスに行かなければいけない理由は、関西の方々に会えるからだ。ステルス田中雷工房のメンバーさん達は大阪に行くと遊んでくれる人達だ。今回の商品ラインナップも素晴らしかった。
 
初代ウルトラマンに登場する科特隊のスーパーガンとアタッチメント。このアタッチメントが凄く良くて、一つは怪獣バニラの時に使われた原子弾。
 
もう一つはゴモラに使用されたUNG麻酔弾。この二つ本当に素晴らしい。
 
その他ステルス田中雷工房からペンシル爆弾付や怪獣探知弾やスパークエイトも発売されている。どれも欲しいよ~。これらを並べるだけで立派なコレクションになるしね。欲しいモノだらけで本当に脳に悪い。いっその事、記憶喪失になって全てを忘れて楽になりたい。
 
続いて、『モスラ対ゴジラ』(1964)に登場したモスラの卵孵化装置を作った所があるので見に行く。全て3Dスキャンして作ったそうだ。凄く良い。モスゴジと一緒に飾りたい。お見事な物を作っちゃうよね~。

モスラの卵孵化装置お見事!

ぷらぷら歩いているとレインボー造形企画の秘密戦隊ゴレンジャーと黒十字軍仮面怪人シリーズがずらーっと並んでいた。実に見事なソフビの群れ。これらもヤバいソフビだよ。

一つ買ってしまったら最後、全部集めたくなっちゃうもん。種類的に終わりがわかるものってついつい手を出してしまうから危ないよ。資金さえあれば全部欲しい。

秘密戦隊ゴレンジャーと黒十字軍仮面怪人シリーズ。ずらーっと並ぶと壮観だ。

特殊メイク&特殊造形界のスター・百武朋さん原型の幼少期のラオウが飾ってあった。漫画から飛び出して来たような造形力。

先日、工房に遊びに行かせてもらったのだが、過去に造形したモノが色々と飾られており、クオリティの高さに「凄いな~!」と何度も呟いてしまった。このラオウもだけど、やっぱりプロって凄いよ!!

関連する投稿


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


ストレス発散の贈り物|なべやかん遺産

ストレス発散の贈り物|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ストレス発散の贈り物」!


最新の投稿


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。