【読書亡羊】安全保障はSFの世界に近づきつつある  長島純『新・宇宙戦争』(PHP新書)

【読書亡羊】安全保障はSFの世界に近づきつつある  長島純『新・宇宙戦争』(PHP新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


未来予測に必要な「SFプロトタイピング」

未来の戦争の形を考えるヒントの中でも最も重要なのが、「SFプロトタイピング」だろう。SFプロトタイピングとは、フィクションであるSF(空想科学)の思考を用いて、将来必要な技術や、起こりうる未来の予測を立て、試作(プロトタイプ)を作る手法だ。

「未来予測」を立てる際に、SFの発想を使って〈未来を可視化〉し、不測の事態に対応しうる柔軟性を醸成することが重要だとし、長島氏はこのSFプロトタイピングに一章を割いている。

没入感やバックキャスティング(プロトタイプされた未来のある時点から、現在解決すべき課題を考えること)の重要性を説くとともに、多くの人が「『もしそうなった場合、どうするか』というナラティブを共有する」ための一つの方法として、メタバースの有用性にも触れる。

メタバースは一時ブームとなり、投機筋の狩場のようになってしまったことで若干下火になりつつあるが、なるほど確かに「バーチャルに宇宙空間や未来の状況を作り出し、プレイヤーが没入し、我がこととして課題に取り組む」場にはなり得そうだ。

というより、それはオンラインゲームですでに実現されているというべきかもしれない。オンラインゲームについては最終章に収録されている長島氏と、本誌でもおなじみの戦略学の第一人者、奥山真司氏の対談でも触れられている。

奧山氏によれば、ウクライナの戦場から、兵士たちがスマホを通じてオンラインゲームに興じているのだが、これが部隊の連携を高めているというのだ。リアルとバーチャルの融合は、メタバース以前にオンラインゲームで達成されている、と指摘する。

Getty logo

宇宙空間と仮想空間が広がる

念のため整理しておくと、一般的にオンラインゲームとメタバースの違いは「参加者に共通の目的があるかどうか」だという。

だが、現在のオンラインゲームは確かに何らかの課題をクリアする、ゲーム内の物語を先に進めるという目的は用意されてはいるものの、参加者たちはその目的を達成するためだけに参加しているわけではない。

自分のアバター(分身)を作り、他の参加者と会話する、グループを作ってゲーム内の目的地へ移動する、一緒に写真を撮る、イベントを開催して集うなどのコミュニケーションの場にもなっており、この点でメタバースとオンラインゲームは互いに近づきつつある。

となれば、本来は机上で行うウォーゲームをサイバー空間(オンラインゲーム内)で開催し、多くの参加者を募って、例えば台湾有事などの事態を実際に「動かして」みることもできるかもしれない。シミュレーションゲームというジャンルは古くからあるが、これをオンライン・リアルタイムで、大々的に行うことも可能になるだろう。

本書は宇宙という戦闘領域という地球外の空間のみならず、仮想空間においても様々な想像をかきたてるヒントにあふれている。

関連する投稿


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】「台湾認識」のアップデートはお済みですか?  野嶋剛『台湾の本音』(光文社新書)

【読書亡羊】「台湾認識」のアップデートはお済みですか? 野嶋剛『台湾の本音』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする2024年最初の時事書評!


【読書亡羊】「ガチの事態」が起きたからこそやってきた「専門家の時代」  川島真・鈴木絢女・小泉悠編著、池内恵監修『ユーラシアの自画像』(PHP)

【読書亡羊】「ガチの事態」が起きたからこそやってきた「専門家の時代」 川島真・鈴木絢女・小泉悠編著、池内恵監修『ユーラシアの自画像』(PHP)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする2023年最後の時事書評!


【読書亡羊】「SNSを駆使する情報弱者」に日本を滅ぼされないために必要なこと ウィル・ソマー『Qアノンの正体』(河出書房新社)

【読書亡羊】「SNSを駆使する情報弱者」に日本を滅ぼされないために必要なこと ウィル・ソマー『Qアノンの正体』(河出書房新社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】「助平ジジイ」は誉め言葉!? ヨーロッパ王侯貴族のニックネーム  佐藤賢一『王の綽名』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】「助平ジジイ」は誉め言葉!? ヨーロッパ王侯貴族のニックネーム 佐藤賢一『王の綽名』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった