なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


貞子女優・佐伯日菜子さんの演技力

当時のライフマスクコピーを使ったリーガンマスク。最高の「顔」だ!

家でサブスクを観る時、検索で”ホラー“を見てしまう。何か面白そうなホラー映画はないかと物色する日々。ホラー映画なのに”面白そう“というのも変だが、中々恐怖を味わえるホラー映画には出会えない。
 
シリーズものは免疫が出来ちゃうので、前作を大幅に超えてこないと驚きも恐怖も無いまま映画終了になってしまう。先日、サブスクで『スクリーム』シリーズの5と6を観たが、殺人鬼が現れ殺人が起こったり主人公が追われて追い詰められても名探偵コナンを観ているのと同じ感覚だったりする。
 
コナン君も殺人事件が起こるからね。違う部分は、実写とアニメ、血がドバドバ出たり臓物が飛び出したりしない、それくらいかな?(笑)
 
劇場にホラー映画がかかると時間が許す限り観に行こうと思っている。
 
最近だと邦画『リゾートバイト』を観に行った。インターネット上で話題の都市伝説「リゾートバイト」を映画化したものだったので期待が大きかった。
 
大作映画と違いローバジェット映画だったが、なかなか良い作品になっていた。テレビ局が乗っかった超大作よりこういった映画の方が良かったりする。このような映画にもっともっと予算が付く国になって欲しいな~。

『リゾートバイト』でダントツに良かったのは、女優の佐伯日菜子の演技だった。佐伯さんと言えば映画『らせん』で貞子を演じた後にホラー関連のオファーが100本超えしたホラー界のクイーン。
 
別にホラーしかやらないというわけではない。むしろホラーは久々。毎年様々な分野の映画に何本も出演していて、今年も5~6作出演作が公開されているのだから凄い女優さんとしか言いようがない。プロ野球選手だったら出塁率5割越え!大谷選手のような歴史に残る選手って事になる。

映画史に残る“笑顔”

『リゾートバイト』で佐伯さんが演じたのは民宿の女将さん。この女将さんがここで起こる恐怖の原因を知っているキーマンでもあるのだが、主人公に対し意味深な笑みを浮かべるシーンがある。
 
スクリーンに佐伯さんのアップが映し出され、そして意味深な笑顔をする。これを観た時“この映画は勝利した”と感じた。ハイバジェット映画は全てに時間もお金も掛けられるので良いシーンが多いのだが、ローバジェット映画は時間も余裕も無いので、数シーンしかこだわりの映像を創れない。だからこそ、そういったシーンが重要になってくる。
 
こだわりシーンの無い映画は、ただのクソ映画。でも『リゾートバイト』は違う。佐伯さんの笑みは、映画史に残る「顔」だった。あの「顔」を映画のポスターにすればもっと話題になったのに。あの「顔」のTシャツがあれば買うし、ポスターがあれば額に入れて飾るし、スマホの待ち受けにだってしたい。
 
自分が金持ち会社の社長でスポンサーだったなら、5大ドームのスポンサーになって、あの「顔」をバックスクリーンにドカンと貼りたいね。
 
その他、田んぼアートにしたり、札幌雪祭りの雪像にする。映画史に残る“笑顔”を作れるって凄い事だよ!
 

関連する投稿


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


最新の投稿


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!