日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


台湾侵略にクギを刺したバイデン政権

APEC首脳会談(米国・サンフランシスコ)に合わせ、先週、米中首脳会談、日中首脳会談が開かれた。米国、日本とも中国に懸案を解決するよう迫ったが、中国は「ゼロ回答」であった。中国への対処が難しくなってきている現実が今回の首脳会談でより鮮明となった。
今回の会談について、分析していく。

米中首脳会談は、米国時間15日午前11時頃から食事会も含めて約4時間行われた。この会談においてバイデン大統領は、米国と中国が競争関係にあることを強調し、米国は自国の強さの源泉に投資し続け、世界中の同盟国やパートナーと連携するとともに、同盟国やパートナーのために立ち上がると述べた。さらに、中国による台湾海峡及びその周辺での軍事活動の自制を求めた。

これは、トランプ政権によって転換された米国の対中姿勢がバイデン政権の現在においても変化がないことを中国に伝えるとともに、台湾周辺での軍事活動の自制の要求とともに「同盟国やパートナーのために立ち上がる」と述べることで中国の台湾侵略にクギを刺した形である。

そしてバイデン大統領は、自由で開かれたインド太平洋に対する米国の支持、インド太平洋の同盟国を防衛するという米国の意志が全く揺るぎないことを強調した。大統領は、航行と飛行の自由、国際法の順守、東シナ海と南シナ海の平和と安定の維持に強く関与していくとも述べた。

これらは、中国に対して現状変更を許さないという米国の意志を示しており、国際法を無視した中国の行動や、中国により台湾周辺等において航行や飛行の自由が制限されるようなことがあれば、米国が直接行動するということを述べている。航行や飛行の制限は、侵略の前段階で行われるものであり、米国はそのような行動を中国が取れば、その時点で介入すると宣言したのである。

なお、「自由で開かれたインド太平洋」戦略は、安倍晋三元総理が提唱したものであるが、米国がこのように強く意志を示していることを考えれば、日本は提唱国としてもっと強くこの戦略をけん引していかなくてはならない。

習近平主席「中国は最終的に統一される」

Getty logo

一方で、バイデン大統領は台湾について、米国の「一つの中国」政策は変わっておらず、米国はいずれの側からの一方的な現状変更にも反対であり、両岸の相違は平和的手段によって解決されることを期待すると述べた。

これは、台湾危機が迫るなか、台湾侵略を行わないのであれば、現状の両岸関係を追認するということである。そうした観点から、昨年8月に当時のペロシ下院議長の台湾訪問後に中国が一方的に途絶させた米中軍事ホットラインの再開にも合意した。これは米中間に不測の事態が起ころうとした場合に対処できるようにするものであり、台湾海峡の現状維持が重要であるという米国の認識を強調した形だ。

これに対し、中国の習近平国家主席は従来の主張を繰り返した。中国は米国を追い越そうとも取って代わろうとも考えていないと主張する一方、米国も中国を抑圧し封じ込めようとする意図を持ってはならず、相互尊重、平和共存に米中がともに努力していく必要があると述べた。

習近平主席は台湾については、米国の現状維持姿勢の表明を利用する形で、米国は「台湾独立」を支持しないという意思表示を具体的な行動で体現し、台湾の武装化をやめ、中国の平和的統一を支持すべきだ、「中国は最終的に統一される」と表明した。

これら米中首脳間のやり取りからは、台湾侵略の危機が高まるなか、米国がクギを刺したことについて中国は「ゼロ回答」を表明したに過ぎないことがわかる。スパイ等の容疑をかけ拘束している米国人の解放についても全く歩み寄りを見せず、台湾統一への強い意志を改めて示し、米国の軍事的介入を牽制した。

中国には米国であっても、もう何を言っても変化しないという状況まで来ている。

関連する投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


最新の投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉