科学者たちの無責任が川勝知事を支える不思議なカラクリ|小林一哉

科学者たちの無責任が川勝知事を支える不思議なカラクリ|小林一哉

47年前、東京大学の石橋克彦助手(現・神戸大学名誉教授)が発表した「東海地震説」。しかし、その後、なにも起こらなかった。その石橋氏がまた南海トラフ地震を根拠に川勝知事同様、反リニアを掲げている……。


無責任な科学者ばかり

実際には、本当に超過課税が必要ならば、川勝知事は「東海地震」を一度、総括をしなければならない。
筆者がそう考えるのは、石橋氏が著作『リニア新幹線と南海トラフ巨大地震』(集英社新書、2021年6月)を刊行して、今度は、南海トラフ地震を根拠に川勝知事同様に反リニアを主張しているからだ。また同じことの繰り返しだ。

ことし6月にも静岡市を訪れ、リニア建設に反対する団体が主催した講演会で、石橋氏は「リニアの土木構造物が確実に安全とは言えない。時代錯誤のリニアは再考すべき」などと発言した記事が静岡新聞に掲載された。

2021年9月号の雑誌ZAITENのインタビューで、石橋氏は「熱海の土石流災害は、土石流の起点の約5万立方メートルの盛り土が原因ではないか。リニア工事で排出される土砂の量はその1000倍以上、山間部ではそれを谷間に置く場合、土石流を招きかねない。

乗客の命が失われるかもしれないトンネルを掘り、その排出残土が土石流で住民の命を奪うかもしれない。こんな無謀なことをやっているのが『国策民営』のリニア事業だ」などと、こちらもまるで、川勝知事の発言を思わせた。
 
石橋氏がどのような科学者かは承知していないが、リニア問題を取材していると、無責任な科学者ばかりなのには驚かされる。

科学者はそれぞれの知見に基づいて、勝手な意見を述べているに過ぎないことを社会は承知しなければならない。「御用学者」と呼ばれる科学者を行政が都合よく使っている場合が多い。

科学的、工学的と言っても、個人の知見によるものであり、あくまでも主観的な見解である。東海地震説同様に間違っている場合があまりにも多いのだ。
 
当然、石橋氏は現在でも、東海地震説は正しいと主張するかもしれない。

科学を無視したやり口

国立科学博物館で開催している関東大震災100年企画展(筆者撮影)

先日、筆者は、国立科学博物館で開催している『関東大震災100年企画展』(11月26日まで)に足を運んだ。残念ながら、約50年前の東海地震説についてはどこにも記載はなかった。

1905年、当時35歳だった東大の今村明恒助教授が、東京は「50年以内」に大激震に襲われると予測した論文を、雑誌『太陽』9月号に寄稿した。

当時は、石橋氏と違い、学界では全く相手にされなかった。
今村氏の予測から18年後の1923年9月1日に関東大震災が発生した。死者9万9千余人、行方不明者4万3千余人など日本の災害史上最悪の災害となった。
 
今村氏の予測は見事に当たり、今村氏は「地震の神様」のように讃えられ、1923年東大教授、1929年日本地震学会を再設立して、会長に就いた。
 
1944年12月の東南海地震が発生した際、御前崎―掛川の水準測量で地震の前日から御前崎が隆起する動きが見られた。この隆起を見つけるのに尽力したのが、今村氏である。

静岡県の東海地震パンフレットには、プレートが沈み込んでいき、急に隆起することで、水準測量計の観測で地震が予知できることを説明していた。さて、それはどうなったのか?

多分、石橋氏は今村氏の影響を強く受けて、東海地震説を発表したのだろう。50年を経て、ようやく東海地震説は消え去った。

一方、現在でもリニア問題の専門家たちの意見はまるで科学的であるかのように議論され、一般に流布される。
 
熱海土石流災害の盛り土とリニア工事の盛り土を同じにしてしまい、残土の危険性を訴えるやり方は、科学的にはほど遠い。

熱海の盛り土は単純に土を盛っただけだが、本来の盛り土は安全基準を守り、擁壁や排水施設を設けて、十分な地震対策を施している。そんな説明をしなければ、石橋氏や川勝知事の発言をそのまま信じ込んでしまう人が多いのだ。すべてが万事である。

東海地震説はいつの間にか消えたが、静岡県が壊滅的な打撃を受けると信じ込んだまま亡くなった人が多い。さて、リニア問題に関わる無責任な科学者たちもいずれは消え去るが、それまで待てるのか。

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!