バイデン政権の対中宥和外交の危険|島田洋一

バイデン政権の対中宥和外交の危険|島田洋一

バイデン政権発足以来の悪しきパターンであり、気候変動こそが安全保障上最大の脅威という誤った認識(最大の脅威は明らかに中国共産党政権だろう)を掲げる同政権が、一段と対中宥和的方向に動くことが懸念される。


米国のケリー気候変動問題担当大統領特使が7月中旬、中国を訪問し、外交トップの王毅中国共産党政治局員らと会談した。

気候変動対策は他の政治案件とは切り離して進めるべきだと訴えたケリー氏に対し、王氏は、米中関係は全ての問題がリンクしており、特に台湾問題で米側が中国側の意に沿う行動を取らなければ、脱炭素で踏み込んだ合意などあり得ない旨、クギを刺した。

炭素削減で画期的成果を上げたいケリー氏は、帰国後バイデン大統領に、中国が不快感を覚えるような政策を控えるよう進言したはずである。

バイデン政権発足以来の悪しきパターンであり、気候変動こそが安全保障上最大の脅威という誤った認識(最大の脅威は明らかに中国共産党政権だろう)を掲げる同政権が、一段と対中宥和的方向に動くことが懸念される。

閣僚級が相次ぎ北京詣で

ケリー氏に先立ち、イエレン財務長官も訪中した。これも危うい。

昨年、米議会で焦点となった台湾政策法案は、米台の軍事協力深化とともに、中国が台湾圧迫を進めた場合、金融制裁を発動することを抑止力強化の柱としていた。

しかし、投資環境の安定を図りたいウォール街の意を受けた財務省が難色を示し、結局、金融制裁規定は最終段階で全て落とされた。金融制裁を阻止する姿勢において、中国共産党と財務省は事実上のパートナーと言えよう。

この点、ポンペオ前国務長官が興味深い事例を回顧録に記している。2020年5月、香港の自由圧殺を受け、当時のトランプ米政権は香港に与えていたビジネス上の特別優遇措置を撤廃した。

ところが、中国共産党の資金洗浄の中心的担い手だったHSBC銀行(本拠地ロンドン)への金融制裁発動という追加措置には、ウォール街の巨大金融機関群が「米経済を傷つける」と猛反対した。ポンペオ氏は、要するに彼らのボーナスが減るという意味だと揶揄している。しかしウォール街に財務省がくみしたことで、結局制裁案は立ち消えとなる。

イエレン長官の前には、ブリンケン国務長官が北京に飛んでいる。その直前、シンガポールでのアジア安全保障会議(シャングリラ対話)を機に米側が求めた米中国防相会談を中国側が拒否する展開があったにも拘らず、である。空港にブリンケン氏を出迎えたのは、カウンターパートの王氏でもその下の秦剛外相でもなく、更に格下の外務省局長だった。

米閣僚クラスによる一連の北京詣では、擦り寄りと形容されても仕方ないだろう。

中国の対日難癖の背景に米の軟弱さ

7月中旬、中国政府は、科学的に安全が立証されている日本の原子力発電所処理水海洋放出について「汚染水」拡散だと難癖をつけ、日本の海産物を事実上輸入禁止とした。

一般に、米中関係が緊張すると、日米分断の思惑もあって中国は対日微笑外交に出てくる。逆に米中関係が緩むと、日本に強く出てくる。

バイデン政権の軟弱姿勢を前提とすれば、日本は、中国に対する独自の反撃措置を講じない限り、理不尽な攻撃にさらされ続けることになろう。(2023.07.24国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

プーチンは「内部」から崩れるかもしれない|石井英俊

ウクライナ戦争が引き起こす大規模な地殻変動の可能性。報じられない「ロシアの民族問題というマグマ」が一気に吹き出した時、“選挙圧勝”のプーチンはそれを力でねじ伏せることができるだろうか。


ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

ナワリヌイの死、トランプ「謎の投稿」を解読【ほぼトラ通信2】|石井陽子

「ナワリヌイはプーチンによって暗殺された」――誰もが即座に思い、世界中で非難の声があがったが、次期米大統領最有力者のあの男は違った。日本では報じられない米大統領選の深層!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


最新の投稿


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!