立民の惨状ここに極まれり! 度量の狭い「攻撃型リベラル」議員たち|坂井広志

立民の惨状ここに極まれり! 度量の狭い「攻撃型リベラル」議員たち|坂井広志

今に始まったことではないが、特に昨今の立憲民主党の状況は「惨状」と呼ぶにふさわしく、目を覆うばかりである。学級崩壊ならぬ政党崩壊の道を着々と歩んでいるようにしか見えず、その動きは加速すらしている。党内抗争にうつつを抜かし、国益そっちのけで先進7ヵ国首脳会議(G7広島サミット)をこき下ろす――。その姿はあまりにも醜い。


妄言続きの原口一博元総務相

このほか、原口一博元総務相はユーチューブなどを通じてこう語るのであった。

「共産、れいわ(新選組)に足向けて寝ちゃだめですよ。あなた方、当選したの誰のおかげだと。向こうが我慢してくださった。候補者降ろしたでしょ。それなのに当選して1年半で『あんた知らん』とよう言えるわ。そういうのは絶対、政権取ったって信頼されませんから」

すでに信頼されていませんから、と突っ込みたくなるのは筆者だけではあるまい。

原口氏はG7広島サミットについて「よりによって広島で、拡大核抑止ってやったんですよ。そんなの許せます?」と語ったほか、こんな驚くべき発言までしてみせた。

「ロシアとの関係だってずたぼろじゃないですか。なんでNATO(北大西洋条約機構)が日本を守ります? アメリカが変わったら、はしごを外される。はしごを外されるどころか、隣の国からは嫌われまくり、アメリカからは粛清される」

被爆地・広島にウクライナのゼレンスキー大統領を招き、ロシアのウクライナ侵略における核の威嚇、使用は許されないとの認識を「核軍縮に関する広島ビジョン」の中で共有し、力による一方的な現状変更の試みに反対する首脳声明を発表――。外交の力というものをまざまざと見せつけた、実に意義のあるサミットだったのは間違いない。平和を勝ち取るために、核抑止についてもっと議論してもいいくらいだった。

ロシアとの関係を「ずたぼろ」と語るが、重大な国際法違反を犯したロシアに対し、どう対峙しろと言うのか。さらには「隣の国からは嫌われまくり」で結構ではないか。台湾統一をにらむ国に対し媚を売る必要がどこにあろうか。

自由主義陣営の間で結束をしなければならないときに、それに水を差すようなことを日本国の国会議員が、しかも閣僚経験者が言うべきではない。そこに与党も野党もなかろう。

泉氏ももっとしっかりしてもらいたい。衆院予算委員会で「広島の被爆者の思いを具体的行動に移していかないといけない。広島ビジョンは被爆者から失望を受けてしまった。大変残念に思っている」と述べた。

核廃絶への道筋が見えなかったからといって、サミットをこき下ろすのは、あまりにも短絡的であり、核抑止の意義について積極的に語ろうとしない政党に政権を任せるわけにはいかない。これでは国民を守ることはできまい。

変わらない「ルーピー鳩山」

Getty logo

旧民主の流れを汲む立民は、旧民主の時代から本質は変わっていない。ちなみに旧民主を結党し、旧民主政権で初代首相を務めた鳩山由紀夫氏の言説も相変わらずで、自らが理事長を務める東アジア共同体研究所が配信しているユーチューブ番組でこんなことを語っている。

「ゼレンスキーを呼ぶくらいならプーチンを呼んで、両方で対話させて、うまく落としどころを見いだしていけるような方向に導くことをG7としてはやったら格好いいなと思う」

ロシアの軍事侵略という重い事実を前に、喧嘩両成敗的な発想はいただけない。「落としどころ」も何も、解はロシア軍の無条件即時撤退しかない。

祖父の鳩山一郎元首相は昭和31年、旧ソ連と国交を回復した「日ソ共同宣言」に署名している。こうした血筋がロシア寄りの姿勢につながっているのだろうが、今の首相が、鳩山氏でなくてつくづくよかった、と声を大にして言いたい。

関連する投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)