立民の惨状ここに極まれり! 度量の狭い「攻撃型リベラル」議員たち|坂井広志

立民の惨状ここに極まれり! 度量の狭い「攻撃型リベラル」議員たち|坂井広志

今に始まったことではないが、特に昨今の立憲民主党の状況は「惨状」と呼ぶにふさわしく、目を覆うばかりである。学級崩壊ならぬ政党崩壊の道を着々と歩んでいるようにしか見えず、その動きは加速すらしている。党内抗争にうつつを抜かし、国益そっちのけで先進7ヵ国首脳会議(G7広島サミット)をこき下ろす――。その姿はあまりにも醜い。


枝野、福山、蓮舫、辻元、小西、杉尾……

「僕はこの人たちのことを『攻撃型リベラル』と呼んでいるんです」

立民のある若手議員は筆者にこう語った。「この人たち」とは枝野幸男前代表、福山哲郎元幹事長、蓮舫参院議員、辻元清美参院議員らを指す。

衆院憲法審査会について「毎週開催は憲法のことなんか考えないサルがやることだ」と発言した小西洋之参院議員や、小西氏は憲法審で謝罪する必要はないとの認識を示した杉尾秀哉参院議員も入れていいだろう。

立民は「多様性」「人権」などといった言葉が大好きである。それにもかかわらず、広い心をもって相手を受け入れることなく、都合が悪いと攻撃するという度量の狭い議員が少なくない。「攻撃型リベラル」議員の典型である。

最近の蓮舫氏はいかんなくその「攻撃力」を発揮している。

泉健太代表は党両院議員懇談会で、次期衆院選での獲得議席が150を下回れば、代表を辞任する考えを示し、その後、ツイッターで「できなかったら辞任という発想ではなく、立憲民主党の議席を伸ばすという決意と覚悟を示しました」とトーンダウンさせた。すると、蓮舫氏はすかさず「その場に伝わったとは思えないですが、こういう弁明はどうなのか」とリツイートしてみせたのである。

これに対し泉氏は「なぜ同じ党の仲間であり、幹部経験者でもあるのに、こんな投稿をツイッターでされるのですか?やめませんか」と、直接言えばいいものを、ツイッターを通じて苦言を呈した。このツイートはその後、削除されたが、泉氏と党内非主流派が一触即発の状態にあるのは事実である。

泉氏は結局、その後の記者会見で、150議席未満なら辞任すると明言しており、ぶれまくりである。

立民はすでに共産に「侵食」されている

蓮舫氏は仮にも旧民進党時代に代表を務めた身だ。代表という職責の重さを身をもって体験している。その代表経験者が、今の代表を支えるのではなく、足を引っ張るというのは、あまりにも度量が狭いと言わざるを得ない。蓮舫氏が代表辞任を表明した平成29年7月、記者会見で「私自身をもう一度見つめ直さなければいけないと思いました。なぜ遠心力を生んでしまったのか」と語っている。

今の泉氏にも遠心力が働いている。SNSで嫌みを言うのではなく、直接会って感情的にならずに、適切な助言をするのが、代表経験者がとるべき所作であろう。自分を見つめ直した結果がこれでは、何とも情けない。

蓮舫氏が参院国土交通委員長として開いた記者会見での態度も、あまりの上から目線にあきれてしまった。

筆者の同僚記者が泉氏のツイートについて質問しようと「別件でもよろしいですか」と事前に断ったところ、蓮舫氏は「はい、どうぞ」と応じた。そして、同僚記者が「泉代表がツイートをされて」と語ったところで、「どなた?」「別件すぎる」と言って、質問を最後まで聞かず、答えなかったのだ。別件に「すぎる」も「すぎない」もなかろう。

話を元に戻すと、泉氏には指導力が決定的に欠けている。次期衆院選での共産党との選挙協力を否定し、「独自の道をしっかり訴える」と訴えたまではいいものの、党内からは不満が噴出した。それはそうだろう。立民は枝野代表のもとで戦った前回衆院選で、「立憲共産党」と揶揄されたが、それでも、共産票に助けられた議員は少なくない。この政党はすでに共産に「侵食」されているといっていいだろう。

石垣のりこ参院議員は「立憲共産路線て、なにが悪いんですかね? 人権と議会制民主主義を守ろうとする陣営が、協力し合うのは当然じゃないですか?」とツイッターに堂々と書き込んだ。ご自由にどうぞ、としか言いようがないが、日米安全保障条約の廃棄を訴える政党と手を組んで、政権は取れまい。

関連する投稿


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


最新の投稿


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


【今週のサンモニ】「報道の自由度」ランキングを使ってミスリード|藤原かずえ

【今週のサンモニ】「報道の自由度」ランキングを使ってミスリード|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。