川勝知事の“錯乱”ぶりがヤバすぎる!|小林一哉

川勝知事の“錯乱”ぶりがヤバすぎる!|小林一哉

2022年8月に『知事失格』が出版され、「命の水」の嘘が明らかになってから、川勝平太静岡県知事のリニア妨害はなりふり構わなくなってきている。 地元記者が、そのヤバすぎる錯乱ぶりを徹底レポート!


JR東海は川勝知事を訴えろ!

しかし、これは全くの嘘です。公開されているJR東海の財務諸表を調べてみると、長期債務残高は「4・94兆円」。そのうち、「3兆円」は元本返済30年猶予、超低金利の財政投融資の債務で、コロナ禍にもかかわらず、かなりの健全経営です。
 
川勝知事は意見書を送る前から、

「6兆円になる債務、長期債務残高ではやっていけない。ところが、(現在)6兆円になっています」
「借金が6兆円ありますからね。長期債務残高が。そういうなかでどうやっていくのか」
 
と、「JR東海の長期債務残高は六兆円」を連発していました。

意見書を作成していた事務方は川勝発言を鵜みにしたのでしょう。実際、担当部署に「『5兆円以内』を優に超えている」の内訳を教えてほしいと何度も問い合わせましたが、誰ひとり答えられなかった。
 
川勝知事は、早稲田の大学院で経済学を専攻した経済学者のはずですが、「62万人の命の水」といい、「JR東海の長期債務残高は6兆円」といい、数字の間違いが多い。本当に経済学者かと疑いたくなります。
 
私が間違いを指摘して、意見書は修正されましたが(岸田総理の事務所にも“こっそり”修正版が届けられました)、それにしても今回のはひどい。県知事が一企業を名指しして、「経営の危機に瀕している」とマスコミで語り、県のウェブサイトにも掲載したのです。
 
JR東海を本当に経営の危機に陥れる重大な過ちにもかかわらず、川勝知事は現時点で、今回の“風評加害”について謝罪していません。
 
JR東海は、リニア妨害のことも含めて、業務妨害で川勝知事を訴えたらどうか。
 
私が危惧しているのは、川勝知事のリニア妨害によって、政府と静岡県の関係が悪化、静岡県が“制裁”を受けることです。
 
今年のG7サミットは開催国が日本で、1年を通して関係閣僚会合が全国で行われます。閣僚会合が開かれると、地元は盛り上がりますし、さまざまな経済的メリットがある。
 
静岡は東京からのアクセスもいいし、富士山もよく見えますから、会合するのには絶好の場所。選ばれてもよさそうなものなのに、今回、選ばれませんでした。私には、リニア妨害を続ける川勝知事に対する「制裁」のように見えます。
 
もし制裁だったとすると、川勝知事のリニア妨害によって、静岡県民全体が割を食っていることになる。今後、そういった「目に見えぬ制裁」が増えてくるかもしれません。
 
川勝知事は静岡放送「LIVEしずおか」の2023年1月6日放送の新春知事対談に出演し、JR東海の社長が県庁へ来た際のことをこう言いました。
「静岡県を悪者にするという最後の花道をつくるつもりかと思った。2027年の開業を邪魔しているのは、すべて静岡県だと」
 
JR東海をスケープゴートにしようとしたのかもしれませんが、静岡県を悪者にしているのは、紛れもない川勝知事自身です。
 
リニアは、一企業の事業ではなく、国家プロジェクト。『知事失格』のなかでも書きましたが、南海トラフ地震、首都直下型地震が来たら、現在の東海道新幹線はひとたまりもありません。その時に首都圏、関西圏を結ぶ基幹インフラとして、中央新幹線が重大な役割を担います。一知事が妨害していい話ではないのです。
 
川勝知事は口がうまく、多くの静岡県民、いや国民をミスリードしています。
 
一人でも多くの人に『知事失格』を読んでいただき、「川勝劇場」終幕の「花道」をつくりましょう。

(初出:月刊『Hanada』2023年4月号)

小林一哉(こばやし・かずや)

https://hanada-plus.jp/articles/886

「静岡経済新聞」編集長。1954年静岡県生まれ。1978年早稲田大学政治経済学部卒業後、静岡新聞社入社。政治部、文化部記者などを経て、2008年退社。現在、久能山東照宮博物館副館長、雑誌『静岡人』編集長。著作に『静岡県で大往生しよう』(静岡新聞社)、『家康、真骨頂、狸おやじのすすめ』(平凡社)などがある。

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)