川勝知事の“錯乱”ぶりがヤバすぎる!|小林一哉

川勝知事の“錯乱”ぶりがヤバすぎる!|小林一哉

2022年8月に『知事失格』が出版され、「命の水」の嘘が明らかになってから、川勝平太静岡県知事のリニア妨害はなりふり構わなくなってきている。 地元記者が、そのヤバすぎる錯乱ぶりを徹底レポート!


「命の水」という真っ赤な嘘

2022年8月、私はリニア工事を妨害している川勝平太静岡県知事を批判した『知事失格』(小社刊)を上梓しました。
 
川勝知事は、リニア工事によって「静岡県民62万人の命の水が失われる」と主張。静岡県民の多くが、その「命の水」説を信じています。
 
しかし、私が関係各所を徹底取材したところ、川勝知事の「命の水」が真っ赤な嘘であることがわかりました。
 
詳しくは本をお読みいただきたいのですが、簡単に言えば、川勝知事が水不足に陥ると煽っている大井川広域水道を利用しているのは26万人に過ぎず、その26万人も過去、水不足に悩んだことはなかった。

もし万が一、本当にJR東海のリニアトンネル工事の影響があったとしても、下流域には地下水源が豊富にあり、流域の住民たちが水不足に困る心配はないのです。私はそのことを実証的に書きました。
 
つまり、川勝知事がリニア妨害の「錦の御旗」にしている根拠は崩れ去ったわけです。
 
本が出ると、全国の読者やメディア関係者から、「リニア問題の全体像がわかった」と反響をいただきました。さっそく、川勝知事の記者会見で追及してくれた記者もいます。
 
影響は、静岡県議会にも及んでいます。本を読んだ桜井勝郎県議(無所属、島田市・大井川町選出)、野崎正蔵県議(自民党、磐田市選出)が2022年12月の県議会で、川勝知事の「命の水」のについて追及してくれたのです。
 
桜井県議は、こう追及しました。

「川勝知事が言う“命の水”は十分に足りている。農業用水、工業用水にもしわ寄せがいかない。何の影響もないどころか、使われない水はそのまま大井川に流され、海に捨てられてしまう。その量は、年間に直せば約2838万トンにも上っている。一滴たりとも県外に渡さないという“命の水”が、実際は捨てられている。これについて、知事はどのような所見を持つのか」
 
川勝知事は、「JR東海が県外流出量を算出した係数の値がひと桁違えば、流出する量は大幅に増える」などとごまかすのが精一杯でした。

沿線知事の足を引っ張る川勝知事

『知事失格』が刊行されてからメディアによる追及も激しくなり、川勝氏のリニア妨害は、なりふり構わなくなってきています。
 
2022年7月、川勝知事がかねてより希望していた「建設促進期成同盟会」への加入が認められました。
 
期成同盟会はその名のとおり、沿線の都府県が連携し、リニアの建設を「促進」するための団体です。
 
8月9日に行われたオンライン総会で、川勝知事はこう表明しました。

「リニアについて、県の基本姿勢は整備の促進。現行ルートの整備を前提に、スピード感をもって県内の課題解決に取り組む」
 
沿線知事らも、「これで早期全線開業を目指す態勢が整った」と期待をにじませました。が、その期待は見事に裏切られます。
 
オンライン総会の前日に行われた川勝知事による田代ダム視察では、さらに大幅な時間を要する新たな課題をJR東海に突き付けていたことがわかったのです。

「工事中を含めて県外流出する湧水の全量戻しが必要であり、その約束が果たされなければ、南アルプス工事を認めることはできない」
 
この発言をした翌日の「スピード感をもって県内の課題解決に取り組む」という言葉は、いったい何だったのでしょうか。のちにこの報道を知った沿線知事たちは、面食らったに違いありません。
 
期成同盟会に入った川勝知事は、期成同盟会の沿線知事たちの足を引っ張り出します。
 
2022年9月、川勝知事は神奈川県駅などの建設現場を視察、こう怒りをぶちまけました。

「(整備予定地の)道の両側に数多くの人家があり、地域住民が普通の生活をしていたことから、(関東車両基地)用地取得が滞っている」

「2027年開業が、静岡県の工事拒否によってできないとJR東海が広報しているが、神奈川県の現状を見れば、静岡県がリニア開業を遅らせているというのはJR東海がつくった風評だ」

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)