共和党主導で米の対中強硬姿勢強化か|島田洋一

共和党主導で米の対中強硬姿勢強化か|島田洋一

日本は米国政治全体の動きを冷静に見据え、ふらふら引きずられて梯子はしごを外されないよう主体的に考え、行動しなければならない。


米中間選挙の結果、下院で共和党が多数となり、来年1月以降、議長および全委員長ポストを確保して、議事運営の主導権を握る方向となった。

下院外交委員長に就任予定のマイケル・マッコール議員(現外交委員会共和党筆頭理事)は米議会きっての対中強硬派として知られる。

下院外交委員長にタカ派

台湾の防衛力および国際的地位の強化を目指す台湾政策法案が9月14日に上院外交委を17対5の圧倒的多数で通過したが、下院の動きは鈍かった。下院の議事運営は、台湾訪問で世界の耳目を集めたものの、バイデン大統領同様、デタント志向のペロシ議長が取り仕切ってきた。

業を煮やしたマッコール議員は共和党の同僚議員36人と共に9月28日、独自の台湾政策法案を下院外交委に提出した。基本は上院の超党派法案に合わせつつも、台湾「当局」という「時代遅れ」の呼び方をやめ、台湾「政府」と呼ぶことを求める等、より踏み込んだ内容となっている。

今後、台湾問題を含む対中国政策に関しては、下院外交委がより強硬な方向への先導役を担うのではないか。日本政府や国会はその動きを注視しつつ、素早く対応していかねばならない。

今年10月、米政府は、人工知能(AI)、スーパーコンピューター分野に特に焦点を当て、先端半導体とその製造装置の対中輸出規制徹底を打ち出した。

かねて商務省が輸出規制ルールの対中適用において「臆病」だと批判してきたマッコール議員は次のように述べている。

「遅きに失したが、正しい方向での第一歩だ。商務省の産業安全保障局(BIS)がこの方針を最も厳格な基準で施行し執行するなら、中国共産党の戦略目標の核心を叩くことになる。我々は法に基づき、BISがいかに許可を出し、出さなかったか、完全に透明性ある報告を求める。執行基準が緩ければ、宣言倒れに終わる」

共和党主導の下院がどこまで厳しく、バイデン政権の商務省の政策執行を監視し追及するか、ここも重要な意味を持ってくる。

脱炭素原理主義にブレーキも

一方、気候変動問題に関し共和党は、化石燃料を敵視する脱炭素原理主義を退け、エネルギー自立の達成と米企業の国際競争力維持を重視しつつ、テクノロジー開発を通じた無理のない二酸化炭素(CO2)削減を追求する立場である。

実際、トランプ政権の時代には、米国は世界最大の石油・天然ガス産出国となり、エネルギー自立をほぼ達成する一方、CO2排出量の削減においても絶対量で世界1位の実績を上げている(国際エネルギー機関=IEA=報告)。

気候変動対策を名目に、民主党主導で進められてきた太陽光・風力発電関連事業者への補助金バラマキや、石油・天然ガス事業者の活動を妨げ、投資意欲を削ぐ種々の規制や増税措置にはブレーキがかかり、今後更新されないものが少なからず出てくるだろう。

バイデン政権は脱炭素原理主義を高唱し続けるだろうが、日本は米国政治全体の動きを冷静に見据え、ふらふら引きずられて梯子はしごを外されないよう主体的に考え、行動しなければならない。(2022.11.21国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


最新の投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。