「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

日本はロシアの侵略戦争、中国の台湾恫喝、北朝鮮のミサイル乱射のトリプル危機の最前線にある。ところが国会の選良たちは、国内スキャンダルの泥仕合に明け暮れて、国家や国民を守る気概もない。


安倍晋三元首相が指摘したように「台湾有事は日本有事」に直結し、岸田文雄首相が述べたように「今日のウクライナは明日の東アジア」になり得る。日本はロシアの侵略戦争、中国の台湾恫喝、北朝鮮のミサイル乱射のトリプル危機の最前線にある。日本は総力を上げて戦争を抑止しなければならない緊急事態を迎えている。ところが国会の選良たちは、国内スキャンダルの泥仕合に明け暮れて、国家や国民を守る気概もない。

早まる?台湾侵攻の時期

わが列島の周囲を見渡せば、地政学上の過酷な環境に置かれていることが分かる。ロシアに侵略されたウクライナは、米欧の結束と支援がなければ、とっくに政権が崩壊していたはずだ。もしもロシアがこの戦争に勝てば、中国の習近平国家主席の台湾侵略のお膳立てをすることになる。戦争の局面が変化したのは、米欧からウクライナに供与された高性能兵器によるところが大きい。プーチン体制の終わりがささやかれ、クーデターがあり得るという説さえ飛び交う。その過程でどんな不測の事態が起きるのか予測できず、日本も北の守りを固めなければならない。

他方、習政権は「制限なし」の友情で結ばれた同じ独裁国家のロシアを失えば、米軍を「欧州正面」に引き付けられなくなり、「アジア正面」で米中新冷戦を単独で戦わなければならない。習政権にとって、ロシアが「米国支配の世界秩序」を変えるための重要なパートナーであることに変わりはない。習氏は先週の第20回中国共産党大会の政治報告で、台湾問題では「決して武力の行使を放棄しない」と述べて、前回大会では触れなかった武力行使に言及した。

台湾侵攻の時期をめぐっては、米インド太平洋軍のデービッドソン前司令官が、2027年までにその脅威が顕在化する可能性を示していた。しかし、ブリンケン米国務長官は最近、「中国はずっと早い時期の統一を追求する決断をした」と、時期が早まる可能性に言及した。続いて、ギルデイ海軍作戦部長も、「2022年あるいは23年の(侵攻)可能性を考慮しなければならない。私はそれを排除できない」と警戒感を示している。

あきれた国会審議

ところが、日本の国会はそうした危機感を国民と共有していない。それは、衆参両院の予算委員会で先週4日間行われた質疑を見れば明らかだろう。読売新聞の集計によると、計28時間の質疑のうち、最も多くの時間が割かれたのは旧統一教会をめぐる問題で、7時間20分だった。次いで物価高など経済対策が6時間30分、そして外交・安全保障はわずか2時間20分というありさまだ。

予算委質疑では、自民党の萩生田光一政調会長が、日本へのミサイル発射を抑止する「反撃能力」の保有への決意を求めたぐらいで、野党を巻き込んだ危機対処の議論が起こらない。大局を見ることができないのは、周りを敵兵に囲まれながら、塹壕の中で賭け事に禁じ手を使ったかどうかでもめている兵士のようではないか。(2022.10.24国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。