防衛費「対GDP比2%」は世界標準であり最低ライン!|和田政宗 

防衛費「対GDP比2%」は世界標準であり最低ライン!|和田政宗 

約5.6兆円という過去最大の要求額となったが、これから予算額を追加で決めていく「事項要求」で、どれだけ上積みできるかがカギとなる。「対GDP比2%」にこだわるのではなく、必要ならば、2%を越えて我が国を守るための十分な予算を確保すべきだ。(サムネイルは防衛省HPより)


強い抑止力となる「長射程ミサイル」

本日、防衛省の来年度予算の概算要求が示された。要求額は、過去最大の5兆5947億円となったが、これから予算額を追加で決めていく「事項要求」で、どれだけ上積みできるかがカギとなる。

台湾危機やロシアの活動が活発化するなか、防衛費を世界標準である対GDP比2%まで引き上げることが重要であり、さらに必要ならば、2%を越えて我が国を守るための十分な予算を確保すべきである。

国家は国土と国民を守るためにあり、いざという時に「必要な装備も能力もないので、国民を守れません」では、国土は侵略され、国民の命が失われる。来年度予算は、我が国がいかなる危機にも対応できるようにするための第一歩であると考える。

政府は今年の「骨太の方針」に、5年以内に防衛力を抜本的に強化することを明記し、来年度予算の概算要求もこの考えに沿ったものとなっている。

なかでも、長射程スタンド・オフ・ミサイル(いわゆる長距離巡航ミサイル)の配備に向けた動きが本格化することは、我が国にとって大きなことである。というのも、長射程スタンド・オフ・ミサイルは、中国など我が国領土を侵略しようとする国に対し、強い抑止力となるからだ。

私はこうしたミサイルの配備を、国会議員になった9年前からずっと提唱してきた。

巡航ミサイルは、低空を飛行し、飛行経路を変更できるため、探知・迎撃がされにくい。そして、日本は誘導精度の高いミサイルを開発する能力を持っており、敵地や敵艦にほぼ100%命中するとなれば、我が国を侵略しようとする国にとっては、確実に反撃され破壊されるので、侵略を思いとどまる可能性が高くなる。

2027年までに台湾侵略を行う危険性

Getty logo

来年度から、長射程スタンド・オフ・ミサイルのうち、地対艦型について量産が始まる。当初の計画では、配備できるのは令和8(2026)年頃とされていたが、早めることができる可能性が高くなった。台湾危機が迫るなか、非常に大きい。

また、8月21日に読売新聞が、「政府が長射程ミサイル1000発の保有を検討」と報道した。政府は具体的な保有数については言及していないが、私は報道にあるように1000発を超える保有が抑止力のためにも必要であると考える。

中国が台湾を侵略する際は、中国が「台湾の一部」と勝手に主張する、我が国の尖閣諸島に同時に侵略する可能性が極めて高い。我が国に接近する艦船を領域内に侵入させない能力を長射程ミサイルによって高め、敵地に反撃する能力を獲得し、侵略を思いとどまらせる確実な能力を最終的に保持することが、我が国の平和を守ることにつながる。

そして、相手を抑止するためには、ミサイルと併せ、洋上における展開能力が必要であると考える。尖閣をはじめ我が国の南西諸島へ侵略しようとしても確実に撃退されると分からせることが重要だ。この地域での展開能力向上のため、F-35B戦闘機が離着陸できる「いずも型護衛艦」の改修が進められており、来年度もF-35Bを新たに6機取得する予算が計上された。

台湾統一を掲げる中国の習近平国家主席が3期目の任期を終えようとする2027年までに台湾侵略を行う危険性は極めて高く、台湾有事=日本有事に対応する装備や能力は予算を前倒して獲得し、早急に整備しなくてはならない。

関連する投稿


追い込まれた岸田政権、いまこそ大胆な政策を!|和田政宗

追い込まれた岸田政権、いまこそ大胆な政策を!|和田政宗

第2次岸田再改造内閣が昨日発足した。党役員人事と併せ、政権の骨格は維持。11人が初入閣し、女性閣僚は5人と過去最多タイとなった。岸田政権の支持率向上を狙うが、早速、「この内閣は何をする内閣なのか?」という疑問の声が私のもとに寄せられている――。(サムネイルは首相官邸HPより)


インボイス反対派を完全論破!|デービッド・アトキンソン

インボイス反対派を完全論破!|デービッド・アトキンソン

10月から開始されるインボイス制度。反対論が喧しいが、なぜ、子供からお年寄りまで払っている消費税を、売上1000万円以下の事業者というだけで、免除されるのか。 まったく道理が通らない!


私が見た「埼玉クルド問題」 不法滞在を目論むクルド人は速やかに帰国を!|和田政宗

私が見た「埼玉クルド問題」 不法滞在を目論むクルド人は速やかに帰国を!|和田政宗

マフィア化が始まっているとも言える「埼玉クルド問題」の本質とは何か。帰国したいのに帰国できない人物と、不法滞在を目論み「政治的迫害を受けた」と自ら主張し難民申請をする人たちは全く違う。しかし、この違いを混同させようとSNSで発信している人物がいる――。(サムネイルはYouTube「産経ニュース」より)


中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

国内金融規模をドル換算すると、2022年に38兆ドルの中国は米国の21兆ドルを圧倒する。そんな「金融超大国」の波乱は米国をはじめ世界に及ぶ。


親日国パラオに伸びる中国の〝魔の手〟|和田政宗

親日国パラオに伸びる中国の〝魔の手〟|和田政宗

パラオは現在、中国による危機にさらされている。EEZ(排他的経済水域内)に海洋調査船などの中国公船が相次いで侵入しており、まさに日本の尖閣諸島周辺に近い状況となっている――。(サムネイルは筆者撮影)


最新の投稿


副知事は退職金辞退なのに川勝知事は……自民県議団は5000万円返納を求めよ!|小林一哉

副知事は退職金辞退なのに川勝知事は……自民県議団は5000万円返納を求めよ!|小林一哉

不信任案決議にまでつながったボーナス未返納問題。しかし、まだ川勝知事には残されたカネの疑惑が……。


【反論】「インボイス反対派を完全論破する」を読んで|笹井恵里子

【反論】「インボイス反対派を完全論破する」を読んで|笹井恵里子

『Hanada』2023年9月号に「産業を破壊するインボイス制度」を寄稿したジャーナリストの笹井恵里子氏。それに対し、10月号ではデービッド・アトキンソン氏が「インボイス反対派を完全論破!」と題し反論をしましたが、今回はさらに笹井氏がアトキンソン氏に再反論!


「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

日本共産党の度重なる風評加害の源泉は志位委員長による公式発言にあった!共産党が組織的に福島を貶め続ける理由は何か?『日本共産党 暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ共産党」第8弾!


【今週のサンモニ】さすが「反日番組」!メディアの責任を日本国民にシレッと転嫁|藤原かずえ

【今週のサンモニ】さすが「反日番組」!メディアの責任を日本国民にシレッと転嫁|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週も自分たちについては無視してジャニーズ性加害問題を報じております。


追い込まれた岸田政権、いまこそ大胆な政策を!|和田政宗

追い込まれた岸田政権、いまこそ大胆な政策を!|和田政宗

第2次岸田再改造内閣が昨日発足した。党役員人事と併せ、政権の骨格は維持。11人が初入閣し、女性閣僚は5人と過去最多タイとなった。岸田政権の支持率向上を狙うが、早速、「この内閣は何をする内閣なのか?」という疑問の声が私のもとに寄せられている――。(サムネイルは首相官邸HPより)